サロンdeジョブ

ネイリストの検定って重要??そもそも検定ってナニ?

ネイルの検定があるのをみなさんご存じですか?

 

昨今、通信教育のカリキュラムにでもよく目にするようになってきましたし

厚生労働省・ハローワークの委託事業「職業訓練校」でもネイリスト養成科(名称は異なる場合あり)がある為、きちんとしたネイル技術を学ぶことが容易になってきたかと思います。

 

女性の方は特に、小学生・中学生の時に夏休み、冬休みの日にマニュキアを付ける。

そんな思い出ありますよね!

 

ネイルスクールに通う方はまだまだ女性が主流となっていますが、もちろん男性でも学ぶことはできますよ!(男性ネイリストさんなんて素敵!!)

 

 

そもそも、ネイリストになるためにはネイルの検定が必要なのか。

答えは「ノー」です。

 

美容師免許のように国家資格ではないため、検定を持っていなくてもネイリストになることはできますし、検定を持っていないネイリストさんはたくさんいます。

 

 

ではまず、どんなネイル検定があるのかみてみましょう!!

 

ネイル検定って何種類ぐらいあるの?

実は、ネイルの検定は何種類です!!!と断言ができないのが現状です。

 

国家資格ではなく民間資格の為、日本だけでなく海外向けの検定など種類がありすぎるのです!

 

ただし、主流になっている検定がありますのでその検定だけは押さえておく必要があります。

 

それは・・・

NPO法人 日本ネイリスト協会「通称:JNA」と、NPO法人 インターナショナルネイルアソシエーション「通称:INA」と呼ばれる2協会が出している資格(検定)がよく知られており、

ネイリスト求人でもよく目にします。

 

JNAの資格(検定)は下記の通り

「JNAネイル技能検定試験」3級、2級、1級、認定講師、本部認定講師、常任本部認定講師

「JNAジェルネイル技能検定試験」初級・中級・上級

 

INAの資格(試験)は下記の通り

「INAネイルスペシャリスト技能検定試験」A級、SA級、PA/AA/AAA級

「INAジェルネイル技能検定試験」3級、2級、1級

 

ただ、採用の際にJNAの資格(検定)を基準にしているサロンが多いので、ネイリストさんの多くはこの検定を持っていて、美容専門学校で勉強する内容もほとんどJNAの検定対策となっています!

 

自分が勉強したいと思う検定をとることも大事かと思いますが、

ネイリストになるという夢をお持ちの方は、ネイリスト求人を見て何をとるべきか考える必要があるかもしれませんね!

中には検定は気にしないよ!なんてサロンもありますので、何度も言いますが「絶対必要」というわけではありません。

じゃあ、検定を受ける意味ってなに?

先ほどからお伝えしている通り、ネイリストになるために検定・資格は必ずしも必要ではありません。

検定を受けずに資格を持っていなくても、ネイリストの職業に就くことができます。

 

では、何のために取るのか?

 

「求人票の応募資格となっていることが多いから」

ネイリストデビューをされる方はスクールに通って資格を取り、ネイリストの道へと進んでいく方も多いのは確かです。ネイリストとして仕事を探している方とお話しをすると、「検定がとれたから」ということをきっかけに就職活動をスタートされる方が多くいらっしゃいます。

 

では、ネイリストとしてすでに働いているのに、検定を受け続ける理由とは・・・???

 

ネイリストとして必ずしも必要ではないネイル検定を受けられる方がいるというのは、なんとも不思議ですよね。お金も時間も要してまでなぜとるのか・・・

 

それは、「お客様の集客」に大きく関わっているんです。

雑誌やクーポンサイトなどに「1級保持者多数在籍」などの文言を見かけることがありますが、

お客様に「確かな技術を持ったネイリストがいる」ということをアピールしているんですね!!

なるほど~。

 

では、ネイルサロンに通っているお客様で、果たしてネイル検定を知っている方はどの程度いらっしゃるのでしょうか?

 

ネイルサロンに通っているお客様の中で、どれぐらいの方がネイル検定を知っているのでしょうか?

知らない方がほとんどではないかと思います。

 

知らないのに、検定1級を持っていると聞くと安心する日本人って、検定大国なのか・・・??

確かに、柔道でも剣道でも習字でも、講師の方が検定を持っていると聞くと、「安心!!」と思ってしまいますよね!

 

ただ、これだけは勘違いしないでください。

お客様を集客する理由だけではなく、自身の技術を高めるために取得される方はもちろんたくさんいらっしゃいます。ネイリストという仕事は、「大工」の仕事と一緒で、「技術職」!!!

常に自分の技術を高め、新しい技術を追求していくことがネイリストとしての定めなのかもしれません。

 

以上の話しを踏まえると、現在のネイル業界では、「ネイル検定を持っているほうが有利」という考えは、まだまだ続きそうですね。ネイリスト検定をとることによって、ネイリストへの道が近くなることは間違いないと思います。

.