サロンdeジョブ

サロンで活躍するママさんネイリストとは?

日本でネイリストという職業が生まれて、10年以上が経ち、いまや女の子のなりたい職業ランキングに「ネイリスト」がランクインすることもあるほど、社会の中での認知が高まってきました。

このように、ネイル業界が大きく成熟するとともに、課題となっているのが、ネイリストの労働環境です。

 

サービス業であるネイリストのお仕事は、お客様がいなくてはなり立ちません。

そして、ネイルサロンに通うお客様の中でも一番多いのが「F1層」と呼ばれる年代(20~34歳)で働き盛りの女性です。

 

このような現状からネイルサロンでは、朝から夜までの営業の美容室とは違い、お昼前にオープンして夜遅く閉店するという業態が多くなっています。

従ってネイリストの働き方も、夕方~夜が非常に忙しい時間帯となり、人材が手薄になる状況が生まれてしまいます。

長く働きたいのに・・・

子供たちの憧れにもなるネイリストを目指す方は、ほとんどの方が「ネイルが好き!」、「お客様を喜ばせるのが好き!」など、自分のやりたいこと、好きなこととして仕事に選んでいる方が多いようです。

 

その反面、実際に働いてみると上記のように夜遅くまで働き、生活サイクルが乱れてしまう、プライベートの時間が持てない、結婚や出産後に続けることができない…と泣く泣くネイリストを辞める方が多い現状があります。

 

せっかく苦労して技術を学び、現場でたくさんの経験を積んできたのに、こんな風にキャリアを捨ててしまうのは、とてももったいないことです。

増えるママさんネイリスト!

そんな中、結婚や出産をしてもネイリストとして働きたい!という夢を実現しているネイリストさんも年々増えてきています。

そして、多くの方は「ホームサロン」や「プライベートサロン」といった形で、サロンでの雇用ではなく、自分のペースで働ける環境を選び、活躍していらっしゃいます。

 

しかしながら「自分のペースで働く=全責任を自分で負わなくてはいけない」という状況になります。

・子供が急な熱で保育園のお迎えが必要に!

・サロンのお休みや時間外にどうしてもご予約をしたいというお客様が!

・大切なお客様からクレームが!

・子供の感染症が移ってしまった!

などといった時も、サロンで働いていれば助けてもらえる場合もありますが、一人でサロンを運営すると、自分の代わりは誰もいません。

 

そういった背景から、ホームサロンなどを軌道にのせるのは簡単ではありません。

そして、サロンdeジョブにはそういった経験をお持ちのママさんネイリストが「サロンで雇用された方が安心して働けるのでは?」とご相談にいらっしゃることも多々あります。

働く環境の整え方

ここでは、そういったネイリストさんがいらしたときに、

本当にサロンで働ける環境かどうかを確認するために、キャリアコンサルタントがお聞きするポイントをまとめてみました。

ぜひ、これからサロンで働きたいと考えているママさんも下記を参考にし、働ける環境を整えるところからスタートしてみてください!

 

①    サロンで働く目的は何か?

→ここは非常に重要な部分です。ママさんネイリストとして働く道を選ぶ場合、第一に生活の為という方は、一旦ネイリストとして働く事を考え直した方が良いかもしれません。当たり前のことですが、時短勤務となると、フルタイムの時より大幅に収入が減ってしまいます。そこで重要になってくるのが、仕事のモチベーションです。この仕事が好き!この仕事を長く続けたい!という強い想いがないと、ただでさえ大変な家事や育児との両立は難しくなってしまいます。

 

②    家族の理解は得られているか?

→ホームサロンはOKでも、子供と離れる時間が増える、家事をする時間が減るという点に不安を感じ、サロンで働く事を反対するご家族も多いようです。また、祖父母などが身近にいる場合も、仕事をしていたりするとサポートが難しい為、反対されてしまうケースもあります。しっかりと家族の理解を得たうえで、サポートし合える体制を整えておくことが望ましいです。

 

③    子供が病気の時などにサポートはあるのか?

→基本的に1対1で予約を取って施術するため、急な欠勤・遅刻・早退などに誰かに代わって貰うことが非常に難しい環境です。そのため、そういった緊急時に、本人以外に対応できる人がいるのか?、またはそういったサービスを利用できるのか?を事前にしっかりと考えておく必要があります。どうしても協力を得るのが難しい場合は、その状況をしっかりと面接時にサロンに伝えることが重要です。

 

④    この先、どのように働いていきたいのか?(勤務時間、休み、収入、目標など)

→上記をクリアしたら、最後に確認するのが、働ける条件についてです。

目標の月収、働ける時間や日数、サロンが忙しい土日にどれだけ協力できるのか?

3年後から5年後どの様に働いていたいか?など、具体的な条件を整理して、しっかりと伝えられるようにしておきましょう。

 

≪例≫

週3日出勤/18:00にお迎えに行きたいので勤務は17:00まで/土日は月に2回程度ラストまで出勤可能など。

このように、家族が土日のお休みであれば、月に〇回だけは出勤できる日を作りたいなどと、事前に交渉をしておくこともとても大切です。

サロンとの上手な付き合い方♪

いかがでしたでしょうか?

実際に、サロンで活躍しているママさんネイリストは、皆さんサロンと上手に信頼関係を築き、サロンに貢献することで、自分が働きやすい環境を創り出す努力をしています。

 

信頼関係を築くためには、自分の要求を伝えるだけではなく、サロンに対して協力や歩み寄りの姿勢をしっかりと見せることが大切です。

 

「平日早く上がらせて頂く分、月に1回だけ土日フル出勤できます!」

「集客しづらい時間にお客様を呼び込むクーポン(メニュー)を考えてみました!」

「サロンに行きたいけどなかなか来れないママさんが、サロンに通いやすくなるこんな企画やってみませんか?」など・・・

あなたの培った経験と技術をサロンで活かす道がきっとあるはずです。

 

一人でも多くのママさんネイリストが働きやすい環境に出会えることを願っています。