サロンdeジョブ

「美容師 つらい」と検索したアナタへ

美容師=おしゃれなイメージ

髪形も流行りのものにしていたり、服装も個性的でおしゃれな人が多く、美に対してトータルファッションに関する興味・こだわり・関心も人一倍強いと感じる方が多いようです。

 

現在も根強い人気職業「美容師」

 

なぜ美容師になりたいか思いは人それぞれですが、

「夢」や「憧れ」といった事をきっかけにすることが多いようです。

美容師さんが髪の毛をカットして、キレイにしてくれ、自分がまるで別の生き物になってしまったのかと錯覚に陥るようなスタイルにしてくれる美容師さんをとてもかっこ良く思い、

自分も人をキレイにしたい!喜んでもらいたいといった事がきっかけで美容師を目指す事が多いようです。

美容師の給与・待遇・休日

【美容師さんの給与】

厚生省の調べによると平均年収は280万円~300万円。一般企業の平均年収が400万円ほどといわれていますので、美容師の収入は決して高いとは言えません。。

 

アシスタント時代

アシスタント時は、青山や表参道などの有名店での勤務の初任給の手取りで10万円台であっても決して珍しくなく、多くのサロンでも初任給が手取りで17万円前後となっています。

 

スタイリスト時代

スタイリストになると、基本給が20万円前後になり、プラスして月の売上げに対してのインセンティブがつきます。(多くのスタイリストが自分の年齢と同額の給料を目指してがんばっていますが、賞与が別途支給される美容室はごく稀な状況で、月給のみのサロンも多いのが現状です。

 

トップスタイリスト/ディレクター時代

スタイリストの中でも月間の売上げが数百万円など、人気スタイリストと呼ばれるトップスタイリストになると年収も1000万を超える人もいます。ただしここまでになるには、技術力はもちろん、接客面でもお客様のリピーターとなって頂くために絶え間ない努力が必要となります。

 

 

【美容師の休日/待遇】

美容師は月に4日〜8日のお休みが一般的です。隔週2日休み、週休2日としているところが多いですが、試用期間などは週休1日のところもあります。

 

また、有給休暇を設けているサロンも多く、半年後に10日を付与しているサロンが多いですが、なかなか有給を取りづらい風習がまだ残っている状況ですが、スタッフさんの事を考えて有給を消化しやすいように訴求しているサロンさんも多くあります。

保険に関しては、社会保険完備のところは少ない状況ですが、この点を改善しているサロンも多くあります。

 

 

【美容師の勤務時間】

勤働時間は概ね10時間ほど(一般的な美容院で10時~19時受付終了。大体はオープン30分前には出勤、19時以降お客さんが帰り次第片付けて終了)

また、技術向上のために営業終了後の技術研修やミーティングを行っているサロンが多いです。休憩は、予約状況の合間を見てとることが多く忙しいと食べられないこともあります。

これを正すために、美容業界も遅番・早番などを取り入れ、1日8時間、週40時間と労働基準に乗っ取った営業を行っているサロンも増えてきています。

美容師をやめたい理由って・・・?

ケース1:人間関係

一見、楽しそうでオシャレな仕事ですが、美容師業界というのは職人気質な業界のため、徒弟制度の考え方が残っており、新人に対して厳しく当たることが珍しくありません。

先輩の厳しい仕打ちに耐えかねて美容師を辞めたくなるという人が実は多いのが現状です。まずは先輩が厳しいのか、それとも単に理不尽なのかを見極めてみましょう。

 

ケース2:給料・年収が安い

上記でも述べたとおり、トップスタイリスト・経営者ともなれば高収入も夢ではありませんが、アシスタントや見習いの時代は給料も低いのが現状です。

スタイリストになるにもおよそ3年間の期間を費やすため、給料の安さに耐えかねて仕事を辞めたくなる人も少なくありません。

 

ケース3:労働時間/休日

美容師は技術職の為、営業時間終了後に技術力を磨くために職場に残り練習を行う場合が多いです。これ自体は、必要なことであり、お客様に喜んで頂くためには必要なことですが、

疲れているときや用事があるときでも、周りのスタッフが練習のために残っていると帰りずらく、残り練習をしないと店長から評価されないというケースもあります。サロンによっては休日も講習会や店内での練習会があるサロンもあります。

夢のためとは言え、毎日遅くまで練習することで疲れが溜り、プライベートを充実できずあきらめてしまう場合もあります。

 

ケース4:手荒れ・腰痛などの身体的な影響

シャンプーを始め、パーマ液・カラー剤など多くの薬剤を取り扱うため、手荒れがひどくなり、これをきっかけに辞める方も少なくありません。また、基本的に立ち仕事のため悪い姿勢で神経を使いながらカットをすることなども場合によって出てくるためこれにより腰痛などで断念するケースもあります。

 

新しい働き方の提案~美容師免許を活かす職種・働き方~

さまざまな理由から、美容師として働く事を断念してしまった方も少なくありませんが、

「美容師免許は一生ものです!!!!」

近年では、美容師さんの働き方も多様化しています。

 

例えば、結婚式場や写真館、トータルビューティサロン、ヘアセットサロンなどです。

こういった職場では、ヘアメイクや着付けのお仕事があり、美容師免許を持っていると有利です。花嫁さんのアテンドやカメラマンなど、美容師としてのスキル以外のことも新たに身につけることができます。さらには医療や介護分野でも、美容師の存在が高まっています。

 

高齢化が進む日本では、医療介護分野に様々な専門家の協力が必要になっており店舗勤めではなく訪問理美容師の需要も高まっています。

中でも、注目度が高い職業がまつ毛エクステンション技術者(アイリスト)だと思います。

目元の施術には美容師免許を持っていることが条件という法律が施行され、急速に需要が高まっている職業です。

 

待遇面でも、アイリストは美容師と比べると水準が高くスタートの給与も高めです。

未経験の方は研修からのスタートになりますが、期間は数か月で都内であれば18万前後の給与が見込めます。

そういった待遇面のよさから、近年では美容師からアイリストへの職種転換も多く見られます。

 

環境を変えて、自分にあったヘアサロンを探すのか、

それともヘアメイクやアイリストなど職種を変えて再スタートするのか、

資格と熱意さえあればどちらも出来るお仕事ですので、一度立ち止まって考えてみると良いでしょう。