サロンdeジョブ

女性だからこそ必要!・・・今更聞けない社会保険って?

社会保険とは??簡単にご説明!

一般企業でのお仕事経験がある方は、入社後に人事担当者から説明を受け、

必要書類を整え、加入の手続きが進むことが多いと思います。

しかし、個人経営の多い”ネイルサロン””アイラッシュサロン””エステサロン”等は、

そもそも会社の加入要件に違いがあったり、入義務があっても加入していないサロンもあります。

高校を卒業し、そのままスクールに通い、サロンへ入社。

新入社員として何もわからないまま、”保険未加入”という方も多いのではないでしょうか?

 

<その1>『 健康保険』

一番身近な所で「医療費が3割負担になる」ものです。

会社で加入していれば、保険証が交付されます。会社で加入しないと、自身で「国民健康保険」に加入し、支払を行い地自体から保険証の交付を受けます。

 

    ~~☆~★~女性が注目すべきポイントはここ!!~★~☆~~

【出産育児一時金/出産手当金】

健康保険に加入していることが必須です。

または、健康保険に加入している方の配偶者または扶養家族であることが条件です!

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 <その2>『雇用保険』

雇用保険にお世話になるのはズバリ、退職した時!です。

雇用保険加入をしていると、退職した際に様々な手当を受ける事が出来ます。

いわゆる”失業保険”です。

失業した際に前職の給与を考慮し、給付を受けることができる制度です

 

    ~☆~★~女性が注目すべきポイントはここ!! ~★~☆~

【育児休業給付金】

お子さんが1歳になるまで、育児休暇中に月収の67%が支払われます。

半年目以降は月収の50%です。

休み中に、給付が受けられるのは本当に助かるものです!

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

<その3>『労災保険』

仕事中の怪我や、通勤途中に起こった事故などに対して

給付が行われる制度です。

この労災保険は、事業主が”全額負担”する社会保険になります。

 

    ~☆~★~女性が注目すべきポイントはここ!! ~★~☆~

女性が多く働く美容業界・・・

ネイルサロンや美容室での道具での怪我・・(滅多に大けがにはなりませんが・・)

手を切ってしまったり、大きなけがをしてしまった場合は申請しましょう!

通勤途中の怪我などがあった場合も、給付が受けられます!

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

<その4>『厚生年金』

働いている間に保険料を納めることで、老後に給付を受け取れる制度です。会社で厚生年金を払っている場合、国民年金に上乗せする形で支払っているというイメージです。受給できる年齢は今後変わってくる可能性があり、

少子化もあるので何とも難しい所です。しかし、保険料を納めるのは国民の義務となっています。

 

個人事業主が多い美容サロン~未加入は違法?~

サービス業にあたる「美容業は」社会保険(厚生年金、健康保険)の非適用業種につき、加入していなくても合法なんです!

なので、勤務先で加入が無い場合、ご自身での加入が必要となります。

 

しかし、「雇用保険」と「労災保険」は違います!

☆雇用保険:週に20時間以上働いている労働者が1人以上

☆労災保険:労働者雇用者が1人でもいれば「強制加入」です。

 

また、個人事業所で、非適用業種(美容業もこれ!)で、従業員が5人未満の場合でも社員の1/2以上の同意があれば、社会保険事務所に申請して認可を受けることで加入できます。

◆求人票の見方

今は、いろんな求人サイトがあり、サロンによって求人票の書き方も様々です。

例えばこちら>>

https://salon-de-job.com/job/27794 

[待遇]という項目に・・・社会保険完備(研修中から加入)

と記載が有ります。「完備」と書かれていますので、「健康/年金/雇用/労災」全ての保険に加入できるという事になります。

次にこちら>>

https://salon-de-job.com/job/25560

[待遇]という項目に・・・雇用/労災加入と記載があります。

こちらのサロンへ入社した場合は、「国民健康保険/国民年金」は自身での加入、支払となります。

美容サロンで働くにあたって・・・

日本中には数えきれないほどの美容サロンが存在します。

 

待遇面の充実さは、本当に様々で働くスタッフの事を考え、法律を遵守し、完璧に

整えている会社やサロンもあれば、雇用保険/労災保険すら加入していないサロンもあるのが実態です。

 

保険料をしっかりと支払っておけば、“いざ”という時に給付を受ける事が出来ます。

特に女性の場合、「出産」があります。支給の対象が、○年間加入している事、や

○○時間以上勤務している方など、支給にも条件がありますのであとで知って後悔・損のないように事前にしっかり調べておきましょう。

 

社会保険はいろいろな手続きや、給付の種類があり、ネットで検索しても非常に分かりにくく難しい言葉がならびます。もし、悩んでしまった場合はお気軽にサロンdeジョブまでご相談下さい。

「保険完備サロン絶対!」

「最低限雇用・労災があればOK」

「産休・育休実績があるサロンが希望!」

など、お仕事お探しの方のご希望に合わせてサロンのご紹介を行っております。

 

>>会員登録はこちらから