サロンdeジョブ

使える『例文!』履歴書&面接対策! ~アイリスト編~

就職・転職に、面接は避けて通れないもの。

そして履歴書はほぼ100%用意する必要があります。

日常的に書くものではありませんので、いざ用意するとなると

書き方に「???」となる方も多いと思います。

 

今回は「使える例文」をご紹介しますので、

ご自身にあったものがあればアレンジして使ってみて下さいね!

 

また、面接にも使えますのでまずは自分の中に落とし込みをし、

自分の言葉できちんと伝えられるように準備しましょう。

 

アイリストさんは、国家資格である“美容師免許”が必須のお仕事ですので、

アイラッシュ未経験でも多くの需要があります!

面接さえスムーズにクリアすればきっと合格が出ますので、丁寧に準備して

面接に臨みましょう♪

困ったら助けてくれる“紹介会社”がある!

紹介会社ってご存知ですか?

こちらのサイトを運営している【サロンdeジョブ】も紹介会社になります。

 

利用するのに、一切費用は掛かりませんのでご安心下さい♪

一般の求人サイトとは異なり、お仕事お探しの方には、専任のキャリアコンサルタントが担当として付きます。

 

「希望条件の確認」

  ↓

「仕事紹介」

  ↓

「面接セッティング(面接対策!)」

  ↓

「雇用条件の確認」

  ↓

「入社!」

 

入社までを全てサポートしています。

「履歴書作成の代行」も行っていますし「“受かる!!” 面接対策」を行います。

過去のデータを参考にして、事前に予想される質問をお伝えしたり、ネイルチップの作成や技術チェックに関してもアドバイス致します。

 

就職・転職でお困りの際はお気軽にお問い合わせ下さいね!

フリーダイヤル:0120-451-279

例文紹介 ~志望動機~

<未経験の方>   

美容師のお仕事からの転職の方が多く見受けられます。

これまでの経験をどう活かせるのか?なぜアイリストになりたいのか?

をお伝えしましょう。

×「美容師免許を活かしたい」だけでは浅いです!!

(例文)

・私はお客としてアイラッシュサロンに通っていましたので、その頃からアイリストの仕事に興味を持っておりました。実家が美容室を経営している為、親の勧めもあり、一旦は美容師としてサロン勤務していましたが、やはりアイリストの仕事に就きたい気持ちが強く、1年間勤めたサロンを退職しました。

短い期間でしたが、早朝から終電までの練習、休みの日の撮影などにも参加し、体力とコミュニケーション力が身についたと思っています。

御社の整った研修制度と、頑張り次第で上がっていける昇給・昇進制度に魅力を感じ応募致しました。お客様から信頼され、指名されるアイリストになれる様、練習と目元に関する知識をつけ、日々努力していきます。

 

・美容師免許を取得致しましたが、一般企業に就職致しました。

OL時代は自分も含め、周りの女性たちも多くマツエクサロンに通っていました。

まつげエクステは目元を華やかにし、日々のメイクに欠かせないものだと思います。

現在は、カラーエクステや、ボリュームラッシュなどもあり、様々な種類も出てきました。

その施術を行える資格を私は保有していると考えた時に、長く続けられる技術職として、一生の仕事にしたいと考え直し、アイリストを目指すようになりました。

アイラッシュスクールに通い、5日間の研修を修了致しました。

まだまだ未熟ではありますが、OLさんが多くいらっしゃる御社でお客様の美のお役に立ちたいと思い、応募致しました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~

<サロンワーク経験者の方>

(例文)

・美容師を2年経験した後、アイラッシュサロンで2年就業しました。

前職のサロンは回転重視のサロンでしたので、1人のお客様を1時間で仕上げるスタイルをとっておりました。その為、選べるエクステの種類やデザイン、時間も限られており、充分な施術、カウンセリングや接客が出来ない部分がありました。

今後は、まずじっくりと事前ヒアリングを行い、一人一人に合った施術を行いたいと思っております。御社の豊富なカラーやエクステメニューはとても魅力的で、お客様に要望に充分にお応えできる環境であると感じ、この度応募させて頂きました。

施術は、1時間で約140本の施術が可能です。

 

※経験者の方は、これまでの施術時間や、装着できる本数を入れるとアピールに繋がるでしょう。

例文紹介 ~退職理由~

退職理由は、かなりの確率で聞かれます!

書面で書く事は少ないので、きちんとお話し出来る様に準備しておきましょう!

×サロンの悪口になってはいけません。

 

退職理由を聞き「うちの会社でも起こり得る理由だな」と感じれば、

「辞める可能性が高い」と判断されてしまうので、

アイリストさんに関しては、

今度受けるサロンのメニュー内容や価格、デザインなどは事前にチェックしておきましょう。

「休憩がとれなかった」

「残業が多かった」

などは、美容サロンの繁忙期ではどうしても起こってしまうことなので、

そのことだけを強く主張するのはやめましょう。

 

(例文)

・アイリストの仕事は好きで、接客も好きなので長く続けていきたいと考えておりましたが、前職では途中から勤務形態が変わり、朝10時から23時頃までの勤務が毎日続くようになりました。接客人数も多く、時間に追われていた為、ゆっくりカウンセリングが出来ずお客様の要望に応えられない事が多くありました。

1人1人の施術を大事にしたいと思い、この度退職を致しました。

スピード感も大事にしながら、より丁寧で要望に合ったサービスを提供するアイリストでありたいと思っています。

 

・前職では、美容師として勤務しておりました。

接客は好きでしたが、腰を痛めてしまい立ち仕事が難しくなった為、退職致しました。

座っての作業は問題ございません。

資格を活かして、今後はアイリストとしてお客様に接していきたいと考えております。

例文紹介 ~自己PR~

よく、面接では自身の長所・短所が聞かれる場合があります。

“短所は長所の裏返し”とも言いますが、伝え方には少し工夫が必要です。

自身の強みが「仕事にどのように役立つのか」を説明してアピールしましょう。

 

◎短所を長所に置き換えよう!

・飽きっぽい ⇒ 好奇心旺盛

・八方美人  ⇒ 社交的

・冷めている ⇒ 冷静

・せっかち  ⇒ 行動的

・神経質   ⇒ 真面目

・作業が遅い ⇒ 細部までこだわる

・頑固    ⇒ 意思が強い

 

他には、

・失敗が多い ⇒ チャレンジ精神が豊富

・アルバイト経験が少ない⇒ 先入観なく物事を勉強できる

というような置き換えが出来ます。

 

・消極的な人は、「やる気が無い」という印象を与えがちですが、

「慎重な性格」とアピールできる!

・飽きっぽい人は、「長続きしない」という印象を与えがちですが、

「好奇心旺盛で、色々な知識を身に付けている」と言い換えることが出来、これまでの経験をアピール!

・物静かな人は、「熱意が足りない」という印象を与えがちですが、

「冷静な考え方ができる」と落ち着いた印象になります。

面接の前にやること!

「自己分析」をしましょう!

 

・なぜ退職するのか

・今後何がしたいのか

・どうしてアイリストになりたいのか

・アイリストの何が好きなのか

・接客のどこが好きなのか

・3年後、5年後、10年後 どうなっていたいか

・自分の強みはなんだろう

・不得意なところはどこか

・転職先に求める物は?

・転職先で自分にできる事

 

このあたりを一度書き出してみるといいでしょう!

面接は1度が勝負~!

事前準備をして挑みましょう♪