サロンdeジョブ

ネイリスト、つらい!もう辞めたい!―ホンネの退職理由&働きやすいサロンの条件とは?

ネイリストは極めて離職率の高い職業。華やかな職業のイメージとは裏腹に、サロンワークの過酷さは想像を絶するものがあります。理想とは違う現実につい、「辞めたい!」と感じてしまうこともありますよね。

 

しかし、環境を変えることで、仕事に関する意識が変わってくることがあります。この記事では、実際に退職したネイリストの方に聞いた退職理由と、どんなサロンなら働きやすいのかを具体例を挙げて探っていきます。.

ネイリストの仕事で大変なこと

  • 体力的にも精神的にもハードな仕事である

 常にファッショントレンドをリードし、指先を華やかに彩るクリエイティブな職業として人気の高い「ネイリスト」。

しかし、「やってみるまでは分からなかったが、実際は思ったよりも地味な仕事だった…」「こんなにサロンワークが忙しくてつらいとは思っていなかった。もう辞めたい…」という声をよく耳にします。

一体、ネイリストの何がそんなにつらいのでしょうか?

【つらさポイント①長時間の集中力持続!】

ネイリストは、爪の上の小さなスペースに細かく絵を描きアートを施す、極めて高い集中力が必要な職業。

ほんの少しのラインのずれがデザインの印象に大きく作用するため、細やかな手先の器用さが求められます。

ネイリストを志す方の多くは、

・子どもの時から手先が器用

・長時間の集中力には自信がある

という方ばかりでしょうが、さすがにサロン勤務が始まるとその過酷さに自信を打ち砕かれます。

その理由は、「勤務時間中はずっと集中力を切らすことができないから」。

 

ネイリストの1日の平均勤務時間は8時間。1人のお客様にかかる時間は約2時間程度として、その間ずっと集中力を切らさずに小さな爪の上に集中し続けます。

ネイルの作業は時間との勝負。ファイルで爪を削って整える時間、ジェルを硬化する時間、工程ごとに決められた時間があります。またお客様のご希望の終了時間に間に合わせるのはプロとして当然のこと。ぼんやりと施術していたら約束の終了時間に間に合わず、クレームに発展してしまうかも…。

集中力とスピードを求められる8時間の「細かい」作業。これは、過酷と言わざるを得ません。

【つらさポイント②職業病にも発展する固まった作業姿勢!】

ネイルの仕事は基本的に椅子に座って作業するため、楽な仕事のように思われるかもしれませんが、

実際は長時間の前かがみの不自然な姿勢が肩や腰の大きな負担になっています。

ネイリストを辞めたくなってしまうとき・・・

では、実際にネイリストを辞めた方たちはどんな理由で辞めたのでしょうか。

その退職理由の「ホンネのところ」を聞いてみました。

ネイリストの主な退職理由>

・「朝から晩まで休憩なしで8時間!」という勤務が続き、退職を決意。

・休憩が取れずお昼ご飯も食べることができない!施術中に離席した一瞬のタイミングでお客様に分からないように口に食べ物を放り込んで空腹をまぎらわせていた。

・7連勤や6連勤という過酷なシフトで体が休まらず、精神的にも病んできた。

・残業代が出ないのに、居残り練習を強制させられる。

・未経験で入社したのに研修がほんの数日で終了。不安なまま突然1人で接客するよう言われ、その後の指導も無し。

・お客様に理不尽なクレームでお叱りを受け、心が折れた。

・給料明細を入社から一回も貰えず、会社に不信感を覚えた。

・接客が辛い。お客様と会話が弾まず、気まずい雰囲気の施術ばかり。

・指名が取れないことでサロン内での立場が悪くなり、いじめの対象になった。

 

どれを取ってもつらい理由ばかり。胸が痛みますね…。

皆さんそれぞれ一流のネイリストとして活躍する!という夢に向かって努力し、一生懸命に勤務されていたことと思います。このようにつらい現実を前にして退職を決意せざるを得なくなったのはとても残念だったことでしょう。

なぜ、ネイル業界はこのように「働きにくい環境」のサロンがあるのでしょうか。

この業界ならではの「働きにくさ」や「問題点」を挙げてみます。

  • ①人間関係(女性だけの職場特有)

ネイリストの職場は基本的に女社会。アットホームな雰囲気で穏やかなサロンもありますが、いじめ、派閥争い、顧客の取り合いなど、激しい争いのあるサロンも。また「先輩が後輩を教える」というスタイルが多いので、上下関係のトラブルも多発。教える人によって指導方法が違うなど、指導方法に不満を感じることも。

  • ②勤務形態(休憩、休みがない)

【休憩時間】

基本的にお客様の入客状況に合わせて休憩を取るため、お客様が立て込んだり施術が長引いてしまうと休憩が取れないことがあります。さすがに「8時間勤務で全く休憩が取れない」という状況はつらいですよね!

さらにその後「技術練習のために居残り残業が義務」となったら働く意欲も失せてしまうかも…。

【休暇】

ネイルサロンはどこも少人数勤務の店舗が多く、休暇はスタッフ同士譲り合って取るシステムです。しかし、スタッフ同士で調整がつかないと最悪休暇が取れないという事態もあります。連続勤務が長く続くと、疲れもストレスも最高潮。この状態が続けば「うつ病」など心の病に発展してしまうこともあり、注意が必要です。

 

休憩時間・休暇の取得方法に関してはサロンによって違うため、就職する前に事前に確認しておくといいでしょう。

サロンの中には、休憩時間・休暇の取得をしっかりと保障しているサロンもあります。入社してから「自分の希望する勤務形態とは違う職場だった」と気が付いた場合は、改めて環境を変えてみることもおすすめします。

  • ③接客(クレーム、会話が苦手)

【クレーム】

お客様の中には「思っていたネイルと違う!」とクレームを入れてくる方もいらっしゃいます。お客様の言う通りこちらのミスなら仕方ないですが、事前にデザインを確認し、こちらは最善を尽くしているのに言いがかりをつけられたら悲しい気持ちになりますよね。

【会話が苦手】

ネイルは好きだけどお客様との会話がつらい…、というネイリストは案外多くいます。サロンによってはリピート率を上げるために、よりフレンドリーにお客様と心の距離が近くなるような接客を促すサロンもあります。しかし、施術に集中しながらお客様との会話を弾ませるのは熟練ネイリストでも難しいことです。

 

<離職率について>

ここまで読んできて、「ネイリストの仕事のつらい点」についてはご理解いただけたことと思います。

皆さん、ネイリストの離職率の高さは果たしてどれぐらいのものかご存知ですか?

実際にはネイルサロンに就職した人の半分から8割程度が入社1年以内に辞めてしまうと言われています。

10人入社したとして、1年後残っているのは2~5人という現実…。

比べて、大学卒で一般企業に入社して、1年以内に辞める人は18%程度。

こちららは、10人のうち8人は会社に残り、1年後も勤務を続けているという計算になります。

一般的な離職率と比べても、ネイリストの離職率はかなり高い数字だということが分かります。

転職という選択

働きやすいサロンってどんなお店?―自分に合ったサロンの見つけ方

 

では、「こんな状況耐えられない!今のサロンは辞めて違うサロンでもう一度働きたい!」

と思った時、どんなサロンを選べばいいのでしょうか?

まずは自分が「これだけは嫌だ!」という働く上での条件を書き出してみましょう。

(例)

●お昼休憩はしっかり取りたい。

→サロンの中には予約を切って休憩時間をしっかり確保してくれるところもあります。

●無給の残業はしたくない。

→応募の際に残業代の有無・交通費・社会保険加入などはしっかり確認し、契約書類を取り交わしましょう。

●人間関係のいい職場に行きたい。

→事前にサロンに行き、職場やスタッフの雰囲気を自分の目で確認しましょう。長く働いているスタッフが多いサロンは比較的人間関係も落ち着いていることが多いため、スタッフの勤務年数を聞いてみるのも手がかりに。

 

上記のように自分なりに行きたいサロンの条件を書き出し、ある程度イメージができたら実際に求人サイトなどで条件に合うサロンを探します。入社したいサロンのホームページやブログ、インスタグラムなどを見て、お店の雰囲気をつかんでおくのも大事なことです。

  • 働きやすさのチェックポイント

・運営会社の詳細――どの位の規模の会社なのか。ある程度母体のしっかりしている会社は福利厚生がしっかりしている傾向にあります。

・そのサロンが大切にしていることは何かを知る――オーナーの想いや上に立つ人が信頼のおける人であるかどうか。

・研修体制――研修期間の有無と、その間給料が支払われるのかの確認は必須。加えて入社後のフォローがしっかりしているか、無給の残業はあるか、忙しい中でも休みがある程度取れているかも要チェック。

 

以上をきちんと確かめてから求人募集に応募しましょう。

 

求人票/面接だけではわからないこともある―紹介会社を使ってみよう

ただ、求人サイトの募集要項やホームページを見るだけではお店の雰囲気や人間関係の「本当のところ」までは分かりません。なんとなく「いい雰囲気だな、ここなら間違いなさそう!」と思って応募しても、入社してみたら「前のサロンよりもさらにブラックだった」ということも…。

 

しかし、弊社サイト「サロンdeジョブ」から応募していただいた場合、そのようなミスマッチが起こる可能性はかなり低いです!

「サロンdeジョブ」はHOT PEPPER Beautyをメインに扱っている広告代理店が運営しているサイト。

 

弊社には多くのサロン様と20年以上も深いつながりを持ってきた「美容に特化した人材紹介会社」という強みがあります。個々のサロン様との太いパイプを生かし、外から見ただけでは分からない内部情報や、ネット上には出回っていない非公開求人など、弊社にしかない情報をあなたにお知らせします。

 

また、入社前に「採用条件確認書」を応募者様に確認していただき、給料・残業代・交通費など、細かなところまで書面に残して条件面での食い違いを未然に防ぎます。

応募者様とサロン様、双方の間に私たち「サロンdeジョブ」という第三者が入ることで、採用条件通りの適正な雇用が行われているかどうか、雇用の透明性をチェックすることができます。

 

応募者樣がサロン様に面接に行った際、採用してもらえるかどうか心象が気になり、あまり突っ込んだことを採用担当者に質問できない、という話を良く聞きます。

弊社「サロンdeジョブ」ではあなた専任のキャリアコンサルタントが付きますので、あなたが聞きにくいことは全てコンサルタントが代わりに質問します。採用条件で不安に思うことは全てコンサルタントにお話しくださいね。

あなたがサロンに応募する際には、良い点も悪い点も包み隠さず申し上げます。

 

そして、あなたにとって「より良い」サロンとはどういうサロンなのか、あなたのキャリアプランも踏まえて一緒に考えます。安心してご応募ください!

転職成功例

・Aさんの場合

ここで、弊社サイト使って転職したAさんの「転職成功例」をご紹介します。

 

Aさんの場合:ネイリスト歴:1年半、資格:JNEC2級、ジェル検定中級(22歳)

『就職時のことを教えてください』

ネイルスクールを卒業し、自分で求人サイトから応募、1社受けて合格が出たので就職を決めました。

面接の際には、オーナーさんから研修があること、デビューまでしっかりとサポートしてくださると伺っていました。ネイルが大好きなので、仕事にできることが嬉しかったです。

『勤務開始後はいかがでしたか?』

いざ、勤務がスタートすると、研修と呼ばれるものはなく空いた時間に自分で練習し、

先輩に帰り際少し見てもらえる程度でした。

3日後からは、スタッフ不足という理由から、接客に入ることになりました。

オフからケア、簡単なアートを施しましたが、自己流だったので時間もかかってしまい、仕上がりも不安でした。

それが数日続き、ついにお客様からクレームがきてしまいました。お客様にも迷惑をかけてしまいました。

『退職を考えたきっかけは何ですか?』

サロンは大変忙しく、店長や先輩方も施術に忙しく、私の指導に時間を割ける状態ではありませんでした。一度、オーナーさんと店長に技術と接客に不安があることを相談しましたが、「教えられる人がいないから・・」と改善はありませんでした。

また、入客できるようになったら正社員雇用に切り替わるはずでしたが、アルバイトのままで、正社員になる話もありませんでした。雇用に関する不安も出てきました。

私は、自分の施術があっているのかもわからず、毎日不安でした。しかし、予約はどんどん埋まり、休憩もなく連日勤務し、ある日体調を崩してしまいました。

ネイリストの仕事を楽しく感じられず、退職を考えるようになりました。

『転職しようと思ったきっかけは?』

同じネイルスクールを卒業した友人に相談したことがきっかけです。

サロンワークはやはりハードで大変なことは同じでしたが、彼女の勤務するサロンは、サポート体制が整っており、無理なく、できるメニューから徐々に施術に入っていくシステムでした。スタッフ同士の関係もよく、楽しそうに働いている様子でした。研修も終え、正社員になっていました。色々なサロンがあるんだな、、と思い、退職する前に、ネイリストを辞める前に、“転職”という形で別のサロンも一度見てみたいと思うようになりました。

『転職を決意!』

専任のキャリアコンサルタントがサポートしてくれるとの事で紹介会社に登録し、面談に行きました。

仕事を紹介されるだけかと思っていましたが、担当の方から私のネイルへの想いや将来の夢、今のサロンの何が不安・不満なのかなど詳しく聞いてくれ、私の今後のネイリスト人生のプランを一緒に考えてもらいました。

全ての希望を叶えるサロンを見つけるのは難しいが、まず私には「安心して勤務できる環境がある」サロンが必要との事でした。

面接を受ける前に、紹介されたサロンの詳しい研修制度を教えてもらったり、

どんな方が店長さんで、スタッフさんの雰囲気や休憩の取り方まで事前に教えて貰えました。興味を持ったサロン3社面接を受けることが出来ました。それぞれ魅力があり迷いましたが、担当の方と相談し、「研修制度が整っている」「休憩時間を確保している」「スタッフさんの雰囲気が良い」サロンに就職を決めました!

何より、面接の際に私のこれまでの努力を認めてくださり、一緒に頑張っていきましょうと

サロンの店長さんから言って頂けたのが嬉しかったです。

勤務中のサロンとの退職の調整を行い、1か月後から新しいサロンで勤務することになりました。

『現在』

今はそれから約1年経ちます。まだまだ勉強することは多くありますが、お客様との会話も楽しめる余裕も出てきました。空き時間には同期のスタッフと練習しあったりしてとても良い環境です。これからもネイリストとして、プロの道を極めていきたいです。

ネイルサロンの求人は多くありますが、ネットでみる情報や面接だけではわからない部分が多くあります。

そんなときは第三者として間に入ってくれる、紹介会社を利用するのも有効な就職活動の1つの方法だと思います!(利用した会社;サロンdeジョブ)

まとめ

ネイリスト。その仕事はシビアで体力的にも精神的にもつらい側面もあります。

ですが、美しいネイルにお客様に喜んでいただける喜びも、日々の練習の成果が実り難しいアートが成功した時の達成感も、他の仕事では得られないかけがえのないものです。

私たち「サロンdeジョブ」は、あなたの納得できるサロン選びのため、サロン様と応募者樣、両方の間に立つ「Happyな雇用関係の見届け人」でありたいと考えています。

 

まずは今までご経験された「つらかったサロンワーク」を、全て私たちにお話しください。

弊社キャリアコンサルタントが、誠心誠意、公正な立場であなたのお話を伺います。その上で、あなたのよりよい人生にふさわしい「Happyなお仕事」をご提案させていただきます。

あなたのエントリーを、心よりお待ちしております!