サロンdeジョブ

男性でもネイリストになれる!?

女性向けのネイルサロンが増える一方、2014年頃からはネイルサロンへ通う男性が増加傾向にあり、ネイルサロンがメンズネイルケアコースを導入したり、男性が気軽に通える美容室併設サロンも増えています。

 

それに伴い、男性ネイリストが注目されるなど、男性ネイリストが活躍している時代。

とは言え男性ネイリストはまだまだ少ないのが現状ですが、「男性のネイルへの関心が増えている」という事は、必然的に「男性ネイリストの需要も高まっていく」事でしょう。

 

男性でもネイリストになれるのかな?と少しでもお考えの方。

男性ネイルの現状、男性ネイリストとして働く実態を知り、今からスタートすれば男性ネイリストとして第一線で活躍する事も夢ではないかもしれませんよ♪

なぜ男性ネイリストが注目されるようになってきたのか?

ネイルサロンへ通う男性が増えた事が背景にあります。

 

海外では仕事ができる男性ほど身だしなみに気を付けており、ファッションはもちろんヘア、スキンケア、ネイルまでと全身への清潔感に気を使っています。ヘアカットの間にネイルケアのサービスを受けたりするサロンも多くあります。

日本でも芸能人やファッション業界の方から浸透してきた男性ネイルは、今やファッションだけではなく身だしなみの一環として一般男性にも広まり、サロンへ通う方が増えています。

 

出来るビジネスマンは自己管理が出来ている。と言われますよね。

自己管理には身だしなみも含まれています。

特にビジネスでは、名刺を渡す、資料を渡す、握手をするなど、指先は必ず相手の目に留まり、美しく整えられ清潔感がある方が印象も良く、ビジネスも進めやすくなります。

 

女性は好きな色やアートで「指先を飾る」という事に重点を置きサロンへ通う方が多いですが、男性は爪を綺麗に整えたり、甘皮の処理、爪表面のツヤを出すなど、ビジネスに活かす「身だしなみの一環」として通う方が多いです。

 

しかしネイルサロンへ行ってみたいという男性が増加している中で、実際はネイルサロンへ行く事にためらう方がほとんど。

彼女や奥様の付き添いで行く方もいますが、大抵の男性がネイルサロンへ行く事に躊躇したり、

女性ネイリストに長時間手を触れられる事に抵抗がある方もいます。

 

行きたいけど行けないと方にとって、男性ネイリストがいるサロンは魅力的☆

『男性のネイリストが増える ⇒ ネイルサロンへ行く男性も増える』

相乗効果として男性ネイルは近い将来更に浸透していく事でしょう。

 

また、男性からの需要だけではありません

実は、男性ネイリストを希望する女性客も増加傾向にあります。

女性のお客様で、男性ネイリストを選ぶ理由として多く挙げられるのが・・・

  • ① 男性目線での施術を受けたい

男性は女性よりも拘りが強い方が多い傾向もあり、女性が美しく可愛く見えるよう、どう引き出そうか?と異性目線で勉強し発想がわいてきます。

そのため女性ネイリストでは思いつかなようなデザインやアートなどが魅力的として求める方も。

 

また、ネイルをする女性は少なからず男性にも見てもらえ、褒められたらやはり嬉しいもの。

それなら男性からうけるアートをしたい!この色って男性はどう思う?色や爪の形、長さも思いっきり男性好みにしよう!

異性だからこその目線で客観的にとらえ、男性から見たセンスの良いアートやデザインなどを提供してもらいたいと思う女性も多くいます。

 

同性から見る美しさ&可愛さと、男性から見た場合はやはり違います。

その違いを楽しみに男性ネイリストが存在するなら、やってもらおうかな。

そう希望する女性が増えてきているようです。

  • ② 施術中の会話(男性のアドバイスが参考になる)

ネイルサロンに通うお客様はネイルの技術だけでなく、施術中の会話を楽しみにしている方もいます。

仕事の事や恋愛の事、友人関係の事など、男性としての意見を聞きたい事もあるようです。

女性同士であれば男性とは話しにくい話題も話せたり会話が弾む事もありますが、逆に女性同士だからという流れで、思わず余計な事を話すこともあり、プライベートな話に深くなってしまう事もあります。
その点、男性は女性が気を悪くしないようにと配慮をして会話をしてくれる事が良いと感じる方もいます。

 

男性ネイリストとの会話を楽しみながら、指先からのおしゃれを楽しむ方も増えており、男性ネイリストが増えていけば、更に「男性ネイリストだからこその何か」が増えていくかもしれませんね。

男性ネイリストの強み

上記のように、「ネイルへ通う男性が増えた」「男性目線を求めた施術」

それ以外にも男性ネイリストならではの強みはあります。

  • 繊細で凝ったデザインが評価される

男性は女性に比べると右脳が発達していると言われています。右脳は感性・感覚を司る機能。

五感で感じた感覚を総合的に認識し、判断する事で直感力、想像力、絵、図形などが優れており芸術的センスがある方が多いと言われています。

そういう力がある方は色彩感覚を活かし、凝ったアートや新しいデザインをどんどん生み出せるのかもしれません。

 

またプラモデル作りなどのように、一つの作業に没頭してこなす事ができるのも男性に多くみられます。

ネイリストはメニューによっては2時間位かかるなど長時間の施術をする事がありますので、そこも人によっては苦にならず、楽しみながらきめ細やかな技術を提供できる事が支持される理由の要因かもしれません。

  • 指導力やマネジメント力で経営者の道や独立も

男性は比較的競争を好む傾向があり、大勢の中にいた場合、努力をして上に這いがろうとする力も秘めています。

また、男性は感情的にならず論理的に思考する力も備えているので、マネジメントなど上の立場に立つ事が向いている方もいます。

ネイリストはある程度経験を積んだら、自分でサロンを開いたり独立をする事が可能な職業でもありますので向上心のある方は、自分で経営をしながら今までにないネイルサロン作りや、スクール経営や講師、多店舗展開しているサロンの幹部として大いに活躍し、これから増えていく男性ネイリストへの新しい道を切り開く事もできるかもしれません。

 

美容業界は一見華やかな世界ですが、裏では体力勝負的な所もあります。

サロンは夜遅くまで営業しているサロンが多く、早番遅番のシフト制で生活のリズムが安定しなかったり、ネイリストにおいてはずっと同じ姿勢で身体的に疲労を受ける方も多いです。

男性だから大丈夫という事ではありませんが、体力的には女性に比べ男性の方が恵まれている点もメリットともいえます。

 

美意識の高い男性が増えていく時代と共に、ネイルサロンも男性の強みを活かし新しいネイル業界が作り出されていく時代ももうすぐかもしれませんね☆

ネイリストへの道のり ~資格&スクール~

 

では、男性がネイリストになるにはどうしたらよいのでしょうか?

まず、ネイリストになるには資格は必要ではありません。

女性のネイリストの方でも未経験OKのサロンで働きながら資格を取得し、経験を積んでいる方もいます。

スクールに通う事で、他のスクール生からの刺激を受け、より感性が磨かれる事もあるかもしれません。

資格を取得していた方がより就職しやすく、待遇面でも資格手当が支給されるなど優遇される事が多く、今後のネイリスト人生にもプラスになると思います。

 

ネイリストへの道のり、仕事内容は男女共に同じですので参考にしてみて下さい☆

ネイルスクールは通学から通信まで、数多くあります。

スクールへ通うとやはり女性ばかり。

最初は戸惑うのは当然でしょう。

ただ、ネイルサロンへ就職した際もスタッフやお客様も女性がほとんど。

女性環境に抵抗がある方は、スクールに通う事で技術だけでなく、女性との接し方なども学ぶ事ができ一石二鳥♪

 

また今では比較的どこのスクールにも男性はいます。

年代も10代から40代と幅広く、40代の方はご自身でサロンを経営するために学ぶ方もいたり、

また美容師やヘアメイクの方など、美容に興味がある男性はトータルで知識を得たいとネイルの勉強をする方もいます。

 

そうは言っても、女性だらけの環境で勉強に集中できないな・・・という方は『男性専門のネイルスクール』があるのをご存じでしょうか?

http://www.vision-nail.com/index.html 

講師も生徒も男性。

まだ数少ないネイリストを目指す同志

同じ悩みを分かち合ったり夢や目標を共有したり・・・

更にネイリストへの夢が広がりますね。

男性ネイリストとしての苦労 ~接客~

ネイル業界へ少しずつ男性が進出してきたとは言え、まだまだネイリスト=女性という根強いイメージがあります。

 

頑張って資格を取得し、サロンへ就職できた!

これからは自分の技術で多くのお客様を笑顔にしよう♪

なんて思っていたが、いざ働くと男性であるネイリストにお客様が驚かれ、会話が弾まない事が・・・

男性ネイリストの方は一番初めに抱える問題です。

 

ただ常識は時代と共に変わっていくものです。

以前は美容業界では女性が当たり前のように多くいましたが、近年ではヘアメイクや美容師のプロとして活躍し、注目をされている男性が確実に増えています。

遠い昔、美容師は男性がいるのが珍しかった時代もありましたが、今はむしろ男性スタッフがいない美容室の方が珍しいですよね。

 

ファッションなどめまぐるしく変化する時代、働くスタッフも含めた美容業界も進化していきます。

そこは不安に思わず慣れと努力で乗り越えましょう。

 

ネイリストは「技術」と同じぐらい「接客」が重要です。

お客様が緊張している中で、自分も女性のお客様に対し緊張してはいけません。

まずは女性スタッフと打ち解けるなどして自信を持つ!

 

ただ、慣れだけでは一流のネイリストにはなれませんので、

①普段の生活でも物事を女性目線で見て感じる

②来店されるお客様は、爪はもちろん、美容やファッションに興味がある方が多いので、最新の話題やあらゆる知識に普段からアンテナを張っておく

③お客様が安心して施術を受けて頂けるよう、その時のお客様にあわせた空気感を作り上げる力を備え、女性に親しまれる話術や柔らかな雰囲気、清潔感を身にまとう事も必要です。

 

そうする事で信頼関係も築け、帰る時には綺麗になった指先に満足し笑顔で感謝の言葉を言っていただける事でしょう。

その時こそが、日々努力し頑張ってきた成果として、ネイリストとしてのやりがいを更に感じられる瞬間です。

 

また女性のお客様に限らず、男性のお客様も非日常的な落ち着いたサロンでケアをしてもらう事が格別のリフレッシュとなり、モチベーションも上がるという理由でサロン通いをする方が多くいますので、今日のお客様が何を必要としているか?相手の気持ちを汲みとる力をつけていきましょう。

今後、男性ネイリストも活躍する時代

今やSNSで情報発信ができる時代。

それをきっかけに元から自分でやっていたネイルデザインを世の中へアピールした事でネイリストとして注目を浴びたり、

元から手先が器用で家族や友人にネイルをしていた事がきっかけでネイリストになった・・・など

 

現在活躍する男性ネイリストは、女性同様「ネイルへの興味が少しでもあった」、「美容を通して女性を輝かせたい」などが理由でネイリストを目指した方が多くいます

 

爪を綺麗に整えたり、甘皮を処理したりするだけでも格段に見栄えがよくなり

そこに自分のアートやデザインを施すなどしてお客様の指先の印象を変え、そのお客様が輝く姿を直接見る事は、ネイリストとしての最高の喜びでしょう。

 

細かい作業が得意な人、接客が好き、カラーやアートに興味がある男性は向いている職業かもしれません。

 

人気の男性ネイリストになれば、芸能人やモデルの方など著名な人のネイルを担当したり、独立をしたり、高収入が目指せたり、ネイリストはあなたの努力次第で活躍の場をどんどん広げられる職業です。

まとめ

以前と比べ男性もネイル、脱毛、エステなど美意識の高い男性が評価され、堂々と清潔感&美を追求し実践できる時代です。

ファッションに興味があるように、美容は女性だけでなく男性へも浸透し今後も間違いなく拡大していく事でしょう。

 

実際に男性への美意識調査では「興味がある」「どちらかと言えば興味がある」という回答が半数を占めているそうです。

 

まだまだ少ない男性ネイリストですが、近い将来に女性と同じように活躍出来る可能性は十分にあります。

もちろん日々技術とセンスを磨く事を忘れてはいけません!

まずは、本気でネイリストになりたいという強い思いを持ち、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか!?

 

弊社サロンdeジョブは美容業界への就職・転職をサポートしています。

長年多くの美容求人を扱い、数多くのネイリストの方をご希望のサロンへ入れるようにお手伝いしてきました。

 

男性ネイリスト歓迎のサロンは、少しずつ増えてきています。

男性歓迎の求人一覧は⇒こちら

まだ掲載されいない求人もあったり、今後もどんどん新しい求人を掲載していきますので、まずはご相談下さいね。(費用は一切かかりませんよ)

 

これからの新しいネイル業界を担うあなたが、満足のいくサロンへ就職できるようにサポートしていきます。