サロンdeジョブ

書類選考を突破させる!履歴書の書き方 ~ネイリスト編~

良い印象を与える志望動機とは?

履歴書は応募するサロンに対して自分の事をわかってもらう、自分のデータベースとなるものです。

そのため転職や就職をする際には、履歴書作成は必要不可欠です。

学生の頃のアルバイト応募で書いた記憶があるけど、一般企業への就職はした事あるけど美容業界への転職は初めてなんだよなぁ〜・・・

いざ履歴書を書こうと思ったけど、これって合ってるかな?と不安に思われて色々調べている方!

書類選考で失敗しない履歴書の「基本」&「作成のポイント」を記載していきます。

ネイリストに特化した求人情報を探す

履歴書の添削をお願いする

履歴書の書き方のポイント!

就職活動における選考は履歴書での書類選考から始まり、また面接でも履歴書を見ながら進めていく事がほとんどです。

履歴書には情報を正しく記載し、
空白を作らないことが基本

採用担当者に好印象を持ってもらい「是非会って面接をしてみたい!」そう思ってもらえるように丁寧に作成していきましょう。

基本情報

まず、日付は西暦でも元号でもどちらでも大丈夫ですが、表記は見やすいようにどちらかに統一します。

履歴書の基本情報

  • STEP1
    ①日付
    発送する日付、もしくは面接で持参する日。
    => この項目を見る
  • STEP2
    ②写真
    接客業でもあるネイリストは、第一印象が大事です。
    => この項目を見る
  • STEP3
    ③氏名
    ふりがなは、「フリガナ」であればカタカナ、「ふりがな」となってていればひらがなで記載します。
    => この項目を見る
  • STEP4
    ④住所
    郵便番号は必ず記載し、都道府県からマンションやアパート名まで全て記載します。例え長くて1行に入りきらなくても省略はせず、2行に分けて記載します。
    => この項目を見る

①日付

内容を先に書き、日付を後で入れるケースが多いので、比較的多い不備(未記入)の一つでもあります。最終確認をしっかり確認しましょう。

②写真


写真は履歴書を見た時に一番先に目が行きあなたの印象として残ります。

3か月以内に撮った写真が原則と言われていますが、極端に髪型を変えた場合など現時点の容姿と著しく変わった場合は撮り直しましょう。

自分でうまく撮れない場合、履歴書用の写真を撮ってくれる専門の写真スタジオなどもあり、応募する職種に応じてアドバイスをしてくれたり、ヘアメイクもしてくれますので活用するのも一つの手です。

また写真の裏には氏名を記載するのをお忘れなく。

面倒だからと手を抜かず、自分がベストと思える写真を!
NGな写真
  • 正面を向いていない、帽子やサングラスを着用している
  • 清潔感がなくヨレヨレ、または露出の多い服装などを着ている
  • プリクラ、プライベートで撮ったスナップ写真
  • 写真が曲がっている
  • 写真の切り方が雑
  • 規定のサイズでない(大きすぎる、小さすぎて枠が見えている)

③氏名

ふりがなは、「フリガナ」であればカタカナ、「ふりがな」となってていればひらがなで記載します。

③住所

番地は〇丁目〇番地〇号と記入するのが正しい書き方です。

また、ふりがなは都道府県と市町村までで大丈夫ですが、マンションやアパート名が読みづらい場合はふりがなを記入しましょう。

下宿や同居で住所の表札と苗字が違う場合は「表札の苗字⇒〇〇方」と書いておくとよいでしょう。

④学歴

1行目は<学歴>と中央に記載し、2行目より学校名を記載していきます。

中学校からか、高等学校から記載するかは明確な決まりはありません。

中学校卒業から記載した方がより丁寧ですが、転職回数が多かったり職歴が豊富で欄に書き切れない場合は、高校卒業からでも構いません。

中学から高等学校と大学と学校名が同じでも「同上」「〃」などせず、正式名称を記載。

職歴

学歴の下に1行空け、<職歴>と中央部分に記載します。

時系列で略さず、正式名称で記載していきましょう。

また正社員かアルバイトか、どんな業種であったかがわかるようにも記載します。

まだ退職せず在職中の場合は「現在に至る」と記載。

最後は“学歴も職歴もこれで終わりです“という意味で右寄せで「以上」と記載します。

これは改ざん(追加)を防ぐためでもあります。

アルバイトも職歴?

基本アルバイトもどんな職種でも立派な経験です。採用側は、前職での雇用形態ではなくサロン側で求めている人材か、経験、スキルを見ていますので接客業の経験など、ネイリストとして活かせる業務は積極的にアピールして下さいね。

短期のアルバイトは記載する?

履歴書へ記載するか、しないかは法的には定まっていなく経歴詐称にも該当しないので記載するか、しないかは自由です。

あまりにも短すぎる期間で辞めてしまった仕事は、採用担当者に「長く働けずに、すぐ辞める人かな?」と感じられてしまうので省いた方が無難ですが、その空白の期間は「何をしていたか?」と疑問を持たれ、問われる事もあります。

会社側の理由や家庭の都合などしっかり説明できる理由がある場合は、きちんと記載しておけば採用担当の方にも伝わります。もし短期のアルバイトでもアピールしたい場合は、自己PRの欄に記載しましょう。

転職歴が多いから不利?

「転職回数が多い」 = 「うちのサロンでもすぐに辞めてしまうかも」とマイナスなイメージを与えてしまいがちです。

ただ在職期間がそれぞれ3年を超えている場合などは、その業務で得た経験は評価される事も多いので、転職回数の多さもプラスと変換し自信を持ってアピールしていきましょう。

転職回数が多く就業期間も短い場合は、担当者の方から指摘される事を踏まえ、転職回数が多い事を有利に感じてもらえるような理由を事前に用意しておきましょう。

多くの経験をしたかった、様々な業界を見たかった

それぞれの仕事で得た経験が自分の糧とできている

それを今度どう活かせるか

これからどうしたいのか

これらをしっかり説明できると良いですね。

『自分の成長のため、あくまで目的があった事を担当者に印象づける事が重要です』

職歴に虚偽があった場合、
採用の取り消し、また解雇の理由として規定しているところもあります。

「嘘」を記載して採用されたとしても自分も常にばれる危険性を感じ、自信を持って働く事ができませんよね。

お互い信頼関係を築き長く働いていくためにも、事実を記載しましょう。

資格

資格は正式名称で、取得年月日順に記載します。


現在はまだ取得をしていなくて、取得に向けて勉強中なんだよな〜

そのような時は、「〇〇資格取得に向けて通学中」「〇年〇月JNECネイリスト技能検定試験△級取得予定」などと記載して構いません。

資格が何もない場合は「特になし」と記載します。

書く事がないからと虚偽は絶対にNGです。

後々資格証明書や合格証の提出が必要になった際にばれてしまいます。

志望動機

志望動機欄は、履歴書のなかでも自分をアピールできる項目として最も重要です!

限られたスペースの中で、

  • なぜそのサロンで働きたいのか?
  • 自分がそのサロンでどう貢献できるのか?

それらを自分の熱意を伝え、採用担当者の方に選んでもらえるように、しっかりまとめて前向きな気持ちを記載しましょう。

自己PR(趣味・特技)

ネイリストとして活かせそうな内容、採用担当者に興味をもってもらえる事など必ず記載してください!

「空欄」や「特になし」の記載は書類選考に落ちやすいので止めましょう。

特別な事でなくても、普段の生活の中での些細な事を人の強みとして考えてみて下さい。

但し、ギャンブルや犯罪を思わせるような事は避けて下さいね・・・!

ポイント

この欄で採用担当者はあなたがどんな人なのか?普段の生活や、性格の傾向などあなたの情報を収集し、これから一緒に働ける人材か?と判断する材料となります。

また、面接では緊張をほぐすために、趣味や特技の話題を切り出してくれる事もあります。

自分の話題ですから積極的に採用担当者とのコミュニケーションを図る事ができますので、笑顔で自信を持って話しましょう!

本人希望欄

就業する上でどうしても伝えておかないといけない条件を記載する項目です。

あくまでも「この条件がないと働けない」という希望がある場合です。

単に「残業はできません」「給与がこれ位欲しい」など自分の一方的な希望だけを書くとあまり良い印象は持たれません。

特に希望がない場合は「貴社の規定に従います」と記載します。

履歴書の添削を
お願いする

良い印象となる重要な「志望動機」

今までの職歴は事実として変える事はできませんが、志望動機は内容や書き方では大いに自分をアピールする事が可能です。

良い印象を与える志望動機とは?

  • 学校を卒業してから、すぐにネイリストを目指す方
  • 一度ネイル業界を離れたけど、やっぱりネイリストがいい!と戻ってきた方
  • 様々な業種経験してきた結果、新たにネイリストとして活躍していこうと思った方

そして皆それぞれ、就職する上での条件や希望するサロンも違います。

ただ、ネイリストへ懸ける思い・熱意は一緒です。

そのため他の人と同じような動機ではなく、採用担当者に印象づける内容を書くことが書類選考を突破できる秘訣です。

ネイリストにとって最も必要な事は「技術力×接客力」であるのは間違いありません。

それ以外にも、「採用担当者が面接する上で重視する点」や「ネイリストとして必要な事」を把握しておき、そこに「自分の強み」や「培ってきた経験」、「自分の特技や得意とする事柄」を繋げてみましょう!

詳しくは、面接官に刺さる志望動機の書き方のコツという記事でも説明しています!

あなたの強みをアピールできる志望動機が完成していきます。

採用担当者が面接で重視するポイント

採用担当者が面接で重視するポイント

サロンによって採用担当者が面接で重視するポイントは、様々ですが下記3つのポイントは必ず見ています。

  • どうしてうちのサロンを選んだのか
  • サロンに馴染み、長く働いてくれるか
  • サロンにしっかり貢献し、お客様を取り込んでくれるか

ネイリストとして必要なこと

ネイリストに必要なことは主に4つあります。

ネイリストに必要なこと

  • 【努力】
    ⇒技術への向上心を持ち続ける事、常に流行に敏感である事
  • 【人間洞察力】
    ⇒お客様の思いや状況を読み取る力
  • 【体力】
    ⇒休憩や休みが思い通り取れないことで、身体に限界を感じ辞める方もいます
  • 【コミュニケーション力】
    ⇒接客業としては必須。且つ女性が多い職場での人間関係に悩む方も多くいます。

人気のネイリストとして活躍していきたい

指名をたくさん取って高い給与をもらいたい

キャリアアップを図っていきたい・・・

他のネイリストより一歩先を目指していきたい方は、自分にしかできない強みを明確にしたり、これから自分が強化していくべき事を理解しておくことが大切です。

年々ネイリストへの人気は高まり、ライバルが多いからこそ、あなたらしい志望動機を考え、他の応募者と差別化し、しっかりアピールしていきましょう。

他にもこんな点を注意しよう!

今まで説明したような基礎項目以外にも気をつけるポイントがたくさんあります。

持参、渡す際のマナー

せっかく書いた履歴書なのに、渡すときのマナーからすでにマイナス評価・・・。

なんて事のないようにしましょう。

まず履歴書は、クリアファイルに入れ持参することをおすすめします。

そうする事でカバンの中でぐちゃぐちゃになったり、飲み物などの水滴がついて塗れてしまうなんて事は回避できます。

担当者へ渡す際は、クリアファイルや封筒から出して渡して下さい。

相手の方が読める方向で”両手”で差し出し、


本日はお忙しいところ有難うございます。履歴書を持参しましたのでご確認よろしくお願いします。

と言葉を添えると印象も良いです☆

履歴書を渡すたった一つの事でも、その人の気遣いさや丁寧さが伝わります。

特にネイリストはお客様相手です。

ちょっとした気配り、心配りができている人こそが、実際にお客様を相手にした時にお客様の心を動かします。

ネイリストを目指す方は、普段の何気ない行動にも意識を向けて行動してみましょう。

職務経歴書

一般企業への面接の際は、「履歴書」「職務経歴書」はセットで提出する事が一般的ですが、

ネイリスト業界では「職務経歴書」の提出は不要な所がほとんどです。

面接の際に職務経歴書の提出が求められた場合のためにも、職務経歴書についても知っておきましょう。

職務経歴書とは

履歴書とは違い決まった書式もなく、A4サイズ1~2枚に自由に自分をプレゼンテーションする書類です。

今までどういった内容の仕事をしてきたのか(自分のキャリアやスキル、経験のレベル)、行ってきた仕事の成果、実績などを詳細に記載し、企業に貢献できることをアピールしていきます。

自分をアピールするには、自分を振り返り&知る(自己分析)ことが必要になります。

「志望動機の書き方」にも記載していますので、参考にして下さい。

また、他業種で働いてきた方も、ネイリストとして活かせる事柄をメインに書いていきましょう。

例えば、『接客&コミュニケーション力』、技術向上するのための努力や勉強などに必要な『向上心がある事』、店長や責任者としての『マネジメント、人材育成経験』など・・・

まずは応募するサロン側でどういった人材が欲しいのか?を把握し、それに合わせたアピールをしていきましょう。

「うちのサロンでなくても、他のサロンでも良いんじゃない?」と問われる事のないように、なぜそのサロンで働きたいのかをしっかり記載して下さいね。

履歴書添削&作成フォローあり!
サロンdeジョブのご紹介

ネイリスト求人情報があるサロンdeジョブ

サロンdeジョブとは

美容業界の転職活動を履歴書の書き方から面接の指導・ポイントの伝授、スケジュール決めなどトータルでサポートしてくれる転職サイト

=> ネイリストの求人を覗いてみる

そもそも人材紹介会社とは何だろう?と思っている方のために簡単にサービスをご紹介します。

人材紹介会社とは、厚生労働大臣の許可を受けて、就職(転職)活動を総合的にサポートしている会社です。

求職者の方に対して、無料でご希望にあった求人紹介をし、書類選考、面接日の設定、採用が決まった場合は入社日や給与などの条件確認(交渉など)をサロンと求職者の方の間に入っています。

相談して悩みを解決しませんか?

長年に渡り、美容業界へ転職される多くの方のお悩みを解決しサポートし、登録者の方が満足のいくサロンへ就業できる様、お手伝いをしてきました。

(もちろん登録から採用まで、一切費用はかかりません♪)

今後ネイリストとして活躍されるあなたをしっかりサポートさせて頂きます!

ネイリストの求人情報から
新しい職場を見つける