サロンdeジョブ

<ネイリストの髪型、髪色>は個性のひとつ?現役ネイリストに聞いた意外な髪型最新事情!

どんな仕事でもキチンと身だしなみを整えておくことは社会人としての最低限のマナー。

接客業でもあるネイリストは、常にお客様と近い距離で接することもあり、見た目に気を遣う方も多いのではないでしょうか。

これからネイリストとして働きたい!と思ったとき、ネイリストとしてふさわしい髪型に迷いませんか?

サロンによっては、「髪型・髪色自由」というところもあるようですが、

サロンの雰囲気やコンセプトに合ってないと判断されれば、注意をうけたり、そもそも面接に受からなかったり。

 

指先の美しさを提供する華やかな業界で働くネイリストにふさわしい「髪型・髪色」事情を、現役ネイリストに話を聞きながら、まとめてみました!

ネイリストの身だしなみの基本

お客様と近い距離で接するネイリストは、スタッフ一人一人がお店の顔とも言えますね。

ネイリストの外見の印象が悪くて、技術が良くてもお客様が定着しない…

そんなことにならないように身だしなみをきちんとすることは、働く女性の基本中の基本です。

 

お客様に不快感を与えないようにするためには、何をおいても清潔感が一番!

ネイリストの検定では、服装や髪型などの「身なり」も審査ポイントに含まれています。

服装や髪型の詳細な指定はありませんが、「ネイリストとしての自覚と節度」をわきまえた「身なり」が求められていることからも、検定時の重要ポイントであることは勿論のことです。

 

さらに、検定時は清潔さを保つため消毒されていないものに触った場合は手を消毒してから施術を行うことが求められます。

例えば、自分の髪の毛を触ってしまった後なども、必ずその都度消毒が必要。

無意識に髪の毛を触る癖がある女性は多いので、検定時に注意したポイントではなかったでしょうか?

 

実際にサロンで働くにあたっても、検定時と同様、清潔感を保ちながら、お客様にいい印象を与える。

ネイリストの髪型は、大切な要素の一つです!

好印象を与える!面接時の髪型・髪色のポイント

まず、清潔感を一番に優先させてください。

お手入れが行き届いている印象を与えることがとても大切です。

オシャレな髪型も大切ですが、髪型次第で集中力すら変わってきてしまうのが実情です。

面接前にサロンの情報を収集し、サロンの雰囲気をホームページやwebサイトなどで確認してみましょう。

サロンの雰囲気を自分の中でイメージし、印象をよく見せるよう心がけましょう。

髪色も奇抜なカラーで面接に行くことは、絶対におすすめしません。

また、面接時に実技試験をするサロンもありますので

実技試験中に髪の毛が邪魔にならないように、すっきりまとめておくこともとても重要です。

身だしなみも万全な状態で、当日の面接に臨んでください。

入社後のサロンワーク中の髪型

ネイリストの場合、勤務先によっては身だしなみとして、髪型、髪色に厳しい制約があるサロンもあります。

たとえば、あまりにも派手なヘアアクセサリーは禁止、茶髪、ブリーチなども禁止といった職場もあります。

しかし、その一方で、流行に敏感なネイリストが多いのも事実。

 

実際にはオシャレを楽しみたい女性が多く働いているため、就業時のみ規定を守って、仕事終わりにオシャレを楽しむ人も多くみられます。

長く活躍する先輩ネイリストたちは、上手にバランスを取りながら、仕事とプライベートの両方を楽しんでいます。

たとえ厳しい規則があるようなサロンであっても、ロングからショートまで、あなたの工夫次第で簡単にできるヘアアレンジは無数にありますので、ぜひサロンの雰囲気に合わせて色々な髪型を楽しんでみてください。

現役ネイリストおすすめ☆サロンワークにGOODな髪型とは!

現役のネイリストからお話を伺いました!

 

サロンワーク中の身だしなみ、髪型について、おすすめはありますか?

お客様を真正面でお迎えし、ネイル道具を取る時などに横や後ろを向くことも多いので、

実際に髪型は頻繁に見られているものと認識しています。

清潔さを第一にまとめる、と言っても、ただ束ねているだけではなく、トップにボリュームを出したり、ふんわりと一つにまとめながらも、サイドの髪が落ちてこないようにきっちりとピンでとめます。

優しい印象をかもし出しながらも、施術中に髪の毛が落ちてきたり、頻繁に髪を触るようなこともなく、仕事に集中することができます!

さらにおすすめのアップスタイル、ヘアアレンジを2つご紹介します!

1.簡単!カジュアルお団子アップスタイル

手ぐし跡を残したざっくりしたバックで抜け感のある簡単お団子です。

【Step1】髪全体をざっくりと高い位置にまとめ上げます。

      ※下はたるませるように意識すると◎

【Step2】頭頂部よりも少し下の位置で、きつめにしっかり結びます。

      お団子結びにし、毛先は抜き切らない状態にします。

【Step3】余った毛先は結び目にくるっと巻きつけてゴムを隠します。

      崩れないようにピンでしっかりと固定します。

【Step4】お団子を少し崩して抜け感を出して完成!

     ※崩しすぎないように注意

2.くるりんぱを一工夫!編み込み風アレンジ!

【Step1】ハーフアップをし、それを“くるりんぱ”します。

【Step2】“くるりんぱ”をルーズにほぐし、下の髪を半分に分けます。

【Step3】“くるりんぱ”した毛先を挟むようにして結びます。

【Step4】3を“くるりんぱ”します。

【Step5】毛先を三つ編みし、下まで三つ編みしたら結びます。

【Step6】最後に三つ編みをルーズにほぐして完成!

まとめ

お客様に好印象を与える!

接客業であるネイリストの技術に+αの部分ですが、お客様に美しさを提供するのがネイリストの仕事。

そのためにまずは身だしなみをきちんと整えて、お客様から憧れられるような、清潔感と女性らしさを兼ね備えていることが大切です。

 

清潔感を保ちつつ流行のアレンジやヘアアクセサリーを利用して、常にプロのネイリストとしての美意識を保つことを忘れないようにしましょう!