サロンdeジョブ

ネイリスト★転職を成功させるために大事なこと★ ~効率の良い転職活動・自分に合ったサロンの選び方~

ネイリストは離職率が非常に高い職業とされています。

美容専門学校やネイルスクールを卒業してネイルサロンで働き始めても、1年以内に辞める人が半数を超えているのが現実です。

でもなぜ、せっかく働き始めたネイルサロンを辞めてしまうのでしょうか…

未経験からスタートした方は、理想と現実のギャップに打ちのめされて辞めてしまうことも多く

経験者の方でも別のネイルサロンへ転職する場合が多いですが、その理由はなぜなのでしょうか?

今回は、ネイリストの多くが経験するかもしれない転職の仕方について見てみましょう!

ネイルサロンへの転職

みんなの転職理由は?

・給与など待遇面での不満

未経験や経験が浅いと最初は我慢しなければならないことも多いですが

経験を積んでも給与などの待遇面で反映されないサロンが少なくないようです。

頑張りや成果を認めてくれる環境でなければ、モチベーションも下がる一方です。

 

・キャリアアップ

ネイリストとしてキャリアアップしたい、次のステップにチャレンジしたい、など自身の成長のための転職も。

経験を積むことで自分のネイリストとしての素質を知り、得意不得意や、好みなどで理想のサロンが見えてきます。

経営している会社やオーナーによって様々なカラーのサロンがありますので、自分に合ったサロンを見つけて、理想の環境でネイリストとして躍進したいですよね。

効率の良い転職活動を行うには?

では、実際にみんなどのように転職活動を行っているのでしょうか。

働きながらどうやって次のサロンを決めたら良いのか、今のサロンへは退職することをいつ頃伝えるべきか、退職してから転職活動をした方が良いのか…

仕事をしながら転職活動を行う場合と退職してから開始する場合で、どちらが正解ということはありません。

まずはそれぞれのメリット・デメリットを把握して是非自分に合った転職活動方法を見つけましょう。

◆仕事をしながら転職活動をするメリット

・経済面での心配が無い

収入が無くなることは無いため、思うように転職活動が進まなくても、納得のいくまで転職活動を続けられます。

 

・職歴にブランクが生じない

会社にもよりますが、長期間のブランクはマイナス要因になることもあります。

転職者自身も、ブランクが無ければスキルの低下や感覚が鈍る心配はないですね。

 

・妥協せず時間をかけて検討できる

他のサロンを検討してみた結果、現在のサロンを続けるのがベストという選択肢も無いとは言えません。

万が一働き方について考え直したくなった時は、焦らずじっくり悩むこともできます。

◆仕事をしながら転職活動をするデメリット

・転職活動にあてる時間が限られる

仕事をしながら転職活動をするとなると、時間のやりくりが難しいかもしれません。

勤務後や休日は日頃の疲れでゆっくり休みたいと思うと、

集中して取り掛かれず、準備不足となると、思うような結果が得られない可能性も。

 

・日程調整が難しい

面接となった場合でも、先方と日程を合わせるのが難しいこともあります。

始めは有給や早退で対応することができても、選考中の企業が増えると今、働いているサロンへ迷惑をかけてしまうかもしれません。

 

・転職活動期間が長引く

経済面に心配がないからこそ、危機感が無くいつまでも転職活動を続けてしまいがちです。

在職中に転職活動を行う場合は、いつまでに転職活動を終わらせるかなど予定を立てて進めていくことをオススメします。

◇退職をしてからの転職活動のメリット

・転職活動に集中して取り組める

履歴書や職務経歴書の作成にもじっくり向き合うことができ、自分のことを見つめ直す時間もできます。

面接の準備も十分に行え、企業研究をしっかり行うことで、面接も自信を持って挑めますね。

多くの求人にチャレンジすることも出来るので、気持ちも途切れることなく行えます。

 

・日程調整がしやすい

面接が複数あった場合にも、日程の調整が柔軟に対応出来ます。

希望の就業開始日も、退職していればサロンの希望に添えるなど、すぐに働いて欲しいと思っているサロンにとっては評価されるポイントになります。

◇退職をしてからの転職活動のデメリット

・経済面での心配

貯蓄に余裕がないと生活面が心配になりますね。

自己都合での退職は失業保険の受給も時間がかかります。

焦って転職先を決めてしまわないように、ある程度の貯金はしてからが良いでしょう。

 

・長期間のブランクは不利に

ブランクが長くなってしまうのは選考でも不利になってしまう可能性がありますので、スピード感を持って短期集中で行うのが良いでしょう。

 

以上、それぞれのメリット・デメリットをよく理解した上でどちらのタイプが合っているかは、現在の自分の状況や性格などで判断してみると良いでしょう。

転職先サロンの選び方

・自分に合ったサロンを見つけよう

今辞めたいと思っているサロンも、入社当時は何かしら魅力があったから決めたはず。

自分に合わなかったとしたら、その原因は何かをしっかり探りましょう。

サロンの環境が原因なのか、方針の違いにあるのか、自分自身の成長のためなのか…

これからの自分に合ったサロンに求めるものを書き出して整理してみましょう。

 

・自己分析の必要性

また、そのためには自己分析をしてみましょう。

転職活動では、自分のセールスポイントを相手に上手に伝えなければなりません。

自分のことを知ることが、相手にも伝わりやすくなるポイントです。

過去に一度は自己分析をしたことがある人でも、年齢や経験で新たな発見があるかもしれません。

なりたいネイリストとしての未来像が鮮明になることで、志望動機などもブレなくなるでしょう。

自己分析をした結果、スキルアップや資格を取るなど、自分が変わる必要が出てくる場合もあるかもしれません。

資格を取ることで自信が持てて良い転職活動に繋がるきっかけになります。

 

・企業(サロン)研究をしよう

自分のことを知ったら、次は働きたいサロンのことを研究しましょう。

募集要項で確認できる給与や待遇面などの条件だけでなく、会社の理念やサロンの雰囲気などホームページなどで調べられることはとことん調べましょう!

可能であれば、実際にサロンを訪れてみるのもいいでしょう。

まとめ

・転職を成功させるために大事なこと

冒頭でお話ししたように、憧れのネイリストとしてデビューをしたものの厳しい現実に圧倒されて、1年未満でやめてしまうネイリストも多くいます。

ですが、まずは1年続けてみる努力や忍耐は、この先どんな仕事をする上でも必要な経験だと思います。(相当なブラック企業の場合は別ですが…)

また、他のサロンへ転職する際には、ネイリストとしての経験値が必ず問われます。

サロンにもよりますが、1年を満たないと未経験と同じ待遇として扱われることも。

小さな目標でもいいので、自分自身で納得のいく所まではやり遂げ、それでも辞めたい場合は転職活動をしましょう。

 

・紹介会社も利用してみよう

転職活動のプロとも言える、紹介会社を利用してみるのもいいでしょう。

第三者に相談すると、自分の状況が客観的に見えるようになります。

また、自分以外の転職例や企業ホームページだけでは分からない貴重なサロン情報が知ることができたりなどお得なことも多いでしょう。

転職活動に行き詰まった時は、一人で悩むよりもスムーズに転職活動が進むと思います。

当社サロンdeジョブは美容専門の職業紹介会社です。

担当は専任のキャリアコンサルトがつきますので、採用まで親身になって転職活動をサポート致します。

仕事をしながらの転職活動も、退職してからの転職活動も、過去様々な成功事例を経験している心強いキャリアコンサルトですので、きっとあなたの転職活動にも役立てると思います!

まずはお気軽にご相談ください!