サロンdeジョブ

エステティシャンになりたい!~仕事内容&向いてる人とは?~

多くの女性の憧れの職業、『エステティシャン』

その仕事の実態は、やりがいがあると同時に「体力」と「コミュニケーション能力」を必要とする大変ハードなものです。

今回は具体的な業務の流れと、向いている人の特徴についてご紹介致します。

エステティシャンの具体的な仕事内容

エステティシャンとは、全ての女性の“美しく健康でありたい”という願いに応え、全身への施術を行う『美のスペシャリスト』

お客様に様々な美容のご提案をする存在であるため、エステティシャン自身も美容に大きな興味を持ち、自分の美と健康に磨きをかけている方が多く見られます。

そのため、エステティシャンは美を追求する女性にとって“憧れ”の存在でもあります。

では、エステティシャンの仕事とは具体的にどんなものなのでしょうか。

エステティシャンの主な仕事内容
  • 来店されたお客様のカウンセリング…お客様それぞれが持つ「外見・内面へのお悩み」を伺う
  • お悩みに沿ったメニューのご提案…お客様のご予算などもお聞きし、提供できるメニューをご提案
  • ボディ、フェイシャル、リラクゼーションメニューなどの施術
  • 効果的なアフターケアの指導

エステサロンには“癒し”を求めてご来店されるお客様や“小顔” “痩身”を目的としてご来店されるお客様など、様々なご要望を持ったお客様がいらっしゃいます。

エステティシャンには、そのようなお客様のご要望を叶えるメニューを提案し、かつ専門的な視点から効果的なアドバイスをすることが求められます。

また、生活や食事面でのアドバイスにいたるまで『トータルな美のアドバイザー』的な役割を担い、お客様と二人三脚で目標達成のため一緒に努力することもあります。

そのため、お客様が目標を達成して喜んでいただけた時や、施術の効果が目に見えて現れた時の喜びはひとしお。

エステティシャンは、お客様に笑顔で感謝していただける、やりがいのある仕事です。

カウンセリング・施術以外の業務では、

  • 開店準備
    店内の清掃、器材の消毒、一日の予約の確認、薬剤などの在庫管理
  • ご来店のお客様の受付、お見送り
  • 施術後のベッド、座席周りの清掃
  • 営業活動
    お客様に次回の施術予約獲得、ホームケアのコスメなどの販売

などの活動があります。

サロンに入社したエステティシャンには、大方の場合『営業ノルマ』や『売り上げ目標』が付きます。

目標金額を達成すると、「達成手当」や「店販歩合」など、頑張った分だけ基本給に上乗せされる歩合制度を持ったサロンも多数あります。

収入アップを目指す方は、そういった歩合制度を持つサロンへの就職を目指すことをお勧めします。

ノルマ達成のため、施術のかたわら常にアンテナを張って、お客様が途切れないように営業活動を行うことが達成への大きな近道。

エステティシャンには施術のテクニックだけではなく、お客様への営業的な働きかけも求められます。


エステって営業もしないといけないの?嫌だなぁ…

と思われた方もいらっしゃるでしょう。

そのお気持ち、とてもよく分かります…。

お客様に高額な商品を売らなくてはならないなんて、気が重いし、ストレスを感じてしまいますよね。

でも、考え方を変えてみてください。

あなたが施術のテクニックを一生懸命磨き、あなたを信頼してファンになってくださるお客様が現れればお客様の方から、「たくさん通いたいのでコースをお願いできますか?」と、おっしゃっていただけるかもしれません。

そのような、「お客様から求められる」「愛されるエステティシャン」に成長できれば、売上は自然とついてきます。

まずはひたすらカウンセリング力と技術を高め、日々の勉強を怠らないことが大切です。

そのほかに、お客様に対して安全で的確な施術を行うには、

  • 皮膚の基礎知識
  • 身体、筋肉組織の構造

といった医学的な知識の習得が必要です。

エステティシャンを目指される方は、まずは座学の勉強で、人体の構造についてしっかりと学びまましょう。

エステティシャンになるには資格は必要?

専門的な知識も必要とされるエステティシャンの仕事ですが、エステサロンの就職では「資格必須」とするサロンは少ないです。

資格を持たずに入っても、勤務時間内で先輩スタッフに教えてもらいながら施術を覚え、エステティシャンとしてデビューすることができます。

美容専門学校を卒業していないと就職できないというサロンもありますが、エステティシャンの仕事は、たとえ美容業界が未経験の方でも“心機一転”チャレンジしやすい職種と言えます。

施術内容の紹介

エステティシャンの施術内容は、サロンの持つ特徴によって異なります。

エステサロンで扱っている主なメニュー
  • フェイシャル
    手技や美容器具を使用し、顔へ施す施術
    (小顔ケア、フェイスラインのむくみ・たるみの軽減、目元・眉間のシワ・毛穴のケアなど)
  • ボディ
    全身(足、腕、ウエスト、お尻)のボディケアを行う施術
    (リンパの流れの改善によるむくみ取りや、マッサージによるコリほぐし、ロミロミ、アーユルヴェーダなど、リラクゼーションや肌質の改善を目的としたメニュー多数あり)
  • 痩身
    ボディケアの中でも「痩せること」を第一の目的とした施術
    (ハイパーナイフ、ハイフ、サーモシェイプ、カッピング、EMS、脂肪冷却痩身、リンパマッサージなど。最新技術が続々登場する日進月歩のジャンル)
  • 脱毛
    専用の器具を使い、脱毛をする施術
    (光脱毛、ワックス脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛。ただし、レーザー脱毛とニードル脱毛は医療機関でないと施術できないため、多くの脱毛サロンでは光・ワックスによる脱毛を行っている)
  • ブライダルエステ
    ブライダルの前に全身をトータルで美しくするメニュー

エステサロンには多数のメニューがあり、働きたいサロンを選ぶ時には迷ってしまいますよね。上記のメニューの中でも、「施術者が座って行えるメニュー」「専用マシンを使ったメニュー」がメインのサロンは、働く側としては体力的に負担が少ないです。

逆に、オールハンドでのボディトリートメントなどは、全身を使った施術となるため施術者に大きく負荷がかかります。

あなたに向いているのはどんなサロン?

  • 集中力に自信がある方
     → 繊細な施術が必要とされる「脱毛」や「フェイシャル」
  • 体力に自信のある方
     → ダイナミックな手技が必要とされる「オールハンド(ボディ)」や「痩身」

というサロンの選び方も、ぜひヒントにしてみてください。

エステティシャン~1日の仕事の流れ~

1日の営業時間の長いエステサロンでは、スタッフが「早番」と「遅番」に分かれるシフト制を採用しているところが多いです。

今回は「早番」スタッフの1日の流れを追ってみたいと思います。

エステサロンのオープンの時間はサロンによって異なりますが、大方のサロンではオープンの30分前から1時間前に出社して、開店準備を始めます。

「早番」スタッフの1日の流れ(例)

  • STEP1
    【9:00】
    出勤・開店準備・スタッフミーティング
    本日ご予約のお客様を、予約表とカルテを見ながらチェック。お客様に心地良い癒しの時間を過ごしていただくため、店内の清掃は丁寧に行います。
  • STEP2
    【10:00】
    開店
    お客様をお出迎え。体調やお悩みなどを詳しく伺いながらカウンセリングを行います。
  • STEP3
    【11:00】
    施術終了
    お客様に施術後のご感想をお伺いし、次回のご予約日を設定。その後、玄関まで付き添いお見送りをします。
  • STEP4
    【12:00】
    休憩
    スタッフ同士で時間交代でお昼休憩を取ります。
  • STEP5
    【13:00】
    2組目のお客様
    体調やお悩みなどを詳しく伺いながらカウンセリングを行います。
  • STEP6
    【15:00】
    不足商品の発注・店内の事務作業
    店内備品・不足しているものなどをチェックし、発注。
  • STEP7
    【16:00】
    3組目のお客様
    施術と施術の合間に軽いストレッチなどを挟むと良い気分転換に♪
  • STEP8
    【17:00】
    施術の練習
    施術と施術の合間に軽いストレッチなどを挟むと良い気分転換に♪
  • STEP8
    【18:30】
    本日の業務終了
    業務報告と、明日の予定の確認が終わったら業務終了。仲良しの早番スタッフと帰りの時間が合えば、一緒にご飯に行くことも。

【9:00】出勤・開店準備・スタッフミーティング

本日ご予約のお客様を、予約表とカルテを見ながらチェック。

施術の内容やお客様に合わせたトークをイメージしながら、業務の流れをロールプレイングします。

お客様に心地良い癒しの時間を過ごしていただくため、店内の清掃は丁寧に行います。また、施術に必要なタオル・器具・コスメ等の準備や、お客様にお出しする飲み物の準備もしておきます。

スタッフミーティングでは、「前日までの売上数字」や「本日の売上目標」の確認も行い、スタッフ間での意識の共有を図り、士気を高めます。

【10:00】 開店

1組目のお客様をお出迎え。

ご新規のお客様なので、体調やお悩みなどを詳しく伺いながらカウンセリングを行います。

カウンセリング後はお客様のご要望にお応えするメニューをご提案し、実際の施術に入ります。

【11:30】 施術終了

お客様に施術後のご感想をお伺いし、次回のご予約日を設定。

その後、玄関まで付き添いお見送りをします。

お客様の満足された笑顔が、何よりも嬉しい瞬間です。

施術後は使った器材の消毒や清掃をし、次のお客様に備えます。

【12:00】 休憩

お客様が途切れたところで、スタッフ同士交代でお昼休憩を取ります。

あくまでもお客様のご予約に合わせて休憩を取るので、休憩時間が午後過ぎにずれ込むことも。

【13:00】 本日2組目のお客様

常連のお客様がご来店。楽しいトークが弾みます。今日は特別に、お客様のお好きな紅茶をご用意してお待ちしていました。喜んでもらえるかな?

【15:00】 不足商品の発注・店内の事務作業

お客様が途切れたので、店内備品・不足しているものなどをチェックし、発注。

お客様のカルテに商品の購入状況を記入したり、お客様の趣味やご興味のあることを書いておくのも大切な仕事のひとつ。

【16:00】 本日3組目のお客様

少し体も疲れてきましたが、頑張って施術に入ります。

施術と施術の合間に軽いストレッチなどを挟むと良い気分転換に♪

【17:00】 施術の練習

本日のお客様、全て終了♪

時間が空いたので、新しい美容器具の使用方法を確認し、練習をします。

空いているスタッフ同士、お互いに効果をフィードバックしながら行います。

【18:30】 本日の業務終了

業務報告と、明日の予定の確認が終わったら業務終了。

仲良しの早番スタッフと帰りの時間が合えば、一緒にご飯に行くことも。

以上が一般的なエステサロンに勤務するエステティシャンの1日の流れになります。

お客様のご来店時間によって1日の流れや終業時間が組み立てられますので、毎日同じルーティンで業務が進むということはありません。

エステティシャンという仕事は、同じことの繰り返しではない新鮮な毎日を送れる“楽しい”仕事でもあります。

まとめ

エステティシャンという仕事の魅力は、なんと言っても、“お客様に喜んでいただける、感謝される仕事”だということ。

「ありがとう、あなたのおかげで効果が出たわ♪」と、おっしゃっていただけた時の嬉しさは格別です。

また、エステサロンで一生懸命勉強しテクニックを磨いたら、「独立」という道もあります。

独立してサロンオーナーになることができれば、収入アップの可能性が大きく広がります。

エステティシャンの求人情報があるサロンdeジョブ

サロンdeジョブとは

美容業界の転職活動を履歴書の書き方から面接の指導・ポイントの伝授、スケジュール決めなどトータルでサポートしてくれる転職サイト

=> エステティシャンの求人を覗いてみる

弊社サロンdeジョブは、転職を考えている求職者のお悩みを聞いて、一緒に理想のサロンを見つけるお手伝いをしています。

求人情報だけでは分からないサロンの特徴や、非公開求人のご紹介なども出来ますよ♪

転職の相談をする