サロンdeジョブ

アイリストの給料や待遇面を知りたい!収入アップの方法とは?

アイリストの給料は美容業界の中でも比較的高額と言われています。

基本給から高めに設定されているので、転職したばかりのアイリストでも収入アップが見込めます。

しかし、アイリストの施術は地道な作業を丁寧に、且つスピーディーに行う必要がありますので、そう簡単にできる技術ではありません。

アイリスとも美容師アシスタントのように、研修期間がありますが

しかし、美容師程長い期間かからずに入客が出来るので、転職する人が多い理由になっているかもしれません。

今回は、アイリストの給料について詳しく調べてみましょう!

アイリストの給料

アイリスト給料の相場は?

【正社員】

都心

地方

未経験者

月給20万円~

月給18万円~

経験者

月給22万円~

月給20万円~

 

【アルバイト】

都心

地方

未経験者

時給1,000円前後~

時給最低賃金~

経験者

時給1,200円~

時給1,000円前後~

サロンによっても違いますが、都心では正社員の場合最低でも月給18万円スタートです。あくまで最低ラインなので、月給20~22万円以上を上回るケースがほとんどです。

地域差がありますが、それでも地方のサロンで月給18万円を下回るサロンはほとんど無くなってきているので、他の美容業界の給料と比較すると全体的に高水準であることがわかります。

パート・アルバイトの場合は、都心だと時給1,000円~1,200円スタートのサロンが多く見られますが、地方だと時給が最低賃金スタートのサロンも多く、正社員より地域差が出やすいかもしれません。

それでは、経験者未経験者での給料の差はどうでしょうか。

未経験者ですと、先に述べたような相場ですが、経験者の正社員なら月給22万円~、アルバイトなら時給1,200円~と、一割ほど上乗せした金額が多いようです。

さらに、経験により昇給・昇格が可能ですが、美容師よりも経験年数が短いわりに昇給のチャンスに恵まれているのがアイリストと言えます。

実際に、美容師からアイリストに転職し、デビューしてから3年で店長に昇格した方もいます!

給料面とは別で待遇面での差はどうでしょうか。

美容業界全体での待遇面の改善がなされ、労働時間や休日の見直し、社会保険完備や有給休暇の取得、産休育休制度などが浸透しつつあります。

正社員は基本的にサロンの福利厚生を受けられますが、アルバイトの場合は働く日数、時間など勤務条件によって変わってきます。

アルバイトの場合、事情があって制限がある中で働く方も多いと思いますので、待遇面の恩恵と雇用形態どちらを取るかは本人の状況次第になりますね。

業務委託で働くとは

最近増えてきた、業務委託で働くというスタイルがあります。

固定給での給与支払いではなく、サロンから業務を請け負い、その施術ごとに報酬を受け取る契約になります。

報酬は施術料金の40%50%が一般的です。

メリットとしては、集客力のあるサロンであるほど施術が出来るため多く稼げます。

その集客自体もサロン側が行ってくれるので安心して働けます。

集客力にそこまで自信のない方には向いていますね。

一方、ある程度サロンの方針には従わなければならないので、完全にフリーで、やり方も自由に決めたいのであれば、面貸しという働き方もあります。

面貸しで働くとは

アイリスト業界ではまだまだ少ないですが、サロンの一部のスペースや設備、ブースを貸りて一日あたりや時間あたりでその場所代を支払う働き方です。

売り上げは全てアイリストに入りますが、そこから賃料を差し引いた分が収入になります。施術の方針など全て好きに決められますが、お客様はサロンではなくアイリストに付いていることになるので、顧客管理などまでしっかり責任を持って行わなければなりません。

固定のお客様が多くいるアイリストには向いているかもしれません。

アイリストの給料が高い理由

実際に、アイリストの給料が高水準であることは分かりましたが

その理由は何故なのでしょうか…

それは、アイラッシュサロンとアイリストの特徴、美容師業界との違いにあるようです。

アイラッシュサロンでは業務委託のサロンが少ない

美容師業界では、先程述べた業務委託という働き方が増えてきています。

それは、ある程度指名が入るようになった美容師は業務委託の方が稼げるからです。

正社員雇用と業務委託と選べるサロンも多いようです。

ですが、集客のためにメニューの単価を下げることもあり、そうなると、他のサロンも競争して価格を下げようとします。

業界全体で価格が下がる傾向にあると、客単価も低くなってしまい、結果として美容師の給与の水準も下がることになってしまいます。

アイリスト業界では、業務委託のサロンはまだ多くはありませんので、そういった事態にはなっていないようです。

新しい技術が生まれている業界

まつ毛エクステの一回の施術料は他の美容サービスと比較しても高めです。

さらに業界では、新しい技術がどんどん増え、その技術は日々進化しています。

同じメニューを提供するサロンばかりだと、価格競争が起こり単価の低下にもなりかねませんが、顧客は常に良いものを求めています。

より付け心地やモチの良いまつ毛エクステがあれば、もちろんその技術が出来るサロンに行きます。

そのため、アイリストは常に新しい技術を身につけるためにスキルを磨かなければなりません。

アイリスト自身も、その最新技術を身につけることで客単価がアップし、それが給料アップに繋がります。

給料をUPする方法!

資格取得でキャリアアップをはかる

アイリストは技術職です。

給料アップのためにはやはり自身のスキルを磨く必要があります。

先程述べたような最新技術の習得もそうですし、アイリスト専門の資格もたくさんあります。

技術の高さは経験が物を言いますが、それを一目でアピールできるのが取得資格だと思います。

日本アイリスト協会(JEA)や日本まつげエクステ協会(NEA)における3級・2級・1級、認定講師の資格などがあります。

上級の試験ほど難易度の高さもありますが、トップアイリスト・トップアイデザイナーとしてキャリアアップや高収入を狙うのであればチャレンジすることをお勧めします!

独立する

業務委託や面貸しで働く方法で独立することも出来ます。

アイリストとしての腕には自信があるけれど、サロンの運営には不安がある方にはぴったりのスタイルです。

働き方が比較的に自由なうえに、施術をすればするほど稼げるのでプライベートの充実も図れますね。

完全にサロンを一から開業し、自分の理想のサロンを創ることも夢ではありません。

まずはサロンで経験を積みながら、運営に関するノウハウも学んでから独立しましょう。

まとめ

美容業界の中でも、経験の浅い時期から比較的高い給料がもらえるアイリスト。

経験を積んで店長、オーナーとキャリアアップするごとにさらに高収入が望めます。

美容師を一度諦めたけれど、せっかく持っている美容師免許を活かして働きたい方、美容師の次の仕事を悩んでいる方、同じ美容業界でも今後の需要も人気も高い「アイリスト」として働いてみてはどうでしょうか?

新しい職種に挑戦するのは不安もあると思います。

サロンの雰囲気が自分に合うか?研修はしっかりしているのか?

そんな不安を弊社サロンdeジョブが一緒に解決いたします。

美容業界の職業紹介会社として、たくさんの方の転職のサポートをしています。

あなたにピッタリのサロン探しのお手伝いをいたしますので、是非一度ご相談ください。