サロンdeジョブ

~美容師~ 辞めたいと思う多い理由と辞める前のアドバイス!

美容師として働いている中で、「美容師 辞めたい」と検索したことがある人が世の中には驚くほどたくさんいます!

それほど辞めたくなる理由や、そんなに検索する人が多いのはどうしてなのか…

今回は同じ悩みを抱える美容師の実態について調べていきながら、その解決策はどうしたらいいのかをお伝えしていきます。

あなただけじゃない!美容師を辞めたくなる理由

美容師といっても、その働き方はスタイリストとアシスタントの大きく2つに分けられます。

抱える悩みもその立場や役職、経験年数によって異なるので、それぞれの段階に沿って辞めたくなる理由を見てみましょう!

・アシスタント 入社~1年目 下積み期間が辛すぎる

アシスタント期間はサロンにもよりますが平均で3年前後です。

特に1年目は接客、シャンプー、マッサージ、トリートメント、カラー塗布など、ひたすら繰り返し作業が続きます。

練習も勤務時間外に行うことが多いので、長時間働いているわりに給与が安いとなると、その期間が長ければ長い程辛くなり辞めたくなります。

・アシスタント 2~3年目 焦りや不安が出てくる

早ければ入社から2~3年でアシスタントから卒業できます。

しかし、経験を積んでもいつまでもアシスタントから昇給できないと焦りや不安が出てきます。

また、経験に技術が伴わないと、自分は美容師に向いていないんじゃないかと実力不足に葛藤し、辞めるか迷う時期があります。

・スタイリスト 1~3年目 クレームで落ち込む

スタイリストデビューした後は、やりがいや喜びが大きい反面、その分お客様に対する責任も大きくなります。

シャンプーやブローとは違い、カットのミスは取り返しがつかないのでクレームに繋がることもあります。

技術力の不安は接客にも影響しかねません。

意外と技術よりも接客に対するクレームの方が多かったりするので、慣れないデビューしたての頃は特にクレームを受ける可能性があります。

自分が施術したお客様からのクレームはダメージが大きく、ネガティブな気持ちを抱えていると嫌になってしまうことがあります。

・スタイリスト 3年目以降 サロンの待遇に不満が出る

スタイリストとして3~5年程で、お客様からも指名を頂けるようになり一人前の美容師として活躍してくる時期ですが、お客様だけでなくサロン全体を見る余裕ができるとサロンに対する不満も出てきます。

スタイリストとはいえ、アシスタントの時から急激に給与が上がることは少ないので、同じ長時間労働でお客様も任されているのに「給与が見合っていない」、「昇給のタイミングが明確化されていない」等、ステップアップできる環境が整っていないとモチベーションが続きません。

・スタイリスト 5年目以降 キャリアの不安

スタイリストとしてどうキャリアを積んでいくかなど将来のことを考えて不安になることが多い時期です。

いつか独立するために経営のノウハウを学びたい、どんどん昇進して店長になりたい、そう思った時に今いるサロンでは叶わないとなると、他の道を探さないといけません。

また、指名が増えると休憩時間が無かったり、休日が取りにくくなるなど、サロン側が働く環境を整えていないと不満も溜まります。

その他、経験や役職に関係なく辞めたくなる共通の理由も!

 

・休日も研修や勉強会に参加しなければならない

・上下関係が厳しく、人間関係が難しい

・手荒れがひどくボロボロになる

・立ち仕事であることや中腰などで腰痛になってしまう

アシスタントからスタイリストになって働く中で、辞めたくなる理由がこんなにもあるようです。

常に辞めたいと思いながらも美容師を続けている人もいるかもしれません。

辞めたいからと簡単に辞めることはおすすめしませんが、ブラック体質のサロンに尽くし続けても、成長できないサロンに居続けても充実した美容師ライフはやってきません。

そこで次に、後悔無く次へのステップを踏むために、必ず自分で確認しておいた方がいいことを、転職経験のある美容師さんからのアドバイスを元にお伝えします。

辞めてしまう前に・・・

アドバイス① アシスタント期間に辞めるのは要注意!

よほどのブラック企業であったり、人間関係が悪いなどの理由で体調を崩してしまうようでしたら一刻も早く退職をオススメします。
ですがアシスタントの仕事がただ嫌で辞めたいのであれば、もう少し踏みとどまりましょう。
アシスタントのうちに辞めてしまうと、中途半端で辞めてしまうというイメージが付いてしまいます。
美容師業界に残るのであれば尚更です。
今スタイリストとして活躍する多くの先輩達も、同じような経験をして成長してきたと思えば、もう少し頑張る意味もみえてくると思います。
そして新人の頃に大変な思いをする仕事は美容師に限りません。

アドバイス② カットまで出来るようになってから辞める

美容師を目指してせっかく美容師免許を取ったのであれば、武器として使えるようになってから辞めた方が後々の後悔がありません。

美容師なのにカットが出来ないのは自分でもコンプレックスにもなりかねません。

多くの人が専門学校などに通いお金も時間もかけてサロンに入社したと思います。

それが無駄にならないためには、世間のイメージである「美容師=カットが出来る」が叶ってからの方が、その後の人生でも美容師免許が活かされる機会が増えると思います。

友人や家族、自分の子供の髪を切ってあげることが出来るだけでも自慢になります!

アドバイス①を元に、サロンの環境・待遇が悪すぎる場合はアシスタントであっても転職すべきです。

スタイリストになるための教育体制が整っていなかったり、明らかに雑用しかさせてもらえないようなサロンに居続けても美容師としてこの先の道は見えないので、きっぱり次のステップに行きましょう!

美容師業界の待遇や慣習は以前から大きく変わってるとは言えませんが、同じような思いをしてきた美容師の中にはそれを変えるべく、待遇に力を入れているサロンも少しずつ出てきています。

サロンによっては、アシスタント期間が短くなってきていて、スキルがあればスタイリストデビューが早まるチャンスがあります。

そしてアドバイス②から分かるのは、まずはスタイリストになることが最優先!!ということです。

お客様の要望全てを1人で対応できるレベルになれれば、他のサロンへいってもアシスタントからということは無く、即戦力として活躍できるでしょう。

せっかくスタイリストになっても、技術に未熟さがあると、他のサロンへ転職した時にまたアシスタントとして雇われてしまいます。

給与の面でも、スタイリストとして転職できるように、できる限り1つのサロンで長く働き、スタイリストとして一人前の技術を身に付けてから、より自分を高められるサロンへステップアップすることをオススメします。

 

では、転職したいと思った時に、スムーズにサロンと交渉するためにはどうしたらいいのでしょうか…出来るなら円満に退社して気持ちよく次に行きたいですよね!

円満退社で転職を成功させよう!辞める時に伝える3つのポイント!

辞める理由は前向きに伝える!

やりたいことが明確にある、こうなりたい、など辞める理由があなたにとってプラスになることであれば、サロン側としても引き止めにくくなります。むしろ応援してもらえるように真摯に伝えましょう。

サロンの嫌な部分を指摘しない!

本音では辞めたい理由がサロンへの不満であっても、正直に伝えるのは避けましょう。給与や待遇の交渉の機会であれば不満を伝える必要がありますが、辞める際には伝えない方が無難です。その時は交渉に応じてくれるかもしれませんが、結局待遇が変わらず、ズルズル同じ環境で働くことになりかねません。

③退職までの期限は1年~半年で交渉する

会社を辞める時、法律では2週間前に申し出れば退職できます。

しかし、辞めた後に困るのは残されたサロンのスタッフです。

人手不足になればお客様にも迷惑がかかってしまいます。円満に退職をするのであれば、サロンのことも考えて、「1年~半年」前に申し出ましょう。

それくらいの期間があれば、業務やお客様の引継ぎが十分に可能です。

サロン側も必要があればスタッフを補充する期間になります。

まとめ

今回は、多くの美容師が辞めたくなる理由と、辞めたい時に円満退社で転職を成功させるポイントをお伝えしてきました。

改めて、美容師という職業はやりがいのある素晴らしいものですが、美容師として成功するまでの道のりには思っていた以上の苦労があります。一人でも多くの美容師が、その苦労を乗り越えられるように、弊社サロンdeジョブがお手伝いできることがあります!

先にお伝えした転職の際のポイントを踏まえて、よりあなたが有利に転職できるように相談に乗ったり、サロン側との交渉を行っています。美容業界の多くの求職者を次のサロンに導いてきたノウハウや実績があるので、転職に不安がある方は是非一度ご相談ください。

あなたに合ったサロンに転職して、新しい美容師ライフをスタートさせましょう!