サロンdeジョブ

『美容師』『理容師』どう違う?~ダブルライセンスのメリット&資格取得方法~

「美容師」と「理容師」は似ている呼称ではありますが、全く別の国家資格です。

実技試験の内容や資格取得後に活躍できる場所もそれぞれ違います。

資格取得にかかる費用、合格後の申請手続き、そして「ダブルライセンス」のメリットなど、これから“稼げる”美容師や理容師になりたいあなたに必要な情報を徹底解説します!

「美容師」「理容師」

その仕事内容は、昭和22年に公布された「美容師法」「理容師法」という別の法律によって定められており、

それぞれの「できること」と「目指しているもの」には違いがあります。

それでは、法律で定められた両者の相違とはどのようなものなのか見てみましょう。

美容師法に定められた美容師の仕事とは?

美容師の主な仕事は、簡単に言うとパーマや髪のセット、または着物の着付けなど、美の向上を目指す「女性向けのサービス」です。

 

美容師法(第2条第1項)では、下記のように定められています。

「パーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により容姿を美しくすること」

 

美容師は散髪や化粧によって容姿を美しく整えることはできますが、後述する「理容師」と違って顔剃りに必要な刃物を使用することができません。

理容師法に定められた理容師の仕事とは?

美容師の主な仕事は、簡単に言うと顔そりや短髪を刈り込むなど、基本的な身だしなみを整えるのに必要な「男性向けサービス」です。

理容師法(第1条の2第一項)では、下記のように定められています。

「頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること」です。

 

理容師は美容師と同様に散髪もできますが、パーマをかけることはできません。

男性に多く見受けられる顔剃りや坊主頭にするに必要な刃物を使用することができます。

それぞれの資格取得方法(国家資格内容)

「美容師」「理容師」の資格を取得するには、まず受験資格要件として理美容の養成施設がある専門学校での卒業資格が必要です。

専門課程の修了には下記の時間がかかります。

・昼間課程、夜間課程:2年間の通学期間が必須

・通信制家庭:3年の学習期間が必須

 

また、上記の課程修了者ではなくても「理容師・美容師養成施設で次の課程を修了した後、1年以上の実地習練を経た方」には受験資格があります。

※平成10年3月31日以前に入学した人の場合
・昼間課程:1年以上の通学期間
・夜間課程:1年4ヵ月以上の通学期間
・通信課程:2年以上の学習期間

 

※重要※平成14年3月31日までに1年以上の実地習練が終了していない人については、受験資格はありません。

注意して頂きたいのは、ヘアサロンに無資格のアルバイトで入社し、1年見習いをしたことがある方でも、「スクール未通学の方は受験することができない」ということ。

美容師や理容師になりたい方は一定の期間スクールで学ぶ必要があります。

資格取得するためには、年2回開催される国家試験に合格しなければいけません。

筆記試験と実技試験が行われ、両方に合格した方にのみ免許が交付されます。

「実技試験」は、2月と8月

「筆記試験」は3月と9月に実施されます。

 

試験合格後『公益財団法人 理容師美容師験研修センター』に免許を申請し手続きを行うと、晴れて「美容師」「理容師」と名乗ることができます。

受験手続&免許申請時に必要なお金&提出物はどんなもの?

美容師・理容師の国家試験を受験するには、まず受験願書を取り寄せて提出することが必要です。 受験願書と一緒に配布された封筒に以下の提出書類を同封し、簡易書留により郵送します。

◆受験願書提出に必要なもの

・受験願書

・振替払込請求書兼受領証

※実技試験及び筆記試験(両方)受験する方は、受験料として25,000円かかります。

・写真(縦 4.5cm × 横3.5cm)

・学校の卒業見込証明書、または卒業証明書

 

◆合格した後に必要なもの

・免許申請書の提出

登録免許税9,000円申請手数料5,200円を納付

・住民票など身分証明書類

 

◆試験の合格率&試験内容

気になる試験の合格率ですが、

・「美容師免許」の合格率は全受験者の58.1%

・「理容師免許」の合格率は65.0%と、

理容師の合格率の方が若干高かったようです。

※出典:『公益財団法人 理容師美容師試験研修センター』第40回試験実施結果より

合格率は6割程度という現状を見ても、「受験すれば合格できる」ような簡単な試験ではなく、筆記・実技試験でしっかりと基礎ができているか採点される難しい試験です。

頑張って勉強して合格を目指しましょう!

◆筆記試験の合格ライン

合格ラインは、下記2点です。

・50問中60%以上の正答率であること

・尚且つ全ての科目で無得点がないこと

試験内容は美容の関係法令や衛生管理の方法について、また美容保健の知識や、物理・化学など幅広く美容理論のジャンルから出題されます。

 

◆実技試験の合格ライン

合格ライン

美容師

理容師

・衛生上の取扱い試験の減点が20点以下であること

・カッティングの減点が30点以下であること

・なおかつワインディングの減点が30点以下であること

 

・衛生上の取扱い試験の減点が20点以下であること

・基礎的技術試験の減点が40点以下であること

 

【補足】

ワインディングでは、頭髪にロッドを巻く作業が規定通りできるかが採点されます。

美容師には「顔剃り」は認められていませんのでシェービングの実技試験は行われません。

 

【補足】

理容師の実技試験では、カッティングに加えてシェービング(顔剃り作業)と整髪の基礎技術が採点対象となります。

 

◆理容師と美容師の違い

すでに述べていますが、「美容師」「理容師」とも髪をカットするスキルはともに必要です。

しかしそれぞれの大きな特徴は下記の点です。

大きな違い

美容師

理容師

顔そりは理容師免許所持者にしか認められていない

パーマをかけることは美容師にしか認められていない

・主にパーマ

・カラー

・セットの施術がメインのサロンに就職したい方は「美容師の技術」が勉強できる学校に進学する必要がある。

・顔そりを含んだ施術をするサロンに就職したい方は、「理容師の技術」が勉強できる学校へ進学する必要がある。

もちろんダブルライセンスを取得すればそれだけ活躍できる場所も増えますので、美容師・理容師両方の資格を取得しておくことも、就職にはプラスになります。

※ダブルライセンスについては後の項目で詳しくお伝えします。

自分が将来したい仕事に合わせて適切な学校選びをし、国家資格を取得しましょう。

 

※重要※ 提出書類・費用・受験資格・試験内容などは変更になることがあります。

『公益財団法人 理容師美容師試験研修センター』 のホームページで、詳細を確認してください。

・美容師、理容師の活躍できる場所

さて、それでは美容師・理容師の活躍できる場所はどういったところがあるのでしょうか?

一般的には、「美容師が働く場所は美容室」、「理容師が働く場所は(赤青白のくるくる回る看板がある)理容室」というイメージですが、最近では様々なジャンルのビューティサロンが展開されており、働ける場所は増えてきています。

まず、美容師免許をお持ちの方は、「美容室」はもちろんアイラッシュサロンで「アイリスト」として働くことができます。

または「結婚式場での新郎新婦のヘアメイクスタッフ」や、テレビ局やファッションショーで芸能人やモデルにヘアメイクする、「メイクアップアーティスト」への道もあります。

理容師免許をお持ちの方は、「理容室」や、ヘッドスパサロンで「ヘッドスパニスト」という新しい職種での就職も可能です。

また、病院や福祉施設など、美容院へ行けない方の元へ訪問して施術する「福祉美容師」という職業も今注目を浴びています。

上記の職業の詳細な内容は後述させていただきますが、美容師・理容師のダブルライセンスをお持ちの方であれば、お仕事の選択肢が増えることは間違いありません。

美容師と理容師、両方資格取得方法

平成30年度「理容師法」・「美容師法」の改正によって、ダブルライセンスが取得しやすくなる法制緩和が行われました。
「理容師免許」「美容師免許」のどちらかの免許を取得済みの方に限り、

もう一方の免許取得時に、
①重複する科目の免除

②再履修時間の短縮

(昼間・夜間通学課程の場合は2年→1年/通信課程の場合は3年→1年半
大幅に受験科目・履修時間ともに減免されたのです。

 

ですので、ダブルライセンスの取得期間はこれまで
美容師・昼間課程2年+理容師・昼間課程2年=4年で両方の資格取得可能
となっていたところ、
美容師・昼間課程2年+理容師・昼間課程1年=3年で両方の資格取得可能
と、1年間も通学時間が減ることになりました。


これなら受講生への時間的・金銭的な負担も少なくなって助かりますよね!

筆記試験の出題範囲も、新しい範囲だけの勉強でOK!
以前合格した範囲の勉強し直しの必要はありません♪

ダブルライセンスを目指して追加の資格を取得するには、
・通学圏内の「理容美容専門学校」の昼間課程か夜間課程に通学する
・通学より時間はかかるが、通信課程で学ぶ
上記2つからどちらかを選ぶことができます。

・ダブルライセンスのメリット(どのような活躍の場が広がる?)

法緩和によりダブルライセンスは取得しやすくなりました。

ですから、サロンの経営者としては、

「新たに理容師資格を取ってシェービングができるようになった美容師が1人でもいれば、『美容室と理容室両方のサービスが提供できるサロン』として営業できるんでしょ?」

と“理美容一体型の新業態サロン”への転換を考える方が多いと思います。

 

また、現在美容師・理容師として働いている方は、

「ということは美容師も理容師もダブルライセンスを取れば、働ける場所が2倍になるってことだよね?」

と思う方が多いかと思います。

 

しかし、現状そのように「法緩和によって働きやすさや経営の仕方の間口が広がったのか?」というと、残念ながらそうなってはおりません。

以下、厚生労働省ホームページから規則改正通知の抜粋をご紹介します。

理容所及び美容所については(省略)それぞれ別個に設けなければならないとされているところであるが(省略)、理容所及び美容所に必要な衛生上の要件を満たし、かつ、理容師及び美容師双方の資格を有する者のみからなる事業所に限り、これを同一の場所で開設することができるよう措置することとしたところである。

 

出典:○理容師法施行規則及び美容師法施行規則の一部を改正する省令の施行等について(通知) 厚生労働省ホームページより

 

この通知をよく読んでみると、「ひとつの店舗で理容業・美容業を両方行う」とするならば、

「店舗で働くスタッフ全員が、ダブルライセンスを持っている必要がある」

ということが分かります。

あくまでもスタッフ全員所持がルール。

1~2人ダブルライセンスを持っているだけでは、申請は通りません。

なかなか厳しい条件ですよね…。

 

ダブルライセンスの取得者の割合はまだまだ少なく、規制緩和も始まったばかり。

新業態のサロンを起こすとしても、「全員ダブルライセンスで揃えなければならない」という高いハードルがあります。

これまで同一の場所で開業できなかった「理容室」「美容室」。

規制は依然として根強く、まだまだ真の規制緩和は未来にあると言わざるを得ません。

 

ただ今回の通知にも見られるように、美容業界への規制緩和の動きが「始まりつつある」のは間違いありません。

今先に一歩を踏み出せば、独立した時にライバルに差をつけられる「先駆けの起業者」としてリードできる可能性があります。

新業態での起業をお考えの方は、ここが成功へのターニングポイント!

ぜひ新しい魅力的なビジネスプランを練ってみてくださいね!

働きながらダブルライセンスを取得できる?

ダブルライセンスの取得方法ですが、前述したように

・通学圏内の「理容美容専門学校」の昼間課程か夜間課程に通学する

・通学より時間はかかるが、通信課程で学ぶ

という二つの方法がありますが、現在美容室や理容室で勤務中の方は、なかなか通学する時間は取れませんよね…。

そういった方には「通信課程」がおススメです♪

お仕事が終わった後や休日に勉強するのはとてもつらいですが、頑張りましょう!

 

また「働きながら勉強をする時間を取るのは無理…」とお考えの方には、

比較的働く時間に融通が利く「業務委託スタッフ」や「面貸しサロンでの勤務」に働き方を変えて勉強時間を確保する方法もあります。

美容師免許や理容師免許があればできるお仕事

それでは、「美容師・理容師」はどのような仕事ができるのでしょうか?

以下にざっと挙げてみましょう♪

【美容師免許をお持ちの方♪】

★美容室・トータルビューティーサロンで働く!

★アイラッシュサロンでアイリストとして働く!

★結婚式場で新郎新婦へのヘアメイクスタッフ♪

★テレビ局やファッションショーで芸能人やモデルをヘアメイク☆憧れのメイクアップアーティストに!

【理容師免許をお持ちの方♪】

★理容室で働く!

★ヘッドスパサロンでヘッドスパニストとして働く!

★病院や福祉施設など、美容院へ行けない方の元へ訪問して施術する福祉美容師に♪

こちらの職業の中で気になるものはございましたか?

もしご興味が湧きましたら、以下にお仕事内容を記載してありますので読んでみてくださいね♪

サロンdeジョブでご紹介できるお仕事も多数あります。

 

★美容室・トータルビューティーサロンで働く!

美容師免許を持っていれば、シャンプー・カット・パーマ・カラー・セット・着付けなどスタイリスト領域に属する「美容室」でのお仕事をすることができます。

美容師免許に加えて理容師免許をお持ちの方は、上記に加えて「シェービング」の施術ができます。

美容専門学校をご卒業の方で、在学中に「ネイリストの資格」「アイリストの資格」などを取られた方は、トータルビューティーサロンにて「スタイリスト」と「ネイリスト」、「アイリスト」など、お好みのお仕事を兼務する働き方もできます♪

自分の好きなこと・やりたいことは妥協せず幅広くやってみたいですよね!

サロンdeジョブでは、そういった複数職兼務のお仕事希望の方のご相談にも乗ることができます。

興味とやる気のある方はぜひ一度ご相談くださいね☆

 

★アイラッシュサロンでアイリストとして働く!

美容師免許を持っていれば、「アイリスト」のお仕事にもチャレンジできます。

アイリストは美容師に比べて高収入☆ 

求人のニーズが高いため、経験者の方なら比較的シフトの自由が利きやすく、サロンに就職しやすいのがポイントです♪

産休・育休後もキャリアを中断することなく続けられるので、女性にとってはライフイベントと両立しやすい職種です。

 

★結婚式場で新郎新婦へのヘアメイクスタッフ♪

人生で一番華やかな舞台のお手伝いができる喜びにあふれたお仕事♪

毎日楽しく働けそうですよね♪

美容師免許をお持ちの方は、新郎新婦様のヘアセット・メイクや、着物の着付けなどで活躍できます。

美容専門学校のブライダルコースで学んだ後就職する方が多いようです。

理容師免許も持っている方はブライダルシェービングも担当できるので、採用度が高まることも♪

 

★テレビ局やファッションショーで芸能人やモデルをヘアメイク☆憧れのヘアメイクアップアーティストに!

こちらは美容業界の中でもかなり狭き門のお仕事!

ただ美容師免許を持っているだけの未経験者ではプロとして活躍することができません。まず、ヘアメイクにおいて最先端の技術とセンス、スピードを持っていること。

またデザイナーやプロデューサーの意図を汲み取り表現する能力、チーム作業を円滑に進めるコミュニケーション能力も必要とされます。

芸能人やモデルさんと直接触れ合える仕事なんて、憧れちゃいますよね♪

 

★理容室で働く!

理容師免許のみ単体で所持している方は、パーマの施術ができない関係上「理容室」か、近年増えてきている「女性の産毛剃りメニューがあるエステサロン」へ就職される方が多いです。

理容室での施術内容は、お客様のカット、シャンプー、シェービングなどが主なもので、仕事で忙しい世代の男性客が多いため「高回転・低価格」型の営業をしているサロンが多いです。

理容師にはカットの手早さと正確なシェービング力が求められます。

 

★ヘッドスパサロンでヘッドスパニストとして働く!

ヘッドスパ専門店や美容室で、「ヘッドスパニスト」として活躍することもできます☆

専門サロンなどでヘッドスパニストを採用する場合、美容師免許か理容師免許を所持している方を採用するサロンが一般的です。

ヘッドスパニストを目指す方は資格の取得を視野に入れて勉強されることをお勧めします。

 

ただし例外的ではありますが、次のサロンでは資格を持たずにヘッドスパニストになることができます。

ヘッドスパを「リラクゼーションマッサージの一環」として施術している「アーユルヴェーダのシロダーラ」や「バリ式クリームバス」のサロンです。

ただこちらでの勤務の場合、職種は「ヘッドスパニスト」という呼称ではなく「エステティシャン」という呼称になるかもしれません。

頭部のマッサージだけでなく全身のリラクゼーションマッサージにもご興味のある方は、こちらの取扱いのあるエステサロンにエントリーされるのもおススメです♪

 

★病院や福祉施設など、美容院へ行けない方の元へ訪問して施術する福祉美容師に♪

外出ができない方への美容師訪問サービス「福祉美容師」のニーズは年々高まっています。

その活躍場所は、病院や老人福祉施設の利用者の方への施術に留まらず、「がん」によって髪の毛を失ってしまった方へのウィッグの販売や、お手入れなどを行うお仕事もあります。

 

お身体の不自由な方・または精神疾患のある方への接し方は、非常にデリケートなもの。

こちらの職業をご希望の方は、NPOや厚生労働省認定協会が発行している『認定福祉美容介護師』の資格の勉強しておくと、どういったことに気をつければいいのかしっかりと学ぶことができます。

 

カットや顔剃りだけではなく、利用者の方とご家族との記念写真撮影のヘアメイクなど、温かな想い出作りのお手伝いに一役買うことも♪

人の役に立ち感謝される、やりがいのあるお仕事ですよね☆

美容師として...理容師として... もっと活躍の場を広げる方法とは

上記のようにますますボーダーレスな活躍が求められている「美容師」「理容師」

美容サロンでは新技術を次々に導入し、そのバリエーションとクオリティーで集客増加のための過当競争している現状、そこで勤務するスタッフにもお客様のたくさんのニーズに応えられる「複合的なスキルを持った人材」「施術・接客力ともに高い技術を持った人材」が必要とされています。

 

今のままの職種や働き方の枠に留まらず、「もっと活躍の場を広げたい方」「できることを増やして高収入を目指したい方」は、自分の仕事をこれ一つと決めずに、興味のあること・ニーズのあること・そして自分が幸せを感じることに積極的に飛び込んで学んでいく!という姿勢が必要だと思います。

 

「とりあえず毎日割り振られたお客さんの仕事だけこなしていればいいや…」

と、自分が現状できることだけしかやる気が無いのでしたら、

「スタイリストはお客様とのトークも大事。リピート率の上がるカウンセリング法を学んでみよう!」

「どうしても店販の売上が伸びない…。営業力を上げるセミナーに行ってみよう!」

と、努力している他のメンバーにどんどん差をつけられてしまいます。

 

見えない小さな努力を積み重ねている人にこそチャンスは巡ってくるものです。

もしあなたに何か大きな夢があるのなら、まずは目の前にあるもの、そしてあと半歩だけ先にある「成長した自分」に向かって勇気を持って踏み出してください。

例えば現状美容師免許しか持っていないのなら理容師免許も取得してみるというのも、最初の一歩になるかもしれません。

美容師と理容師どっちがいい?

美容師と理容師の給料

「美容師」「理容師」のお給料ですが、どちらかと言えば美容師の方が給料は高いです。

美容室のメニューは理容室のメニューに比べ、パーマ・カラー・ヘッドスパなど単価の高いメニューの取扱いがあり、スタイリストに求められるスキルも理容師より多岐に渡るためです。

 

美容師・理容師とも、平均年収は230万~280万円程度。

それに比べて、民間企業の平均年収290万~550万円程度。

 

それでは、年代別に平均年収を挙げて比べてみましょう。

年代/単位:万

【一般企業平均】

【美容師給与平均】

20~24歳

209.7

200.9

25~29歳

240.3

224.7

30~34歳

273.5

249.7

35~39歳

301.7

283.2

40~44歳

327.4

300.5

45~49歳

352.4

312.7

50~54歳

373.8

304.5

55~59歳

370.3

291.9

60~64歳

278.4

225.7

※出典:賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

この表を見ると「美容師の給料って、民間企業に比べるとはるかに低い支給額なんだな…」

とがっかりされる方もいるかもしれませんが、こちらには「独立起業しているサロンオーナーの給料」は反映されていません。

多くの美容師・理容師の方が、サロンで経験を積んで大体40代で独立します。

40代以降の年代で一般企業と年収差が大きく開いてくるのには、そういった理由があります。

 

独立して複数店舗を経営しているオーナー様の中には、年収1,000万円を軽く超えている方もいらっしゃいますので、一概に低い給料の業界なんだと悲観する必要はありません。

美容師・理容師は、やる気と才能があれば「腕一本で高収入を目指せる」夢のある業界です。

まとめ

「美容師資格」と「理容師資格」。

私たちサロンdeジョブが一番大切にしているのは、「あなたが一番にやりたいことは何なのか?」を伺い、その実現を最優先に就業のお手伝いをさせていただくことです。

ですからこちらの資格があなたの描いている「夢」にとって必要のない資格なら、無理に取得をおすすめはいたしません。

ですが、新しいことにチャレンジする余裕とやる気のある方にはぜひともダブルライセンスの取得をおすすめします!

 

ダブルライセンス取得後、「トータルビューティーサロン」への転職や、他の興味のある職種への転職、または「業務委託スタッフ」や「面貸しサロンでの勤務」などのご希望がありましたらぜひサロンdeジョブでお仕事紹介のご相談に乗らせていただきます。

 

でも、働き方を変えるのは「勇気」が要りますよね…。

そして転職を成功させるには「勇気」も必要ですが、何より大切なのは

「自分が成長できる“有利な転職”をするための知識を持っているか」です。

 

「なんとなくいい店そうだなー」という求人情報の雰囲気だけで判断して転職してしまい、失敗する方のなんと多いことか…。

そういった失敗を経験したことがある方は、ぜひ弊社のお仕事紹介コンサルタントサービス(無料です!)をご利用ください。

 

いくら夢を追いかけるにしても、お仕事でいただく「お給料」はとても大切なもの。

サロンdeジョブのお仕事紹介では、まず最初に「あなたが暮らしていく上で最低限必要な収入額」をお伺いしています。その上で、あなたのご希望を最優先に考えながら、より現実的・かつ専門的な視点を交え、お仕事探しのアドバイスをさせていただいております。

 

ダブルライセンスを目指すあなたに合った最適な働き方を見つけるサポートは、

「あなたのHappyな転職を後押しする美容業界専門コンサルタント」

私たちサロンdeジョブにぜひお任せください。

あなたのエントリー、心よりお待ちしております!