サロンdeジョブ

エステティシャンの給料ってどれ位?

エステティシャンの給料ってどれ位?

未経験者歓迎」や「資格が無くてもOK」で就職できるサロンも多いため、初めて美容業界に挑戦する方にもチャレンジしやすい職種『エステティシャン』

アイコン
ぶっちゃけ「人気の職業『エステティシャン』っていくら稼げるの?
アイコン
みんなはどれぐらい稼いでいる?年収や、歩合は?

そんな疑問に、ズバリお答えします。

ズバリ!エステティシャンの給与相場

ズバリ!エステティシャンの給与相場

弊社掲載のエステサロン求人から給与の平均を算出してみたところ、未経験者(正社員採用)の初任給は18万円~20万円前後(+各種手当・残業代など、サロンによる)!

アイコン
この給与は都心部の場合。地方だとマイナス2万円位の差があります。

入社後、研修・試用期間を経て本採用となると少し給与はアップするので、概ね20万円~24万円(+各種手当・残業代など、サロンによる)が支給されます。

スクール通学などで一定の知識を持っていると、就職時に待遇面で優遇されることもありますが、実際にサロンで勤務したことがなければ「未経験者」という扱いになり「サロン実務経験者」とは最初の待遇や試用期間の長さが違ってきます。

未経験者の方がエステサロンに入社された際は、まずはサロンや研修センターなどにおいて1ヶ月~数ヶ月の試用期間を過ごします。

その間、しっかりと技術研修や接客研修などを受け、エステティシャンとしての実務を身に付けた後、晴れて本採用!エステティシャンデビューとなります。

アイコン
大方のサロンでは、試用期間中には「試用期間給与」と言って、本採用時の給与より数千円~数万円少ない額の給与が支給されます。

また一方で、試用期間中も本採用時と変わらない給与を支給するサロンや試用期間中の残業代は出ないというサロンもありますので、最初に確認をしておきましょう。

エステティシャンは接客業。お客様と契約を結ぶ営業力や、何度もご来店いただくためのコミュニケーションスキルは必須です。

アイコン
ですから、「エステティシャンとしての経験や、スクールに通った経験がない…」ということで、応募の際に不安を感じる必要ありません。

面接においてあなたのやる気を見せることが、採用の大きなプラスになります。

エステティシャンの給与の特徴

金額の決定に学歴による差が無い

高卒でも大卒でも、未経験は未経験。

みんな同じスタートからの出発ですので、学歴に自信のない方も、他業種からの転職の方も、やる気次第でチャレンジできる間口の広い業界です。

サロン勤務経験者の給与相場

経験者(正社員)の初任給は、概ね20万円~24万円前後。

(+各種手当・残業代など、サロンによる)

上記に紹介した未経験者の給与よりも、経験者には数千円~2万円程度、基本給が最初から多く支給されます。

アイコン
前職給与や、実績を考慮してくれるサロンも多いので、面接の際には「これまで行ってきた施術内容」や「施術人数」「営業成績」などを、具体的な数字を挙げてアピールしましょう。

アルバイトの給与相場

アルバイトの時給は、概ね900円~1,200円前後

月給に換算すると正社員と比べてかなり低くはなりますが、

  • <勤務時間、曜日を選んで働ける/li>

  • Wワークが可能

  • 子育て、介護などプライベートと両立し易い

と、個人の都合に合わせて働けるところがアルバイト雇用のメリットです。

とは言っても、未経験者の応募の場合だと、最初はフルタイムの勤務をサロン側に求められることがほとんど。

その理由は、「早くお店の雰囲気に馴れ、仕事を覚え、1日でも早く私たちの大切な“仲間”になってほしい」というサロン側の思いからです。

未経験者の応募者の方で多いのは、

アイコン
最初は無理なく週3日~4日程度の勤務で、慣れてきたら正社員になりたいです!

という希望内容です。

アイコン
慣れない勤務で最初からフルタイムで入るのは疲れるし、不安がある…

そのお気持ちは、本当によくわかります。

何事も初めて経験することは、体力的にも精神的にも疲れてしまうものですよね…。

アイコン
でも、できることなら最初は「可能な限りたくさん入れるシフト」で応募してみましょう!

その方が確実に採用の可能性は高くなります。また、のちの昇給率にも大きく関わってきます。

最初はたくさんシフトに入ることを求められますが、経験を積むとシフトの自由もある程度効くようになってきます。

しかし、アルバイトとは言ってもお客様あっての仕事なので、責任があります。

アイコン
自分への指名が入っている時に、急に欠勤してお客様やお店に迷惑をかけてしまうのはNG!!

サロンの信用も失うことになるので、自分のシフトは責任持って出勤できるよう、急なトラブルの際のバックアップはなるべく整えてから就職しましょう。

平均年収

上記の月給から換算すると、

正社員の年収

約216万円~264万円程度。
(+各種手当・残業代など、サロンによる)

この金額に、賞与の支給のあるサロンでは賞与の金額がプラスされます。

アイコン
20代後半から30代で役職等につくと、役職手当などでさらに年収が上がります。

しかし、結婚・出産等でフルタイム、土日勤務ができなくなるとこれ以上の年収を稼ぐのは難しくなります。

エステサロンでの給料の支払われ方は、

  • 完全固定給制

  • 固定給+歩合

  • 完全歩合制

に分かれ、サロンごとに給与体系は大きく異なります。

  • 営業が好きか、それとも苦手か

  • 歩合制度で高収入を得ることにやりがいを感じるか

  • 自分の人生において、一番優先順位を置きたいことは何なのか

このように就職する際は、しっかりと考えてからサロン選びをすることが重要です。

働く理由や背景から給与体系を考える

上記のように、「得意・不得意」「働き方のイメージ」を元にどうすべきか考えてみましょう。

営業が苦手…。極力営業を少なめに、数字に追われることなくマイペースで働きたい♪

アイコン
完全固定給・個人ノルマの少ないサロンが向いています。

メリット:ノルマを感じずに働けるので、売上によるストレスが軽減される。
デメリット:逆に、どれだけ売り上げても給与に加算されることはない。

自分の営業力を活かし、歩合で稼ぐタイプのサロンで高収入を目指したい!

アイコン
固定給+歩合、または完全歩合制のサロンが向いています。

メリット:やる気次第で高収入!頑張りが即給与に反映されるのでやりがいたっぷり♪
デメリット:売上によって給与に波がある。毎月確実に決まった給与を得たい方には不向き。

休暇はしっかり取りたい!残業も極力したくない!プライベートを充実させながら働きたい☆

アイコン
「完全週休二日制」「有給休暇消化率100%」「時短制度あり」などのキーワード検索で、休暇の取得しやすいサロンが向いています。

お休みの取りやすさや実際の残業の多さなどは、求人情報の募集要項を見た限りではなかなか分からないもの。

歩合・手当で稼ぐ?~給与アップの方法~

歩合・手当で稼ぐ?~給与アップの方法~

エステサロンには、様々な種類の歩合や手当があります。

以下に具体的にその例を挙げてみましょう。

歩合

  • 業績給・ノルマ達成賞・店販歩合

  • 業務委託雇用では、売上の30%~50%バック

このように業績給やノルマ達成賞などは、売上を上げれば上げるほど、その金額に応じてバックがあるというシステムです。

アイコン
頑張った分だけ高収入を得られ、達成感ややりがいを感じながら働くことができます。

バックされる金額やパーセンテージは各サロンにより異なりますので、しっかりと入社前に確認をしておきましょう。

また、店販歩合のある店舗では、サロンで扱う商品を販売した際にも販売額に応じて歩合がつきます。

エステサロンにとっては「お客様とコースの契約を結ぶこと」と同じく「コース内容に付随するホームケアの商品を買っていただく」ことも大きな収入源。

サロンによっては物販を大いに促されるところもあります。

経験を積んでいくと、業務委託での雇用という働き方もあります。

業務委託では、基本給や手当、社会保険などがつかないかわりに、売り上げた分の金額がダイレクトに自分の取り分に反映されます。

自分の固定客のある方や、たくさん入客の見込める店舗で働いている方には稼げる働き方です。

手当

  • 役職手当

  • 資格手当

  • 技術手当

  • 指名手当

  • カウンセリング手当

  • 遅番手当

資格や技術を習得した場合に発生する資格手当は、毎月の売上の変動には関係なくついてくる手当です。

手堅く収入アップしていきたい方は、必ず上級の資格を目指して勉強をしていきましょう。

また、休日出勤や残業に応じて別途手当がつくサロンもあります。

エステティシャンとして長く勤務していくには

エステティシャンとして長く勤務していくには

エステティシャンを目指すあなたが将来的にスキルアップと高収入を望むなら、まずはじっくりと経験を積み、お客様に信頼と満足を与えられるプロとしての能力を身に付けることが大事です。

エステティシャンは、過酷と言われている美容業界の中では「女性が長く心地よく働ける環境」を整備している職種ですが、長く経験を積むためには「長く働ける環境を整備したサロン」をあらかじめ選んでおくことも必要です。

では、どのようなサロンが長く働けるサロンと言えるのでしょうか?

こんな制度のあるサロンに注目

  • 産休・育休・介護休暇の取得実績あり
  • 育児との両立のために、土日休み希望可能
  • 健康診断の受診補助
  • 子育て支援手当て

このように、健康面や子育てに関する手当の充実したサロンや女性のライフイベントに合わせて働き方を調整できるサロンではブランクを作ることなく長く働けますので、年数に応じてキャリアを伸ばしていくことができます。

経営母体の大きな大手サロンでは、比較的こういった充実した福利厚生制度を採用しているところが多いので、ぜひチェックしてみてください。

エステティシャンとして高収入を目指すなら、独立という方法もある

エステティシャンとして高収入を目指すなら、独立という方法もある

ある程度経験を積み自分の顧客(ファン)も獲得したら、独立して自分のサロンを興すのも高収入に繋がる道です。

アイコン
もちろん経営が軌道に乗らず失敗する、というリスクもありますが、独自の路線を開拓して大きく成功しているカリスマ経営者も世の中には存在します。

大きく成功するためには、まずは基礎固めが大事

店舗においてサロン運営や施術を徹底的に学ぶにあたって2点が重要になります。

  • これからのエステ業界、どこに商機と顧客ニーズがあるのか

  • 今までにない新しいビジネスモデルを提示することができるか

また、大きな挑戦をする前に、まずは目の前のお客様を大切に。

「どうしたら一番喜んでいただけるか」

「お客様の気持ちを汲み取った、真心こめた施術ができているか」

自分なりに突き詰めてみましょう。

目の前の一人のお客様に「究極の満足をしていただく」ことが、未来の顧客である百万人のお客様のご満足に近づくための第一歩です。

紹介会社を利用してみてはいかが?

紹介会社を利用してみてはいかが?
サロンdeジョブとは

美容業界の転職活動を履歴書の書き方から面接の指導・ポイントの伝授、スケジュール決めなどトータルでサポートしてくれる転職サイト
=> エステティシャンの求人を覗いてみる

弊社サロンdeジョブは、転職を考えている求職者のお悩みを聞いて、一緒に理想のサロンを見つけるお手伝いをしています。

求人情報だけでは分からないサロンの特徴や、非公開求人のご紹介なども出来ますよ♪

転職のプロが揃っていますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

エステティシャンは、その華やかなイメージとは裏腹に、退職を考えてしまう程大変な仕事でもあります。

しかし、一度エステティシャンの仕事から離れてみると、悩んでいたことは意外と簡単なことだった、他のやり方があったかもしれない、もう少し頑張れたかもしれない、と気づくことも多いようです。

エステティシャンとして働くことを辞めてから後悔しないためにも、もう一度、エステティシャンとして楽しく働くチャンスを広げてみましょう。

諦めなければ、きっと働き甲斐のあるサロンに出会えるはずです!

関連記事