サロンdeジョブ

【美容師】志望動機の書き方!3つのコツを抑えて内定を掴もう

【美容師】志望動機の書き方!3つのコツを掴んで楽に内定をもらおう!

美容師として働く人の多くは、今までに一度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか?

新たな美容室で働きたいと思っても避けては通れないのが転職活動における「履歴書」です。

転職する人は何かしら前職に不満を抱えて辞めようと決意しますが、マイナスの動機では内定はもらえません。

感想やきっかけを伝えることは良いことですが、それ以外にプラスになるようなことを付け加える必要があります。

美容師が転職したいと思う理由とともに、面接官に「良い!」と思われる履歴書の書き方をご紹介します!

アイコン
もし、転職活動に悩んだら「無料」で転職の相談をしてみませんか? サロンdeジョブでは履歴書の添削も行っているので不安な方はぜひ相談してください。

美容師が転職を考えるきっかけとなる、3つの理由

具体的に、美容師が転職を考えるきっかけとなる理由を3つ紹介します。

離職率に関する記事はこちらから!
美容師の離職率は30%?美容師の本音や実態を解明!~美容師免許を活かす道も〜

(労働時間に対して)給料が安いと感じるから

美容師が離職を検討する理由の1位は、「給料が安いから」です。

美容師としてのスタートは、先輩のお手伝いや雑用などのアシスタント業務がほとんど。

スタイリストまでの道のりは長く昇給するのもそう簡単では無いので、給与の安さに嫌気がさして辞めてしまうことも多いです。

またスタイリストは実力に見合った給与が貰えないと頑張るモチベーションが続かないのが現実のようです。

長時間拘束

「給料が安いから」にも連動しますが、給料と長時間拘束が帳尻合わないことも原因のようです。

美容師の勤務時間はサロンの開店前準備から閉店後の片づけまで長時間に及びます。

さらに営業時間の前後に練習をすることもあるため、朝早くから夜遅くまで働く日も少なくありませんので想像以上に辛いと感じる場合は、給料が下がってもプライベート時間を確保したいという人もいます。

休日や休憩が充分にない

長時間労働の割に、休憩時間がしっかり確保されていることは少ないので、大体は夕方などお客様の少なくなる時間まで休憩が取れません。

さらに休日においても、自主練習や、指名のお客様から予約が入ると出勤しないといけないなど、ゆっくり休める日は少ないかもしれません。

上記3つが主な理由として多いですがその他にも毎日のシャンプーで手荒れがひどくなってしまったり、腰痛になるなど身体的な苦痛による不満も多いようです。

このような理由から転職を決意した時に、まずは何からすればいいのでしょうか?

次章から志望動機の書き方についてご紹介します。

志望動機を書く前に押さえておきたい3つのポイント!

志望動機を書く前に押さえておきたい3つのポイント!

いきなり志望動機を書き始める前に、まずは押さえるべきポイントを3つ!

履歴書や面接で困らないために、志望動機をしっかり自分の言葉で伝えましょう。

どんなサロンで働きたいか

どんなサロンで働きたいか?

これは非常に重要な項目です。

例えば、働くサロンの特徴やスタッフの雰囲気が該当します。

  • スタッフ同士和気あいあいとしたサロンがいいのか

  • 福利厚生が充実した環境がいいのか

  • 何かに特化したメニューや売りのあるサロンがいいのか

自分の働きたいサロンの条件を明確にして、いくつかある場合は優先順位をつけてみましょう。

自分の強みやアピールは何か?

まずは自分の今までの経験を振り返ってみましょう。

“自分の経験をどう活かすか”は志望動機の鉄板です!

志望動機に自分が貢献できることを織り込むことで、サロン側がその人を採用するメリットをイメージしやすくなります。

改めて自分が目指す働き方を考えてみましょう。

将来、どう(どんな風に)働きたいか??

自分がなりたい美容師の姿や、美容師としてのやりがい、お客様と向き合うスタイルなど自分が目標とする美容師像が叶う働き方を見つけましょう。

改めて自分が目指す働き方を考えてみましょう。

これ言ったら落ちやすい!印象が良くないNGな志望動機例

これ言ったら落ちやすい!印象が良くないNGな志望動機例

ここで、マイナスな印象になるNGな志望動機をご紹介!

志望する理由が曖昧な内容

「御社の社風に共感したから」という内容はよくある志望動機ですが、どの会社にも通用する為あまりオススメはしません。

本人の志望理由もぼやけてしまうので、この言葉に頼るのはやめましょう。

本当に社風に共感し、それを伝えたいのであれば使ってもいいと思いますが、もっと具体的に説明を加える必要があります。

自ら学ぼうとする積極性が感じられない内容

新卒の人、経験が浅い美容師さんにとっては「研修制度が充実しているから」という動機は正直あるかもしれませんが、そのまま伝えるのは避けましょう。

研修で教えてもらえるから大丈夫、という甘い考えと捉えられてしまいます。

サロン側は受け身の人よりも自分から積極的に学ぶ姿勢の人を求めています。

充実した研修を売りにしているサロンならば動機の一つとして挙げるのは良いと思いますが、あくまでも自ら学びたい意欲も忘れずに伝えましょう。

美容師の仕事と関連がない話を織り込んだ内容

たまに、学生時代の部活の思い出や趣味についてなど直接美容師とは関係のないエピソードを含んだ志望動機もあります。

自分の人となりを紹介する場面では披露してもいいエピソードですが、志望動機の中で伝えるなら、その経験や趣味がどう美容師の仕事に結びつくのかまでしっかり伝わるようにしましょう。

NG例に注意して、採用担当者にグッと刺さる志望動機につなげましょう。

採用されるポイントを押さえた印象が良い志望動機を作成してみよう!

採用されるポイントを押さえた印象が良い志望動機を作成してみよう!

実際に、志望動機をまとめてみましょう。

先ほど出た押さえるべきポイント3つを組み合わせて作成するとスムーズにいきますよ

志望動機例1:スタイリストの場合

私は美容学校を卒業してから現在まで7年間、アシスタントを経てスタイリストとして勤務してきました。お客様から指名をいただけるようになりましたが、その分お客様の担当が増え、一人一人のお客様にしっかり関われないことが増えました。
カットをメインに担当することが多かったのですが、お客様の好みに合わせて対応できるよう、アシスタントの方には細やかな指導をし、満足いただける接客になるよう心掛けてきました。
しかし、私は美容師として、一人のお客様をシャンプーからブローまで、すべて自分で担当したいおもいが強く、貴社のように担当スタイリストが一人一人のお客様に寄り添った接客をするスタイルに共感しました。さらに、スタッフ想いの働く環境にも力を入れたサロン創りにも魅力を感じました。
美容師として安心して長く働ける環境で頑張りたいと思い、貴社を志望します。

志望動機例2:カラーリストの場合

貴社のデザインカラーに特化した、豊富なカラーメニューのあるサロン創りに魅力を感じました。トレンドの「外国人風カラー」「ハイライト」「グラデーションカラー」など、カラーの技術が高い環境で、私も学びたいと思いました。
今まで、アシスタントとして先輩スタイリストのお客様のカラーリングのお手伝いをする中で、カラーでお客様をキレイにするカラーリストとしてのやりがいに気づきました。
前職のサロンはお客様層が若いこともあり、デザインカラーが多く得意としています。よりカラーの専門性技術を磨くために、カラーリストの在籍するサロンで経験を積みながら、スタイリストとしても活躍できるようカットの技術も同時に磨きたいと思っています。

このように、過去にどういった経験と悩みがあり、それを入社したい美容室ではどう改善でき貢献できるかをまとめあげることがポイントとなります。

まとめ

まとめ

職を考えている方、志望動機に不安があった方、参考になりましたか?転職をする際に必ず必要になる志望動機ですが、履歴書に書く時や面接で答える時には、志望動機例をそのまま真似するのではなく自分の想いを伝えるようにしましょう。

技術職はスキルや経験はもちろん大事ですが、意外とサロン側は人柄ややる気を重視しています。

今、不満を抱きながら美容師として働いている方は、新たな目標を掲げて頑張り続ける道もありますし、他のサロンに転職する道、アイリストなど美容師免許を活かした他の職業へ転向する道もあります。

転職をする際は、先程伝えた転職を成功させるポイントを抑えながら、サロン探しをしてみてください!

  • 今のサロンでいいのかな?不安がある
  • 給料がもっと上がる美容室を紹介して欲しい
  • 美容師・理容師としての初めての就職だから不安
  • 転職したいけど何からスタートしてよいかわからない
  • ずばり自分にあった美容室を紹介して

相談して悩みを解決しませんか?

一人でも多くの美容師が、その苦労を乗り越えられるように、弊社サロンdeジョブがお手伝いできることがあります!

サロンdeジョブとは

美容業界の転職活動を履歴書の書き方から面接の指導・ポイントの伝授、スケジュール決めなどトータルでサポートしてくれる転職サイト
=> 美容師の求人を覗いてみる

弊社サロンdeジョブは、転職を考えている求職者のお悩みを聞いて、一緒に理想のサロンを見つけるお手伝いをしています。

求人情報だけでは分からないサロンの特徴や、非公開求人のご紹介なども出来ますよ♪

転職のプロが揃っていますので、お気軽にご相談ください。

先にお伝えした転職の際のポイントを踏まえて、よりあなたが有利に転職できるように相談に乗ったり、サロン側との交渉を行っています。

美容業界の多くの求職者を次のサロンに導いてきたノウハウや実績があるので、転職に不安がある方は是非一度ご相談ください。

関連記事