サロンdeジョブ

【美容業界のプロ直伝!】面接準備&マナーまで合格するための面接対策

★面接準備からマナーまで合格をもらうための面接対策を解説★

働く上で避けることができない面接。
面接と聞くだけで緊張してしまう方は多いのではないでしょうか。
しっかりと準備をして面接に臨むことができたら、余計な力が抜けて、面接官によい印象を与えられるはず。
ここでは、採用される人がしている面接対策をご紹介します。

合格に向けた面接対策

ここでは、面接までの準備から面接時のマナーまで、ライバルとなる他の応募者と差がつくポイントをご紹介します。

★準備編★

◆面接に行くサロンを分析しよう
面接対策の第一歩として、サロンのホームページやSNS(インスタグラムなど)で会社の特徴や、そのサロンが大切にしている考え方を調べてみましょう。
そうすることで、サロンの考えに賛同して面接に来てくれたという印象を与えることができ、入社意欲が強く伝わります。

◆アクセスルートを調べよう
土地勘がなく慣れていない場所に行く際、「乗り換える電車はどれ?」「道のりがわからない……」など、迷ってしまった経験はありませんか。
大切な面接当日、電車や道に迷うことなく面接会場に行けたら、気持ちに余裕が生まれ、落ち着いて面接に臨めます。
そのためにも、自宅からサロンまでの経路や電車情報(乗車時間や乗り換えがあるかなど)について事前に検索しましょう。

◆面接のリハーサルをしてみよう
面接時の質疑応答を考えて、伝えたい内容を紙に書いている人は多いかと思います。
紙に書いた内容を見ながら面接はできませんので、伝えたい内容を頭に定着させる必要があります。
伝えた内容を頭に定着させるには「音読」をすること。

一語一句暗記するのではなく、話の流れとキーワードが頭に定着すればOKです。
そして、頭に定着したら友人や家族にロールプレイをしてもらう、または、動画を撮影して、「どんな表情で話している」「声は小さくないか」「姿勢やしぐさ」など、面接時の自身の姿を客観的にみて自己分析をしてみましょう。
ロールプレイを誰かに見てもらうことやご自身の姿を見ることは恥ずかしいと思うかもしれませんが、自己分析をすることで、「これで大丈夫」と自信に繋がるはずです。

◆持ち物
カバンはA4サイズの書類が入る大きめなカバンで、面接ではカバンを机の上に置くことはマナー違反のため、床や椅子の横に置くことができる自立タイプのカバンがベストになります。
持ち物は、「履歴書」「職務経歴書」の他に「手帳」「筆記用具」も持っていきましょう。
履歴書や職務経歴書に誤字脱字、資格の記入漏れなどないよう、しっかりと見直すことを忘れずに。

★身だしなみ編★

◆服装
特に指定がない場合は、一般企業の面接と同じで黒やグレーなどの落ち着いた色のスーツで行きましょう。
サロンによっては応募者のセンスをみるために「私服でお越しください」と指定される場合があります。
私服指定の場合であっても、胸元の開いた服やミニスカート、派手な色などカジュアルすぎる服装はNGです。カーディガンやジャケット、シャツ、パンツやスカート、ストッキングなど、ビジネスシーンに適した服装がベストとなります。
また、シワがあるシャツはだらしない印象を与えてしまうので、しっかりとアイロンをかけること。
ストッキングは伝線してしまうことがあるので、予備のストッキングを持っていくようにしましょう。
靴の色は黒、茶色、ベージュなどを選ぶようにし、先が尖っていないパンプスがベストとなります。

◆髪型
清潔感がある髪型がベストとなります。
バサバサな髪の毛では清潔感がある印象を与えません。
お辞儀などしたときに髪の毛が顔にかからないように、すっきりとまとめた髪型にしましょう。
髪色が明るすぎると落ち着きがなく軽い印象を与えてしまうことがありますが、必ずしも黒髪が良いわけではありません。
髪質や毛量などヘアスタイルによっては、黒髪では暗い印象やお洒落に興味がないなどネガティブな印象となる場合があります。
あなたの雰囲気に合っているなら、多少明るい髪型でもOK。
自然で清潔感が演出できる明るさ「8トーン」以下
染めてもすぐに色が落ちてしまう方は「4~5トーン」がベストとなります。

◆メイク
サロンの雰囲気や面接時に着用する服装に合うことに気を付けながら、素肌がキレイと思わせる清楚系ナチュラルメイクがベストとなります
派手すぎる、ノーメイクはNGです。

清楚系ナチュラルメイクのポイントは

●ファンデーションは厚く塗りすぎずツヤ肌に仕上げる
●アイメイクは強調し過ぎず自然に仕上げる
●チークは、顔色がよく見えるようにピンクやオレンジ系をふわっと頬の高い位置にのせて仕上げる
●口紅は、濃い色合いではなく、自然で顔なじみが良い色合いを選ぶ

◆アクセサリー
腕時計は、シンプルでベーシックな腕時計にしましょう。指輪やネックレスはNGです。
ピアスも基本的にはない方がベストとなりますが、ピアスをするなら極小タイプのシンプルなピアスにしましょう。

★面接マナー編★

◆控室がある場合のマナー
面接官の面接準備が終わるまで、控室または面接する部屋で待ちます。
控室に案内された場合は、スマートフォンを確認したり、周りを見渡したりすることなく静かに待ちましょう。
直接面接部屋へ案内された場合は、履歴書や職務経歴書など持ち物を机の上に準備して、面接官の入室を待ちまます。面接時に携帯の着信音やバイブ音等が鳴らないように、会場に入る前に設定しましょう。

◆入室のマナー
控室から面接部屋に入室する場合は、面接部屋に入るときはドアを3回ゆっくりノックして、面接官から返事があったら「失礼いたします」と断り入室しましょう。ドアを閉める際は、ドアの方に振り返り閉めることをお忘れなく。
面接部屋で待機している場合は、座る席の指示がないときは、下座(入口に一番近い席)に座ります。
面接官が入室してきた際、挨拶は座ったままではなく席を立って挨拶をしましょう。

◆面接中のマナー
面接が始まる前に「本日はお時間をいただきありがとうございます。<名前>と申します。よろしくお願い致します」と明るい声で挨拶をして、面接官から「席にお座りください」と言われたら席に座りましょう。

面接中の質疑応答で好印象を与えるポイントは

●表情は笑顔で、声はハキハキと話すこと
●面接官からの質問には、結論・説明の順番で端的に答えること
●面接官へのお礼は、しっかりと口に出して伝えること

◆面接が終わったときのマナー
面接では誰でも緊張していると面接官もわかっています。
面接が終了したら「本日はこの場を設けていただき、ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えましょう。
そうすることで、相手に対して配慮ができる、礼儀正しいというサービス業に必要な要素が備わっていると、面接官に良い印象を与えられる重要なポイントとなります。

面接担当はここをみている

面接担当はここをみている
面接官が重要視していることは

●入社意欲や将来性
●コミュニケーション力
●接客力
●お客さまに好感の持てる人柄

など、エステティシャンとしての適性があるかを判断します。

エステティシャンとしての適性があると判断するポイントは

●目線を合わせ挨拶ができる
●フランクな話し方ではなく、元気よくハキハキと話せる
●適切な間合いで自分の意見を伝えられる
●相手に聞き取りやすい話すスピードや声の大きさ
●笑顔で対応することができ親しみを感じられる人柄

面接官の意見に合わせ媚びを売る必要はありません。
あなたらしい一面を見たいと面接官は思っています。
面接中は背伸びをせずあなたの意見をしっかりと伝え、誠実性をアピールしましょう。

面接のときによくある質問と対策

面接のときによくある質問と対策

面接官は、「将来的にサロンに利益をもたらしてくれる人材」「店舗の活性化をしてくれる人材」を求めています。さまざまな質疑応答で、自分の持っている強みや経験、貢献できることを伝えられるかが重要なポイントとなります。

次はサロン面接でよく聞かれる質問の対策のポイントをご紹介いたします。

★志望動機★

面接で必ず質問されるのが志望動機です。

エステティシャンの場合

●お肌のお手入れや美しくなりたいなど美容関して興味がある
●エステティシャンの仕事に憧れがある
●御社の技術を習得して、より多くのお客様を美しくするエステティシャンになりたい

など、美容業界で働く意欲を感じられる内容の志望動機がベストとなります。
「自分が綺麗になりたい」「給与や待遇が良かったから」など、自分本位の志望動機はNGです。

★長所と短所★

志望動機に次いでよくある質問として「長所と短所」があります。
面接官は、客観的にあなた自身をどのくらい知っているかを知るために質問しています。

➀長所を伝えるポイント
あなたの長所が、一緒に働く上でどんな活躍をするかを知りたいと面接官は判断します。
●気さくに接することができコミュニケーション力がある
●人の良い部分を見つけるのが得意

など、仕事に取り組む姿勢や対人関係など、面接官に良いイメージができるよう伝えましょう。

②短所を伝えるポイント
短所はネガティブな内容となるため、伝え方にポイントがあります。
例えば、「頑固」が短所だとしたら「意志が強い部分が短所だと思います。さまざまな価値観を受け入れ柔軟な姿勢を心掛けたいです」など、短所をどのように改善したいのかといった点まで伝えられると、短所でも面接官に良い印象を与えることができます。

★自己PR★

自己PRは自己紹介とは異なり、「自分に出来ることは●●です 」とあなたの強みや能力、考え方を具体的にわかりやすく伝えるのが自己PRです。
ここで注意したいポイントとして、強みや経験を一つ以上あると伝えたいことが伝わりにくくなる場合がありますので一つに絞ることです。
あなたの強みや経験はどんなことから学んだのか、その経験が企業に貢献できるのかを順序立ててアピールしましょう。

例文➀

前職では、嫌なことがあってもお客さまの前ではいつも笑顔で接することを心掛け接客をしてきました。
お客さまから「いつも明るい笑顔が素敵だわ」「あなたに接客して欲しい」などご評価をいただき、指名してくださるお客様が月に●名いらっしゃいました。
これからも、お客さまへ笑顔で接客することを忘れずにしていきたと思います。

例文②

ボランティア活動に参加した際、思いやりや相手の立場に立って行動することを心掛けた結果、ホスピタリティについて学ぶことができました。
この経験で学んだホスピタリティを心掛け、お客様の立場に立ち一人一人に寄り添った接客や施術をしていきたいと考えております。

★前職を退職した理由/転職理由★

入社してすぐに辞めてしまうかを判断するために退職理由や転職理由を質問します。
前職で不満や愚痴があったとしても、それをそのまま伝えるのはNGです。
ステップアップするための転職など前向きな退職理由に変換しましょう。

例文➀ 給与が安い

スキルや経験、実績を正当に評価してくれる環境で働きたいから退職しました。

例文② 人間関係に悩んだ

チームワークを大切に、意思疎通を取りながら気持ちよく働ける環境で働きたいから退職しました。

例文③ 研修体制に不満があった

私は「技術」を極めていきたいと考えるようになり、前職の社内教育との方向性が異なることを感じ退職をしました。
御社の「技術」が私の学びたい技術と一致したように思い、御社に志望を決めました。

★将来のビジョン★

どんなエステティシャンになりたいか、将来の夢など、目標を持っているかを判断するために質問します。
3年後や5年後、あなた自身がどうなっていたいか具体的な目標と目標達成に向けた取り組みを伝えましょう。

例文➀

御社の充実した研修体制でしっかりとした知識と技術を習得し、資格取得を目指しスキルアップしたいと考えております。
お客さまに喜んでいただけるエステティシャンになれるよう努めていきます。

例文②

御社の資格支援制度を利用してしっかりとしたスキルを身に付け、ゆくゆくは講師になりたいと考えております。

★美容に関してこだわりや大事にしていること★

お客さまはみな美容意識が高く、エステティシャンが実践している美容を質問したくなるもの。

そうしたお客様に真摯に向き合えるエステティシャンかを判断するために、美容に対しての興味や意識を質問します。
美容に知識は必要ですが、それよりも美容の知識を元にどのように実践しているかを伝えることが重要となります。

★土日出勤や残業は可能ですか★

サービス業以外の一般的な企業では土曜・日曜、祝日やゴールデンウイーク、年末年始などが基本休みとなりますが、一般的な企業の方たちの休みの日は美容業界では書き入れ時となるため、出勤必須なエステサロンも多くあります。
残業は、エステサロンによって「残業なし」ということもありますが、多くのエステサロンでは、研修を営業時間後に実施している場合や、お客さまのご予約上残業をお願いしている場合があります。

そのため、「土曜・日曜、祝日などの出勤や残業は覚悟の上で応募している」と積極的に出勤できますと伝えた方が良い印象を与えます。

★他に面接に行ったサロンはありますか★

新たな就職先を探しているということは、他にも応募していると面接官はわかっていますが、その中でも貴社が第一希望かどうかを知るために質問します。
「御社だけです」など嘘をつく必要はありませんが、たくさん応募していることを正直に伝えても適当に応募しているという印象になってしまいます。会社理念が同じ会社に絞り、その絞った数を答えましょう。

「●社応募していますが、御社の●●に魅力を感じて応募しております。」
「ぜひ御社で働きたいと考えております。」


上記のように、面接しているエステサロンの研修体制や働き方など魅力に感じていることを伝えることで、面接官へあなたの働きたいという強い気持ちが伝わるはずです。

★最後に何かご質問ありますか★

今まで志望動機や自己PRなど面接官から質問されてきましたが、最後は「何かご質問ありますか」と面接官が逆質問します。

ここの質問で面接官は、
●面接官が一通り説明した内容を理解しているか
●社風にあっているか
●あなたの貴社に対する関心度、意欲
●あなたの人柄やコミュニケーション力
上記を判断するために質問しています。

GOODな質問として

●御社に入社するまでに学んでおくべきことはありますか
●客層や仕事の流れ
●キャリアアップ例や評価制度
●研修制度について
●「資格」を御社で活かすことはできますか

など、面接官が答えやすく、あなたがサロンで働くイメージが膨らむ、そんな逆質問をすると働きたい意欲が強く伝わり良い印象となります。

NGな質問として

●既に話した内容を質問する
●待遇面や働き方について
●企業理念やサービス内容など応募する前に調べておくべきこと
●特にありません

など、待遇面(給与や休日)は面接官が答えにくい質問や、「はい/いいえ」など話しが盛り上がらず簡単に答えられる質問は避けましょう。

まとめ

まとめ

ここまでライバル応募者に勝つための面接対策をご紹介してきました。
ネガティブなことも答え方ひとつで、面接官への印象はポジティブな印象に変わります。

面接対策を相談したいという方、あなたの働き方にマッチした理想のエステサロンで働けるよう、あなたの強みや経験に合わせた面接対策を「サロンdeジョブ」では万全のサポートを行っていますのでお気軽にご相談ください。
まず、あなた専任のキャリアコンサルタントが担当としてつき、あなたと一緒に働きたい条件にマッチしたエステサロンをお探しいたします。
そして、履歴書の書き方や合格するための面接対策までしっかりお手伝いいたします。
多くに求職者を合格に導いてきたノウハウと実績がある「サロンdeジョブ」にお任せください。

あなたのエントリーを、心よりお待ちしております!

関連記事