サロンdeジョブ

サロンワークの疲れを解消!簡単にできるストレッチヨガ

美容業界は体力勝負!?

美容業界で働く皆さん!日々お仕事お疲れさまです!
季節の変わり目で寒暖差が激しい日々が続いていますが、体の不調はありませんか?
日々の仕事でたまった疲れはありませんか?

美容業界で働いていない方は、「美容業界ってキラキラした業界でいいな~」「座ってできる仕事だし楽しそう~」なんて仰ることもありますが、、、、、大変なお仕事なんです!!!!

お客様が心地よく施術が受けられるのは、お客様に合わせた態勢や環境を作ってくれているスタッフさんたちのおかげです!

では、日々の仕事で肉体的疲労や症状がどんなものなのか、ネイリスト・アイリスト・エステティシャン・セラピスト・整体師の方にそれぞれ聞いてみました!

肉体的疲労や症状はどんなもの?

肉体的疲労や症状はどんなもの?

◎ネイリスト
肩こり・腰痛・目の疲れ・腱鞘炎

◎アイリスト
肩こり・腰痛・目の疲れ・腱鞘炎

◎エステティシャン
肩こり・腰痛・足のむくみ・腱鞘炎・手荒れ

◎美容師
肩こり・腰痛・足のむくみ・腱鞘炎・手荒れ

◎セラピスト・整体師
肩こり・腰痛・足のむくみ・腱鞘炎・手荒れ

仕事内容は違えど悩んでいらっしゃる肉体的疲労や症状、結構似ていますね!

では、毎日の疲れを改善できる、座ってできるストレッチヨガをお教えしましょう!
今回は、①腰痛②肩こり③目の疲れ④足のむくみ解消の座ってできるヨガストレッチをお教えしますので、レッツヨガ!!!!しましょう♪

~腰痛に効くヨガポーズ~

~腰痛に効くヨガポーズ~

【三角のポーズ】
別名:ウッティタ・トリコナーサナ


体はもちろんストレス解消になります!
通常は立って行うポーズですが、職場でもできるように椅子に座って行ってみましょう!

①足は開かず膝を合わせ、両足裏を地面につけます。
背筋をまっすぐに伸ばし、イスに浅く腰をかけます。
※背筋を伸ばす方法
・肩を前から後ろに回し、一番後ろまできたらストンと落とします。

≪胸がしっかり開いている状態≫

②ここで目をつむって深呼吸を1回しましょう。
③息を吸って。
④息をはきながら、背骨をねじって、左手を右足首まで下ろします。(手を開いて指を閉じる。手の甲を足につける)
⑤右手を上へ伸ばし天井の方へと高く引き上げます。(腕はまっすぐ伸ばす)
目線は手のひらを見るようにし、少しずつ背骨をねじってジワーっと胸を広げながら、5回深呼吸を繰り返します。

~肩こりに効くポーズ~

~肩こりに効くポーズ~

【ワシのポーズ】
別名:ガルダ・アーサナ


通常は立って行いバランスをとるポーズですが、職場でできるように椅子に座って行ってみましょう!

①肘同士を交差させます。
②両腕の肘を曲げます。しっかりと、深くクロスさせるように意識しましょう。
(胸の前でXを作るイメージです)
③肘を90°くらいまで曲げて、手のひらを内にして、両手を合わせるようにします。
(手のひらを合わせられないようであれば、左右の手の甲を合わせてください。
※腕を深く交差するほど、肩こりの辛い部分がストレッチされる
後ろからみると、肩甲骨が左右に広がるようにして動くのが分かります。日常生活で、こんなに肩甲骨を動かすことは、なかなか無いのではないでしょうか・・・?
④呼吸と合わせて、体を上下に5回動かします。
(1)息を吸いながら(胸を膨らませる)肘を上に持ち上げます。
 ※肩の位置はできるだけそのままにして肘から手先を天井へ持ち上げます。肩甲骨の下側の筋肉がピーンと張る感じがします。耳と肩を離すように心がけてみてください。
(2)息を吐きながら、おへそをのぞくようにして、背中を丸める
 ※背骨をひとつずつ丸めるようにして、おへそを見るようにします。肩甲骨の外側・内側がひきつられるように感じることもあるでしょう。

~目の疲れに効くポーズ~

~目の疲れに効くポーズ~

【うさぎのポーズ】
別名:シャシャンガ・アーサナ

頭部に血液を集めることで脳が活性化し、ストレス解消等心にも体にも良い効果を促してくれます♪

①正座の姿勢から、上体を前に倒しおでこを床につけます。(両手は顔の横に)
②息を吐きながらお尻を持ち上げて膝を立てます。(腰の真下に膝が来るように)
③軽くあごを引き、首の後ろを伸ばすようなイメージで、頭頂部を床と垂直につけます。
④深い呼吸を繰り返しながら、頭頂部の心地良いポイントを探てみてください。

↓ここからは、首・頭頂部に痛みが無い場合のみ実践してみましょう↓
⑤④の姿勢のまま下っ腹を軽く締めて、頭頂部と膝で体重を支えます。
⑥手を床から離し、肩甲骨を引き寄せながら、背中側で両手を組みます。
⑦息を吐きながら、組んだ両手を天井に向かって引き上げます。
⑧このまま、3~5回呼吸をしながらキープしてください。

<POINT>

両手を背中側で組み、天井に引き上げることでうさぎの耳を描くポーズ。
この動作を加えることで、さらに肩や背中をほぐし、肩こりのケアにも効果を発揮します。
ただ、首や頭頂部に痛みがある場合や床から手を離すことが不安な場合は、絶対無理をせず、④のポーズで完成です☆
また、頭頂部を床につけている時は、首を痛める恐れがあるので、顔を横に向けないように注意が必要です。

さぁ皆様如何でしたか?
美容のお仕事をされている皆様はお客様からも憧れるスタッフでいたいですよね!
その為にも常に日々リフレッシュしてお客様たちと向き合い、楽しくお仕事をしてもらいたいな!と思っております。

Let’s ヨガ!

関連記事