サロンdeジョブ

アイリスト検定とは?検定は取るべき?取らなくてもいい?

アイリスト検定って? ~目標を持って挑んでみる!?~

ネイルサロン同様、昨今では目元のおしゃれも進化し、マツエクをする女性が多くなってきました。
それに伴い、アイラッシュサロンも増加傾向にあります。
ネイルサロン併設や、美容室内にアイラッシュメニューを取りいれるサロンも増えています。

施術には国家資格である「美容師免許」が必須となりますので、アイリストさんの需要は非常に高くあります!

そして、必須ではありませんが「検定試験」もでき、実施されています。
今回は検定の内容や種類等をご紹介していきます!
持っていると、就職の際に有利になることもあります♪

どんな資格検定があるの?

★①★アイリスト技能検定

まつ毛エクステンションが急速に発展する中、2008年に一般社団法人日本アイリスト協会(通称JEA)が、安全基準統一の意識もなく危険な状態であった「まつ毛エクステンションの提供」に警鐘を鳴らすために設立されました。

この日本アイリスト協会(JEA)が実施している検定試験です。
3・2・1級と級数が設定されており、難易度が高い試験です。

<3級>ベーシックライセンス

対象は、サロンオーナーや、エステ、ネイリスト等で、これから学び始める方向けの内容になります。受験に美容師免許は不問です!
まつ毛エクステンションの概要や基本的な知識が試験内容になります。

<2級>スタンダードライセンス

まつ毛エクステンションの技能を習得した技術者が対象となり、試験は筆記試験と実技試験があります。美容師免許も必要となります。

<1級>プロフェッショナルライセンス

最上級の1級では、トップレベルの知識や技術が要求されます。
「まつ毛エクステンションの全ての技能を習得した技術者」が対象と言われています。
総合的な技術・知識(筆記試験)と、あらゆるタイプのまつ毛エクステンションの施術、特にアレンジアートを必要とした技術検定(実技試験)があります。

もちろん、美容師免許は必要!

日本アイリスト協会の1級のレベルは、非常に難易度が高い事で有名です。
そう簡単には達成する事ができません。実際、JEA1級の保持者は、なかなかいらっしゃいません。
ほとんどが独立されている方で、高技術者、知識に熟知しているアイリストさんとなりますので、就職前に取得するのは難しそうですね。
ある程度経験を積み、転職の際はスクールへの就職の際には検定の力が発揮されるのではないでしょうか

★②★アイデザイナー技能検定

財団法人日本まつげエクステンション協会(JLA)が実施している検定試験です。
アイデザイナーの正しい技術と知識の向上を目的とした、全国の美容師養成施設での教育に使用のテキストに準じた試験です。
アイデザイナー技能検定は4つに分かれています。

<安全技術師>

美容師免許が必要!
施術者の体勢、使用する用具の安全や衛生管理が行き届いているか、装着が適切であるかなど、基本的な技術と知識が必要です。

<認定機構3級>

衛生管理士と安全技術師を取得している事が条件となります。
用具の安全な使用と、装着の正確さが求められます。

<認定機構2級>

認定機構3級の取得が必要です。
サロンワークとしての技術・知識が必要。テーマのデザインに仕上がっているかなどの正確性が求められます。

<認定機構1級>

認定機構2級の取得が必要です。
トップレベルアイデザイナーとしての正確且つ安定した技術力、スピード、バランス、デザイン力など総合的な技術と知識が要求されます。

(認定講師)
認定機構1級の取得が必要であり、他にも法人会員であったり、認定校でのカリキュラムの受講が必要です。

★③★NEA「プロアイリスト検定」

試験の種類が多いのがNEA(日本まつげエクステ協会)の、プロアイリスト検定です。

特許庁から認定された検定であり、合格すると正式に「プロアイリスト」の呼称を使用できます。
まつげエクステに携わる全ての人が安全で正しいまつげエクステを提供し、まつげエクステの普及と発展に努めている協会です。
試験の種類としては、以下の4種類です。

<3級プロアイリスト>

まつげエクステ装着を丁寧かつ性格に実施できるかを問う、最も基本的な試験です。

<2級プロアイリスト>

どんなまつ毛に対しても、クオリティの高い装着ができるかが問われます。
お客様に施術が許可されるレベルです。

<1級プロアイリスト>

サロン内の第一線で活躍できるような、トップクラスの技術と知識が要求されます。
全てに、筆記と技術試験があります。

<プロアイリスト認定講師>

サロン内の店長クラスやスタッフ教育担当者、またスクールでの講師として認定する級位です。
試験ではレポート作成や講義の実地試験、面接等にて講師としての適正を判定します。

ここでは3つの検定を上げましたが、他にも検定試験を設けている団体はあります。

検定はとるべき?

検定はとるべき?

検定を取る・取らないは個人の自由になりますので、自分のアイリストとしての目的・目標と照らし合わせて、必要であれば受験してみるといいでしょう。

まだ、検定を持っている人は多くいませんので、就職の際に“意識の高さ”“熱心さ”が先方に感じて頂けるでしょう。資格というのは、モチベーションの向上に効果的なので、既にアイリストとして勤務されている方も、日々こなす施術の中で、1つの目標にもなると思います。

サロンによっては検定試験への挑戦を全面的にバックアップしている所もあります。
日々、目標やチェレンジを重ねることは大事ですので、検定試験について考えてみるのもよいかもしれません。

検定の効果あり!?アイリスト求人のご紹介

検定の効果あり!?アイリスト求人のご紹介

【その① アイリスト×川口駅の求人】
>>まつ毛エクステンション協会の公認講師在籍サロン!

高い技術を取得できるので、経験者の方でも、より高い技術を学んでいく事が出来ます♪

~アイラッシュサロン求人(川口)~ その① はこちら

【その② アイリスト×西葛西駅の求人】
>>社団法人日本まつげエクステンション協会公認サロンと同時に本部公認スクールも運営。

個人スクールとは違い、全国の基準を超えた技術を安心して学ぶ事が出来ます。

~アイラッシュサロン求人(西葛西)~ その② はこちら

【その③ アイリスト×八王子駅の求人】
>>エクステの国際大会受賞者が在籍!
まつ毛エクステンション協会の公認講師在籍!!

◇土日希望休OK◇産休育休あり◇講習会あり

~アイラッシュサロン求人(八王子)~ その③はこちら

他にもアイラッシュサロンの求人はございます!
検定を取得していない方、検定を取ったけど、うまく活かせていない方など・・・
サロンdeジョブではあなたの「ご希望の条件」から「入社」までをしっかりサポートしますので、お気軽にお問合せ下さい☆

関連記事