サロンdeジョブ

トップスタイリストになるための基準や条件とは☆キャリアアップを実現しよう!

トップスタイリストになるための基準や条件とは

美容師にとって『トップスタイリスト』は憧れの存在。
「このまま働き続けたらトップスタイリストになれるのかな」「どのような努力をしたらトップスタイリストになれるのかな」と疑問に思ったことありませんか?
今回は、トップスタイリストの基準を満たすために必要な条件をご紹介します。
さらに生涯美容師として活躍し続けるためのキャリアプランについてもお話をしたいと思います。

トップスタイリストとスタイリストの違いとは

スタイリストは、カット・カラー・パーマなどの施術が自分一人で担当するスキルを持った人のことをいいます。
トップスタイリストの基準は、サロンによって異なりますが

  • カットやパーマなどの美容師技術やセンスが高い
  • お客さまの要望を上手に引き出せるコミュニケーション力
  • 施術中お客さまをリラックスさせられる会話術
  • 一定の売上を維持できる  など

人気スタイリストとして認められたらトップスタイリストへランクが上がるサロンが多いようです。

トップスタイリストに必要な条件とは

スタイリストからトップスタイリストになれるまでの経験年数は一概に何年と断言することはできませんが5~10年程度といわれています。
トップスタイリストへいち早く上がるための基準は、前述のように、「技術力」「コミュニケーション力」「顧客数」が一定以上必要です。
項目別に詳しくご紹介します。

技術力

カット・カラー・パーマなどの基本的な技術にプラス、お客さまのご要望を再現できる高い技術が求められるので、 日々の努力はもちろんのこと、さらにセンスを磨くこともトップスタイリストになるために必要です。
高い技術力とセンスを習得するために、美容師技術とは別にメイクや着付けなどのヘアメイクの技術を学び、TV・雑誌・CM・映画などサロン以外の仕事を手掛けているトップスタイリストが多くいます。

アイコン
最近では、サロン独自でさまざまなコンテストに参加している、撮影会を定期的に行っているなど、ヘアメイク技術を同時に学べるサロンも増えているので、トップスタイリストを目指している方は、コンテストや撮影会にも力を入れているサロンを選ぶことをお勧めします。

コミュニケーション力

お客さまは、自分と相性がよい美容師にお願いしたいと考えていますので、会話力をはじめとするコミュニケーション力が必要です。
カウンセリングでは、お客さまが望んでいるヘアスタイルを引き出せる「聞き上手」になり、お客さまを担当する施術中はどんな話題にも対応できる「話し上手」になる、「聞き上手」と「話し上手」を使い分けることで、お客さまに良い印象を与えられます。

アイコン
お客さまの滞在時間は約2時間程度あるため、雑誌やTV、Instagramなどから流行や時事ネタをチェックしましょう。 どんな話題にも対応できる会話力が、お客さまと良い関係性になれるために身に付けたいコミュニケーション力です。

顧客数

サロンがトップスタイリストへランクを上げる評価基準として、スタイリストがサロンにどのくらい貢献しているかも参考にしていますので、スタイリスト歴が長く技術力があるだけではランクは上がりません。
一定の売上を高い水準で維持することがサロンへの貢献に繋がりますので、指名してくれるお客さま「固定客」を増やすことが必要です。

アイコン
ヘアサロンには老若男女幅広いお客さまが利用されますので、それぞれの年齢に合わせた「技術力」と「コミュニケーション力」どちらもあなたの強みとして身に付けておくことで固定客を増やすことができます。

トップスタイリストから先のキャリアとは

トップスタイリストから先のキャリアとは

トップスタイリストからその先のキャリアも目標にすることで、生涯美容師として活躍できる、収入面をアップできる、独立開業に向けた経験を積めるなどメリットがありますのでご紹介します。

店長

店長の仕事は、お客さまの施術を担当するだけではなく、売上管理、シフト管理、顧客管理、技術指導などサロン全体を管理するマネージメント業務と、本部やオーナーとサロンスタッフとの架け橋となり双方の考えを取りまとめる業務がプラスされます。
美容師として働きながらサロンやスタッフを管理するという二刀流の働き方を求められるため大きな責任を担うことになりますが、固定給にプラス役職手当を設けているサロンが多くありますので、毎月安定した給与を支給されるメリットがあります。

アイコン
トップスタイリストとして一定の経験を積んだ方や、家庭を持ったなどの理由で給与を安定させたい方は店長を目指すことをお勧めします。

マネージャー

複数の店舗を展開しているサロンでは、数店舗やエリアごとにマネージャーという役職を設けています。
マネージャーは、担当する複数店舗を同時に管理(人材育成、労働管理、売上管理等)することを求められますので、定期的に担当する複数店舗を巡回しサロンの状況を把握しなくてはいけません。

アイコン
マネージャーの仕事は多岐にわたるため大変ですが、会社の経営に携わるという貴重な経験を積めるメリットがありますので、独立開業を考えている方はマネージャーまでキャリアアップを目指すことをお勧めします。

業務委託

独立開業を考えている方は、マネージャーまでの経験を積んだ後、いきなり独立開業するのではなく「業務委託」として働く選択肢もあります。
業務委託とは、既存店舗の1面を借りて個人営業するという働き方です。
そのため、雇用されていた時に企業が代わりに行ってくれていた「集客」「税金や保険の手続き」は、自分自身で行わなければならないという大変さはありますが、マネージャーだけでは経験できない独立開業に必要なことをより具体的に学べるメリットがあります。

アイコン
実力さえあれば身一つで稼げる、自分で店を構えて設備や商材などを一から用意する経費の負担がないというメリットもありますので、トップスタイリストまでランクが上がっても、独立開業するのではなく業務委託として活躍しているトップスタイリストも多いです。

独立開業

美容室の数は増加の一途をたどり過当競争を繰り返しており、多くのリピーターがいて、いつも繁盛しているという美容室はとても少ないため、成功する可能性と失敗する可能性がどちらも大きくあるというのが実情です。
独立開業を成功するためには、人件費、テナント料、宣伝広告費、水道光熱費など、サロン全体の利益から全ての経費を差し引いても黒字になれるよう、収益が出せる店舗経営ができるかどうか、しっかりと事前に精査することが必要となります。

アイコン
FC店舗として独立開業をサポートしてくれるサロンもありますので、独立開業まで目指している方は、ご自身の力でサロンを立ち上げるのか、FC店舗としてサロンを立ち上げるのか、一度よく考えてみると良いでしょう。

まとめ

まとめ

アシスタントからスタイリスト、スタイリストからトップスタイリストへランクが上がるまでの基準や期間はサロンによって大きく違いがあります。
また、コンテストや撮影会に力を入れている、店長などへキャリアアップできる、FC店舗展開をしているなど、自分の希望するサロンへ転職したくても求人情報やサロンのホームページだけではなかなかわからないもの。

アイコン
自分の目標に合ったサロンを見つけたい方は、美容に特化した紹介会社『サロンdeジョブ』がお勧めです。

事前にヒアリングを行っていますので、求人情報だけでは分からないサロンの特徴をしっかり把握した上で、あなたの希望に合ったサロンをご案内します。
公開されている求人の他、非公開求人などもありますのでお気軽にお問い合わせください。

あなたのエントリーを、心よりお待ちしております!

関連記事