サロンdeジョブ

美容師の休み事情は?年間休日や休日の過ごし方、休みやすいサロンの選び方を紹介

働く上で、職場環境や給料などさまざまな面が気になりますが、中でも重要な項目の一つが休日ではないでしょうか。

友人と出かけたり、趣味を楽しんだりと、休日を思う存分楽しむために「どれくらい休みがあるのか」を重視して、職場を探す方も少なくないでしょう。

とはいえ美容師の休み事情が、実際にはどのようなものなのか知らない方が多いはず。この記事では、美容師の年間休日や休日の過ごし方などを紹介します。

希望の休日が取りやすいサロンを選ぶ方法も紹介するので、美容師として働きたい方や休みを重視される方は、ぜひ参考にしてみてください。

美容師の休み事情とは?固定で休める日はあるの?

美容師の休日は、月に6~7日程度あるのが一般的です。

もちろん働く店舗や時期などにも左右されますが、基本的には「週1+隔週で1日」の休みを取れるスタイルが多くなっています。

多くの会社や学校が休みになる土日や祝日は、美容師にとっては顧客が増える繁忙期なので、基本的に休みは平日です。

一般的に美容室が定休日となるのは、月曜日もしくは火曜日が多い傾向にあります。

お盆やゴールデンウィークなど、大型連休はズラして休みになることが多くなっています。どこに出かけても、連休による混雑に巻き込まれる心配はないでしょう。

「混雑を回避して人気スポットで遊べる」「旅行費用が割安」など、平日が休みなことで得られるメリットも多くあります。

また最近では働き方の見直しが進んでいる影響もあり、完全週休二日制やリフレッシュ休暇などを取り入れている美容室も増えており、働きやすい環境が整ってきているのが現状です。

労働基準法で定められている年間休日は105日

労働基準法では、年間休日は最低でも105日と定められており、これは労働時間と休日の規定から最低限必要な日数です。

労働者の「労働時間」は1日に8時間、1週間に40時間を超えないこととされています。

「休日」は、毎週1日の休日もしくは4週間を通じて4日以上の休日を与えることが、雇用主に義務付けられています。

こうした労働時間と休日の規定を満たせる最低ラインが「年間休日105日」。美容師も例外ではないので、少なくとも年間105日は休日がある計算です。

美容師の休日の過ごし方は?

のんびり休むだけでなく「スキルアップ」に勤しむことも多いのが、美容師ならではの休日の過ごし方でしょう。

もちろん友人と遊びに出かけたり趣味に打ち込んだりと、リフレッシュすることもあれば、自宅でゆっくり過ごしてリラックスすることもあるなど、一般的な社会人と変わらない部分はあります。

しかし以下のように、スキルアップにつながる過ごし方もあります。

●セミナー・講習会に参加する:
カットやカラーのスキルはもちろん、接客マナーや一般常識、心理学など、カットや接客のクオリティアップにつながる勉強を行う

●撮影会に参加する:
フォトスタジオなどにモデルを招いて、ヘアスタイリングから撮影までを行う。自身の練習や先輩からの勉強につながる

こうしたイベントへの参加以外にも「美術館や映画館へ行き感性を磨く」「ショッピングに出かけて流行を知る」「流行のヘアスタイル情報を収集する」など、普通の休日を過ごしていても仕事に結びつきやすいのも、美容師ならではだといえるでしょう。

休日の過ごし方は人それぞれですが、新しい刺激を受けることで、仕事にプラスになりやすいのは、クリエイティブな職種である美容師だからこそです。

希望の休日が取りやすいサロンを選ぶ3つの方法

「休日は趣味を思いっきり楽しみたい」など、休日を満喫したい方にとっては、希望の休日が取れる職場環境は必須項目でしょう。

希望した休日を取りやすいサロンを選ぶ方法を3つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

シフト制のサロンを選ぶ

シフト制のサロンを選ぶことで、希望した日に休みをもらいやすくなります。

美容師の休日は「定休日が休みの場合」と「シフト制で希望した日が休みになる場合」の、大きく2パターンあります。

定休日のみ休みの場合、休日が固定されているため、休みたい日に休みにくくなりますが、シフト制であれば事前に休みの希望を提出することが可能です。

もちろん人員の多さやシーズンなど状況によって左右されるため、従業員同士で調整しながらではあるものの、基本的には休みたい日に休みを取りやすくなるでしょう。

特に人員が十分に足りている規模の大きめの店舗であれば、休みを取っても他の人にカバーしてもらえるため、都合の良い日に休みを取りやすくなります。

場合によっては、土日祝など美容師が休みにくい日でも、休日を取れる可能性もあります。

また離職者が出た場合でも、出勤日数が増えて負担が増す心配もないでしょう。

希望した日に休みをもらいたい方は、シフト制を導入している規模が大きめのサロンがおすすめです。

年間休日日数の多さを確認する

年間休日日数の多いサロンであれば、十分な休みを確保しながら働きやすいでしょう。

サロンによって、基本的な休みの日数は異なります。例えば週休二日制のお店もあれば、完全週休二日制を導入しているお店もあります。

完全週休二日制であれば、必ず週に二日は休みが確保されるため、仕事とプライベートのバランスを整えやすいでしょう。

またバースデー休暇を設けている場合や、定期的に連休を取得できる場合など、働き詰めにならないよう工夫されているサロンもあります。

場合によっては時短勤務ができるなど、子育て世代にうれしい体制作りを行っているサロンもあります。

より良いサービス提供のため、休みを充実させて美容師のモチベーション向上に努めているサロンであれば、しっかりと休んでしっかりと働くことができるでしょう。

有給取得率を確認する

有給取得率を確認して、有休を取りやすい環境なのか確認するのも大切です。

有給の取得を奨励していても「実際に取得できるのか」「取得しやすい雰囲気なのか」どうかは、働いてみないと分からない部分もあります。

そこで面接時など入社する前に、有給取得率を確認しておくと、休みやすい環境かどうか判断しやすくなります。

先輩や上司など、既に働いているスタッフが、どのくらい休みを取れているのかは大事な指標です。

聞きにくい話題ではありますが、面接時に「有給取得率はどれくらいですか」「有給を取りやすい雰囲気ですか」など、しっかりと確認しておきましょう。

有給消化率が高い状況であれば、希望した日に休みを取れる環境である可能性が高いと考えられます。

美容師は休みやすい環境が整ってきている

美容師の繁忙期は土日祝など休みの時期なので、基本的には平日が休みとなります。

ひと昔前までは「休みが少ない」などネガティブなイメージもありましたが、近年では働き方改革の影響などもあり、休みの多い職場環境も増えてきています。

仕事とプライベートを両立させるためには、どうしても「休みの多さ」や「休みやすさ」が気になるところです。

しっかりと休みが確保されていれば、趣味や友人との遊びを満喫したり、スキルアップの時間にしたりと、公私ともに充実した日々を過ごせるでしょう。

仕事も休みも楽しみたい方は、シフト制のサロンを選んだり、有給取得率を確認したりして、しっかりと休みながら生き生きと働ける環境なのかチェックしてみてください。

関連記事