サロンdeジョブ

美容師の年齢事情を徹底解説!生涯美容師として働く方法とは?

美容師の年齢事情を徹底解説!

美容師は自由な働き方ができる職業のイメージがありますが、「美容師は40代まで」のような説も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
現在美容師として働いている方の中には、この40代定年説は本当なのか不安に思う方も多いことでしょう。
しかし、実際は50代60代になっても現役で活躍している美容師はいます。
今回は、40代を過ぎてもキャリアを積み、生涯美容師として働ける方法についてお話したいと思います。

美容師として現役で活躍できる年齢とは?定年ってあるの?

結論から言うと美容師に定年はありません。
しかし、美容師の労働環境は自由な働き方ができるイメージとは裏腹に、給料が安いことや長時間労働などかなり過酷。
そのため、40歳を超えた頃から体力面に不安を感じて美容師を辞める、美容室の経営者や管理職となって実務から離れる、独立をする美容師が多いことから、20代~30代の美容師が多い印象がついてしまい40代定年説が生まれたとされています。
とはいえ、50代60代でも現役で活躍する人も少なからずいます。
美容師免許は一度取得すると生涯有効となりますので、美容師の定年は自身が美容師を引退しようと思ったときといえます。

美容師にとってターニングポイントとなる年齢

美容師のターニングポイントとなる年齢は30代となります。
なぜなら、美容師の給与はなかなか上がらないことや、土日祝に出勤する場合が多いことから、結婚に不安を感じる男性美容師や、結婚・出産・育児などで仕事と家庭との両立が難しくなった女性美容師が、異業種へ転職・業務委託や面貸しなど雇用形態を変える・独立を考える方が多くなるからです。

美容師が独立する平均的な年齢やタイミングとは

美容師が独立する平均的な年齢やタイミングとは

美容師として働き始めてから8年~10年後の35歳~40歳が独立をする平均的な年齢と言われていますが、独立するためには、スタイリストとしての実績や経営のノウハウは必要となります。
具体的には
・お客さまのニーズに合わせたヘアスタイルを再現できる高い技術力があり、一定の売上を維持できる
・個人経営ができるヘアサロンで働き、経営や運営ノウハウを学ぶ  

など、独立をしても一人前の美容師として生活ができるようになったときが独立するベストなタイミングといえます。

独立をするための準備

まず個人で独立を成功させるためには、スタイリストとしての実績、経営や運営ノウハウを学ぶ以外にも、独立までにしておきたい準備が4つ挙げられます。

資金について

独立資金として1,000万円〜2,000万円程度必要となります。
初期費用以外にも、ヘアサロンがオープンしてからもいろいろと運転資金がかかりますので、お金に関しては余裕をもって起業したいもの。
銀行よりも融通がきき、無駄な出費や時間が省ける「日本政策金融公庫」から融資を受けることを検討してみましょう。
日本政策金融公庫から融資を受ける際、事業計画書が必要となります。
融資をより確実に受けるために、ある程度事業計画書を請け負ってくれるコンサルティングに依頼や相談をしましょう。

開業手続きについて

ヘアサロンを開業するにあたって、「保健所」「都道府県税事務所」「税務署」へ提出する書類があります。
以下に提出場所ごとに書類と期限をまとめました。
特に提出する時期はそれぞれ違いますので、必ず確認しましょう。

保健所
「開設届」「施設の位置図」「構造・設備の概要」「従業者名簿と美容師免許証」「医師の診断書」を開業10日前までに届け出る。
都道府県税事務所
「事業開始等申告書」を開業後すみやかに提出する。
税務署
「個人事業の開業届出書」を開業後1ヶ月以内に
必要な場合は「青色事業専従者給与に関する届出書」も届け出る。

ヘアサロンのコンセプトについて

自分のヘアサロンをどんなふうにするかコンセプトを考え、そのコンセプトに合ったターゲットや立地、店舗の外装や内装など、思い描いているヘアサロンを具体化していきましょう。

集客方法について

オープン当初は、ヘアサロンの知名度はありませんので、集客方法を考えなくてはいけません。
・ヘアサロンのホームページを作成する
・チラシを作成してポスティングをする
・クーポンサイトにサロン情報やクーポンを載せる
・SNS(Instagram)などでサロン情報を発信する
など、さまざまな宣伝広告をして顧客を獲得しましょう。

FC店舗

独立には、個人でヘアサロンを開業する方法と、企業のフランチャイズ(FC店舗)として開業する方法があります。

FC店舗のメリットは
・開業から運営までサポート(商材の仕入れや広告が低コストに抑えられる)が受けられる
・企業ブランド力により家賃交渉が有利となり好立地な物件が借りられる
・お客さまの認知度が高いから集客が見込まれる
など、事業失敗のリスクが低いメリットがあります。


しかし、企業と同じコンセプトでなくてはならないため自由が制限されるデメリットや企業に支払うロイヤリティの金額が高額なことも。

自分自身の個性を活かした理想のヘアサロン展開を追求したいと思っている方には、FC舗での独立は難しいといえるでしょう。

独立以外にも美容師として活躍できる方法とは

独立以外にも美容師として活躍できる方法とは

ヘアサロンの数は増加の一途をたどり過当競争を繰り返しています。
ヘアサロン全体の利益からすべての経費(人件費・テナント料・水道光熱費など)を差し引いても黒字にならなくては倒産してしまいます。
独立は、成功する可能性と収益が伸びず失敗する可能性、どちらも大きくあるのが実情です。

美容師は、実力さえあれば身一つで稼げる職業です。
次は、独立ではなくても美容師として働ける方法をご紹介します。

業務委託・面貸し

業務委託や面貸しとは、既存店舗の1面を借りて個人経営をするという働き方となるため、ヘアサロンの設備や商材などを一から用意する経費の負担がなく働けます。
独立をして倒産するリスクを背負うより、雇用されていた時よりも自由度が高い業務委託や面貸しで働く美容師も多いです。

福祉美容師

福祉美容師とは、介護が必要な方や障害のある方の自宅や病院、福祉施設へ訪問し、美容の施術を行う美容師のことです。
福祉美容師はまだ聞きなれていない方も多くいるかと思いますが、今後ますます少子高齢化が進む日本では、今後さまざまな場所で活躍することになるでしょう。

高齢者や障害者の気持ちに寄り添えるきめ細やかな配慮が求められることから、若い方より安心感がある40代以上の美容師の需要が高い傾向にあります。
年齢が上がっても美容師として活躍し続ける選択肢の一つとなりますので、将来を見据えて福祉美容師を目指すのも良いでしょう。

ヘアメイクアーティスト

美容師スキルの他に、ヘアセットやメイクアップ技術がある美容師は、ヘアメイクアーティストへ転職という選択が広がります。
ヘアメイクアーティストと聞くと、多くの方は雑誌の撮影やファッションショーにてモデルやタレントを担当するなど、芸能の世界で働くイメージがあるかと思いますが、結婚式場やフォトスタジオにてヘアメイクや着付けをするなど、身近にもヘアメイクアーティストとして活躍できる場所はあります。

美容師免許を活かし他業種へ転職

美容師免許を活かした働き方に「アイリスト」があります。
もともとは無免許でもアイリストとして働けましたが、現在はアイリストとして働く条件としては美容師免許が必須となったため、アイリストは慢性的な人数不足が続いている状況です。
それにより待遇面も整っている場合が多くるため、美容師からアイリストへ転職する人が増えています。

まとめ

まとめ

ここまで「40代定年説」の理由、独立開業する場合のタイミングなど、美容師と年齢についてお話しました。
国家資格である美容師は、年齢が上がっても安定して働ける方法はたくさんあります。

アイコン
生涯美容師として働ける転職先を探している方は、美容業界に特化した紹介会社【サロンdeジョブ】がおすすめです。

多くの求職者を次のサロンに導いてきたノウハウや実績があるので、あなたの希望に合ったヘアサロンをご案内いたします。

あなたのエントリーを、心よりお待ちしております!

関連記事