サロンdeジョブ

エステティシャンには年齢制限あるの?年齢が上がっても活躍できる方法とは?

エステティシャンには年齢制限あるの?年齢が上がっても活躍できる方法とは?

エステティシャンは無資格でも働けるため、若い方を中心に人気の高い職業として定着してきました。
美容業界の中でも若い方が多く働いているイメージがあることから、「エステティシャンに年齢制限はあるの?」「年齢が上がっても働ける?」と気になる方もいるのではないでしょうか。
今回、エステティシャンとして働ける年齢についてお話していきたいと思います。

エステティシャンに年齢制限はある?

結論から言うと、エステティシャンに年齢制限はありません。
お客さまの中には、加齢による肌やボディラインの悩みを理解してもらえる同年代のエステティシャンを好む方もいますので、年齢が大きな強みになることも。
最新美容技術やトレンドを常に学び続けるなど、美容や仕事に対するモチベーションを高く持ち続けることで、年齢を気にすることなく働き続けられます。

年齢が上がってもエステティシャンとして働ける?

エステティシャンは年齢を気にすることなく働けるとはいえ、立ちっぱなし、休憩がしっかり取れない、身体に負担がかかる施術があるなど、エステティシャンのお仕事は体力勝負な一面もあります。
年齢が上がり体力に不安を感じたら、座って施術ができるフェイシャルを中心に施術を担当するなど、年齢に合わせた施術内容に変えることを、店長をはじめとする役職者に相談してみましょう。

アイコン
日頃から体力が維持できるような身体づくりも、エステティシャンとして長く働き続けられる秘訣です。
身体のメンテナンスや食生活など、ライフスタイルにも気を配りましょう。

生涯エステティシャンとして活躍する方法

生涯エステティシャンとして活躍する方法

生涯エステティシャンとして活躍する方法として施術者以外にも、「キャリアアップ」「独立開業」「講師」という選択肢があります。

キャリアアップ

複数店舗展開しているエステサロンには、店長やエリアマネージャーという役職者を設けています。
役職者は、サロンの売上やシフト管理、技術指導など、サロンや会社の経営に携わる業務が中心です。
そのため、大きな責任を担うことになりますが、お客さまの施術は少なくなりますので、体力に不安を感じている方は、転職をすることなく同じエステサロンで働き続けられます。

独立開業

エステサロンは広いスペースを必要としないため、自宅の一部をエステサロンとして開業できます。

自宅で開業するメリットとして
・場所の契約金や家賃などの初期費用が抑えられる
・通勤がない
・営業時間や予約の取り方を自由に決められる
・仕事と家庭の両立ができる
などが挙げられます。

しかし、集客力が弱いというデメリットがあります。
サロンのPR、施術内容や施術効果などを紹介するチラシを作成してポスティングをする、タウン誌に掲載する、SNS発信(Instagram)など、広告宣伝をして顧客を獲得しましょう。

エステサロンを自宅で開業するにあたって必要な手続きは「開業届」のみです。
開業にあたって必須の資格はありませんが、お客さまから信頼と安心感を持ってもらえるためには民間の資格を取得するのも選択肢の一つでしょう。

講師

講師と一言でいっても、働いているエステサロン講師、美容専門学校やスクール講師、外部講師があります。
どの講師でも、講師となる上で必要なスキルは知識や技術だけでは足りません。
教える相手に、具体的且つわかりやすく説明できるスキルも必要です。
知名度の高い有名講師のセミナーやイベントに行き、実践的な講師スキルを学びましょう。
講師を目指しているなら、講師としての信頼性を高めるために、民間の資格を取得することを推奨します。

エステティシャンへの転職を成功させる秘訣とは

経験者、ブランクがある方、未経験者、それぞれに合った転職を成功する秘訣をご紹介します。

経験者編

キャリアアップを目指して転職を考えている方や、年齢に合った施術ができるエステサロンへ転職を考えている方は多くいると思います。
経験者が転職の際に気を付けたいポイントは、エステティシャンとして働き続けたい熱意を伝えることです。
前職での不満や体力に不安があるなどのネガティブな退職理由は避け、役職者へキャリアアップを目指している、もっとフェイシャル技術を高めたいなど、ポジティブな退職理由に変換しましょう。

ブランク編

結婚・出産・育児でエステティシャンを辞めた方も多くいるでしょう。
サロン側は、サロンに貢献できる人を採用したいと考えていますので、ブランクがあるとはいえ、未経験者よりもエステティシャンとしての経験や実績ある方が転職の成功率は高いといえます。
エステティシャンとしての経験や実績の他に、マイホームを購入しているから引っ越しの心配がない、子育てが落ち着いたなど、長期的に働けることもしっかりアピールしましょう。

未経験者編

未経験者がエステティシャンへ転職をする際、まず今までの職歴の中でエステティシャンへの転職が有利となるあなたの強みを自己分析してみましょう。
例えば、エステティシャンに必要なスキルのひとつに「コミュニケーション能力」があります。
アパレル業や営業職などコミュニケーション能力が必要な接客業に携わった経験は、未経験者にとって大きな強みです。

あなたの強みと合わせて、エステティシャンへの熱意、長く働き続けられる、今後どのようなエステティシャンになりたいかもアピールしましょう。

まとめ

まとめ

ここまで、エステティシャンとして働ける年齢についてお話してきました。
今後ますます少子高齢化が進むことにより、お客さまの年齢層も高くなると予想されます。
そのため、年齢層の高いお客さまの悩みを理解し受け止められる、同年代のエステティシャンの需要も高くなっていくでしょう。
「もう年だから」と年齢を理由にエステティシャンへの転職を諦める必要はありません。

アイコン
将来を見据えて生涯エステティシャンとして働き続けられる転職先をお探しの方、美容業界に特化した紹介会社【サロンdeジョブ】にご相談ください。

長年に渡り美容業界へ転職される多くの方をサポートしてきたノウハウがありますので、あなたに合ったエステサロンがきっと見つかるはずです。

あなたのエントリーを、心よりお待ちしています!

関連記事