サロンdeジョブ

アロマセラピストの仕事はきつい!?ホンネと働きやすい職場とは?

どこかでアロマセラピストの仕事はきついと聞いたことがある方もいるかもしれません。アロマセラピストは職場によって、働きやすさが大きく違ってくる仕事です。これから目指す方はその辺もしっかりと把握しておいたほうがいいでしょう。

この記事では、アロマセラピストの仕事のやりがいから、何がつらいのかまで詳しく解説します。働き方によってはマイペースに働ける場合もあるようです。ぜひ最後まで読んでみてください。

アロマセラピストってどんな仕事?

アロマセラピストとは、精油(エッセンシャルオイル)と呼ばれる天然の植物や花から抽出したものを使って人々の心身をケアする仕事です。仕事を始めるにあたって特別な資格は不要なく、場所によっては未経験の方でもチャレンジできる環境があります。主な仕事内容は、アロマカウンセリングとアロママッサージの2つです。

アロマカウンセリング

アロマカウンセリングとはカウンセリングでお客様が抱える悩みを傾聴し、お客様にとって最適なアロマオイルの提案や販売を行ったり、サロンにてアロママッサージの施術を行ったりする仕事です。

アロママッサージ

アロママッサージとは、精油を使ってマッサージする施術です。厳密にはアロマトリートメントと呼ばれます。アロマに含まれる成分の香りとマッサージのダブル効果で、心身を健康的なものに近づける効果が期待できます。

アロママッサージを行う目的はさまざまです。顔や身体のコリをほぐしたり、美を求めて小顔や部分痩せを目指したりします。

ここがきつい!アロマセラピストの悩み

アロマセラピストに華やかなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかし実際は体力が必要な場合も多く、耐えきれずに退職につながってしまうケースも少なくありません。

ゆっくり休憩ができない

アロマセラピストは働く職場によって環境が異なるため一概にはいえませんが、お客様主体のサービスを提供するため、ゆっくり休憩できない場合がほとんどです。特にサロンで働く場合はこの傾向が強くなります。

雇用形態が正社員ではなく業務委託の場合が多く、しっかりと決められた休憩時間がほぼありません。予約と予約の合間には片付けもしなければいけないため、ゆっくり休憩できる環境が整っていないのが現状です。

お客様の疲れをもらってしまう

癒しを求めてアロマ専売店やサロンに足を運ぶお客様は疲れている方が多く、イライラしていたり、マイナスの感情が強かったりすることも珍しくありません。

アロマセラピストはアロマの香りやマッサージの力を活用しながら、癒しを求めるお客様をケアするのが仕事ではあるものの、人によってはお客様から疲れをもらってしまう場合もあるようです。

疲れをもらってしまったときにうまく気持ちを切り替えるスキルは経験とともに身に付いていくものですが、セラピストによってはお客様の感情に影響を受けてしまい、それがつらくて退職する方もいます。

コミュニケーション力が求められる

アロマセラピストの仕事は接客業なので、さまざまな考えや価値観を持ったお客様とコミュニケーションをとらなければいけません。何気ない会話の中でも、お客様にとって不快な内容でないか、失礼にあたらないかなどと、気を配りながら接する必要があります。

手や指にかかる負担が大きい

アロマセラピストはお客様に精油を使って身体をマッサージする仕事がメインのため、手のケアは欠かせません。1年中、指先の手荒れや乾燥に注意しながら生活することになります。手のケアに気が抜けないのは、セラピストのつらい部分だともいわれています。

施術中は指や手のひらに体重をかけながらお客様の疲れやコリをほぐしたり、リンパの流れを整えたりするため想像以上に体力が必要です。場合によっては同じ作業を長時間やることもあるため、腱鞘炎や腰痛になってしまうセラピストもいるようです。

スタート時は給料が低い

アロマセラピストは、経験やスキルが身に付いていない新人のうちは、給料が低い傾向にあります。サロンによって給与形態は異なるものの、指名制や完全歩合制を取り入れている場合が大半を占め、お客様からリピートをもらうことで売り上げを増やします。
そのため、固定客が付くまでは給与が低くなりやすいようです。

アロマセラピストはおもてなしの心を大切にしながら、お客様の疲れを癒す仕事です。お客さまの悩みを解消に導くにはどうすれば良いのか、新人のうちはいろいろと勉強して学んでいく姿勢が大切です。

アロマセラピストのやりがい

アロマセラピストはつらいことも多いものの、それと同じくらい仕事をやっていて良かったと思えるようなやりがいもしっかりと感じられる仕事です。

お客様の喜びにつながる

アロマセラピストの仕事はお客様との距離が近くコミュニケーションを多くとるため、感謝の言葉を直接言ってもらいやすい立場にあります。施術前は疲れていたお客様でも、自分が施術したことで少し楽になって喜んでいたり、寝落ちしていたりする様子を見るだけで大きなやりがいを感じることができます。

もっと喜んでもらいたいと思えるようになれば、カウンセリングも積極的に行いやすくなるでしょう。相手を喜ばせるために必要なスキルも経験とともに自然と身に付くはずです。

好きなことを仕事にできる

アロマがもともと好きな方は、アロマセラピストとして働くことで、自分が好きなことをそのまま仕事にできます。つらいことがあっても、「アロマが好き」という気持ちが大きな原動力になるでしょう。

アロマセラピストとして働くためには資格は必須ではないものの、すでに持っている知識をより豊かにする意味でも、取得しておいて損はないでしょう。またお客様とコミュニケーションをとる際にも、自分が持っている知識を活かすことができるので、大きなやりがいを感じることができます。

独立・開業がしやすい

アロマセラピストとしてサロン勤務を通して経験を積めば、独立や開業も視野に入れることができるようになります。ひと言で独立といっても、経営者として従業員を雇って店舗経営するサロンが全てではありません。自宅やマンションの一室を活用してサロンを経営したり、出張セラピストとして働いたりとさまざまな独立や開業の方法があります。

自分のペースでアロマセラピストとして働きたい方は、サロンで経験を積んだ先の働き方として、独立や開業を考えてみるのも良いかもしれません。

アロマセラピストの働き方

アロマセラピストとして働く方法には正社員や独立・フリーランス、副業の主に3つがあります。働き方によっては未経験からチャレンジできますし、スキルがある場合は自分のペースで仕事量を調節しながら働くことも可能です。

正社員

安定した雇用環境でアロマセラピストとして働きたい場合は、アロマ専門店やサロンを展開する企業に就職し正社員として働くのがおすすめです。未経験から学べる環境が整っている企業もあります。

フリーランス・独立

これまでの経験やスキル、資格を活かして自分のスキルだけでアロマセラピストのサービスを提供したい場合は、フリーランスとして働いたり、独立して自宅サロンを開業したりすることもできます。

フリーランスの場合はお客様の施術をするだけではなく、養成スクールの講師をするなどして、アロマセラピストに関する仕事を複数掛け持ちしながら働く場合が多いようです。

副業

手に職がありアロマセラピストは、本業が終わってからの時間や休日に副業として働くこともできます。有資格者はサロンでも積極的に採用されやすいようです。

まとめ

今回はアロマセラピストの仕事内容やきつい部分から、やりがい・働き方まで幅広く解説しました。アロマセラピストはお客様の心身を癒す仕事です。ときにはお客様の疲れをもらってしまってきつい思いをすることもあります。

人との関わりが深い仕事だからこそ、出てきてしまう悩みもありますが、その分お客様に喜んでもらえたときの喜びは大きいのがアロマセラピストの魅力と言えるでしょう。

関連記事