サロンdeジョブ

エステティシャンらしい服装とは?清潔感のある身だしなみを意識しよう

サロンに行くことは特別なことで、頑張った自分へのご褒美と考えるお客様も多くいます。疲れた心身を癒す目的でサロンを利用するお客様も多く、そこで働くエステティシャンの服装や雰囲気を気にする方もいます。

エステティシャンの服装はお客様にサロンの印象や品格といった大きな影響を与えます。気持ち良く利用してもらうためには服装だけでなく、清潔感や身だしなみにも注意しなければいけません。

この記事では、お客様から憧れるエステティシャンになるためにふさわしい服装やイメージダウンにつながりやすい服装、お客様からチェックされやすいポイントを解説します。

どんな服装がエステティシャンに適している?

エステティシャン

エステティシャンはお客様に触れて施術を行ったり、対面で会話したりする機会が多い仕事です。どのような服装でお客様に対応するのが適しているのでしょうか。

清潔感がある

エステティシャンの服装でまず大切なのが、清潔感があるかどうかです。これだけで信頼関係がしっかり構築できるかどうかも、大きく変ります。色やシルエットなどトータルで美しく見えるデザインで、かつスマートな印象を与える服装がベストです。

お店のカラーやイメージに合っている

サロンが提供する施術のクオリティやカウンセリングが高品質であっても、エステティシャンの服装がサロンの雰囲気に合っていないと統一感に欠けてしまいます。またお店のイメージにも悪い影響を与えてしまうので注意が必要です。

服装を選ぶ際はお店のカラーやイメージに合っているのか、客層に合っているのか重視することが大切です。例えばラグジュアリーな雰囲気が漂うお店の場合は、高級感をイメージしやすい生地やカラー、シルエットを意識しながら選びます。

お店によっては制服の支給がなく、服装自由とするところもあります。その場合は自分で決めるのではなく、お店の方にどのような服装が良いのか、可能であればお店のカラーやコンセプトと一緒に聞いてみましょう。

動きやすく、管理しやすい

サロンとひと言でいっても、サービスの提供内容はお店によって異なります。例えばボディエステメインなのかフェイシャルエステメインなのかでも、服装を選ぶ基準は変わります。

全身を動かしながら施術することが多いボディエステの場合は、伸縮性の高いトップスとパンツなど動きやすいかどうかを重視して選ぶといいでしょう。座っての施術が多いフェイシャルエステの場合は、スマートなデザインのワンピースの場合もあります。ペンやメモ帳などが入るサイズのポケットがあると、機能性も高くなります。

またエステティシャンの服装は、管理がしやすいか考えながら選ぶことも大切です。お店によってはスタッフが自分で制服を洗濯することもあります。できるだけ手間をかけずに清潔感を維持するためには、使われている素材にも注意しましょう。しわになりにくく、洗濯できる素材なのか事前に確認することをおすすめします。

代表的なユニフォームの種類

代表的なユニフォームのイメージ

エステティシャンのユニフォームを取り入れる際は、専門分野が程よくアピールできるものを選びます。例えば瘦身エステの場合は、ボディラインが引き締まって見えるものがおすすめです。

ワンピース

ワンピースは細部までこだわりやすいデザインが多く用意されているため、お店のカラーやコンセプトに寄せたファッション性の高いユニフォームが作りやすくなっています。

動きやすく女性らしい雰囲気が出せるデザインも複数あり、可愛らしい雰囲気のお店やトレンドを取り入れたユニフォームを求める場合にもおすすめです。またワンピースは半袖タイプが多く、施術しやすいものが多いため実用的なユニフォームとなります。

カットソー+パンツ

カットソーにパンツを組み合わせたユニフォームはスタイリッシュなデザインが多く、顔の周りをすっきりと見せやすい服装です。しっかりとした印象をお客様に与えることができるので、可愛らしさよりもプロ意識を重視したいお店にはおすすめです。またパンツはスカートと比較すると下半身の可動域が広く動きやすいため、全身を使って施術する場合にも向いています。
カットソーとパンツに分かれているので、施術して汚れても替えやすく洗濯もしやすいのが魅力です。

チュニック

チュニックはウエスト部分を絞ったデザインなので、女性らしい気品を取り入れたデザインをユニフォームに求める場合にはおすすめです。パンツスタイルと合わせることで、スタイリッシュできれいな見た目に仕上がります。またパンツと合わせれば動きやすく、美しいフォルムも出すことができるのでデザイン性と実用性のどちらも重視したい場合にはぴったりでしょう。

イメージダウンにつながる服装

エステティシャンの服装は、お店のイメージを大きく左右します。服装がふさわしくない場合はイメージダウンにつながることもあります。お店の評判を落とさないためにも、イメージダウンにつながる服装は事前に把握しておきましょう。

派手な色や柄もの

お店を利用するお客様は、リラックスした気分で日々の疲れを癒したいと思っています。派手な色や柄ものは目立ちやすく、お客様を不快な気持ちにするため避けます。きらびやかな装飾のあるデザインやフリルなど、施術の邪魔になるものも選ばないようにしましょう。

エステの主役はお客様です。そのためエステティシャンが目立つ必要はありません。控えめなカラーでお店のコンセプトに沿ったものを選ぶのがベターです。

シミやしわがついている

お客様は、清潔感があるエステティシャンに施術してもらいたいと思っています。気持ち良く施術を受けてもらうためにも服にシミやしわ、ホコリ、汚れなど不衛生に思われるものがついていないか接客前に確認する習慣をつけましょう。

施術の内容によっては汗をかいたり、服汚れたりすることもあるので何着か着替えを用意しておくと安心です。

肌の露出度が高い

エステサロンを利用する多くのお客様は女性です。お店の品格を維持するためにも、憧れるような服装を選ぶのがベストです。短いスカート丈や体のラインを強調しすぎるような服装は、下品に見え、女性のお客様からすると不快に感じてしまいます。またお店の評判を大きく下げてしまうことも考えられるので避けます。

例えば膝よりも短く肌が見えすぎたり、裾が床に引きずったりする丈のスカートは、エステティシャンの服装としてはふさわしくありません。スカートを着用する場合は、膝が隠れるものでタイトなデザインがおすすめです。

意外と見られている!身だしなみのポイント

エステティシャンは、清潔感があって美しいラインが強調された服装をしていれば良いわけではありません。仕事柄、お客様と近い距離で接することが多いため、細かな部分までお客様は意外と見ています。また施術してもらいたいと思ってもらうためにも、身だしなみには日頃から意識することが大切です。

手や爪

指先は、見られていないようで意外とお客様は見ています。エステティシャンがお客様に直接手で触れることもあるので、安心してもらうためにも日頃から指先のメンテナンスはしっかり行いましょう。手が汚れているとそれだけで触れられたくないとお客様も思ってしまいます。こまめに手は洗い、清潔にします。また爪が伸びきったまま施術すると、お客様の肌を傷つけてしまうこともあるので短く切りましょう。
白い部分が見えないように切り、角は爪やすりで取ることで丸く手入れされた見た目にできます。

また多くのお店がネイルを禁止しています。ネイルのデザインによっては、一部許可しているお店もあるようなので、心配であれば事前に確認しておきましょう。

髪型や髪色

髪型は指先と同様に清潔感があるかどうか、瞬時に判断されるポイントの一つです。髪の長さに合わせてうまく工夫しながら、身だしなみを整えましょう。
例えば肩よりも長い場合は、女性らしさを程よく取り入れつつゴムで縛ってまとめます。短い場合でも横に広がっていると不衛生に見えてしまうのでピンで止めたり、スプレーで固めたりします。また前髪は長さに関係なく横流しにして、顔にかからないようにしましょう。髪色は明るすぎるものではなく、落ち着いたものにします。

メイク

メイクは、シミなどがうまく隠せてお肌が綺麗に見えるナチュラルな仕上がりが理想です。また面倒だからとノーメイクで接客するのは、接客業としてマナー違反です。
ファンデーションは肌の色に合う色味を選び、健康的な見た目になるように淡い色のチークを使いましょう。口紅は、主張しすぎない色味のベージュあるいはピンクを選びます。

肌や体型

エステティシャンは肌や体型といった部分も、しっかりケアする必要があります。肌が荒れているとお客様に不衛生な印象を与えてしまうので、毎日のスキンケアはもちろん、バランスの良い食生活を心掛けたり、規則正しい生活を送ったりすることが大切です。また美しい体型を維持するために、日頃から適度な運動やストレッチをするなどして、お客様にとって憧れの存在になるようなエステティシャンを目指しましょう。

まとめ

お店で働くエステティシャンは、お客様を美しくするのが仕事です。自らの服装や身だしなみを意識して美しく維持することで、お客様に希望を与えることができたり、また通いたいと思っていただけたりすることもあります

お店の品格やイメージを良いものにするためにも、エステティシャンとして働く際は清潔感を大切にした服装や見た目でサービスを提供することが大切です。これからエステティシャンとして働く予定がある方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事