サロンdeジョブ

美容師アシスタントのあるあるとは?本音を公開

美容師として働くには、まずはアシスタントとして店舗に入り仕事を覚えつつスキルを上げていきます。美容師アシスタントは下積みの期間が比較的長く、美容師としてお客様のスタイリングができるようになるまでにはサロンで働きながら練習を積む必要があります。

一人前の美容師として働けるようになるまでの間には、誰でも仕事や給与、人間関係における悩みなどが発生し得ます。そんな美容師アシスタントに共通する「あるある」な事例や本音を知ると、これから美容師アシスタントとして働く方でもイメージがしやすくなるでしょう。

そこで今回は、美容師アシスタントが抱える業務上の本音、働いていると感じる「あるある」な事例についてご紹介します。

美容師アシスタントの本音

新人美容師は、アシスタントからスタートするケースが大半です。美容師として一通りの業務をすべてこなせるようになるためには、見習いの立場であるアシスタントとしてサポート業務を行って下積みを重ね、仕事を覚えながらスキルを身につけていきます。一人前の美容師として働けるようになるまでには、勤務先の教育内容にもよりますが早くて1~2年、一般的には3~5年ほどはかかると見ていいでしょう。アシスタントが不足している美容院では、美容師デビューが遅れるケースもあります。

まずは、美容師アシスタントの仕事内容や本音についてご紹介します。

仕事内容について

美容師アシスタントは、いきなりお客様のスタイリングをまかされることはまずありません。最初は受付や会計、清掃などの店内業務を担当し、徐々にシャンプーや美容師の道具の準備などスタイリングに関わる業務を行います。その合間を縫って、技術力向上のために練習などもこなします。

美容師アシスタントの技術練習は業務時間に含まれないことも多く、開店前や閉店後に練習を行うアシスタントも少なくありません。休日はセミナーに参加することもあるため、プライベートの時間が削られてしまう点が、アシスタントの辛い点として挙げられます。

前述のように、アシスタントとしての下積み期間は短くありません。華やかな美容師業界に憧れて美容師を目指したのにもかかわらず、下積み期間が長く続くと理想と実際の仕事内容にギャップを感じてしまい、転職や退職を考えてしまう美容師アシスタントがいることも確かです。

人間関係について

美容師アシスタントは、下積みとして店内業務をこなしながら先輩から技術を学んでいくことから、他の業種よりも上下関係がはっきりしています。時には厳しい指導が行われるため、先輩との人間関係に悩むことが多いのも、アシスタントにありがちです。指導する先輩美容師にとっては、早く一人前の美容師として技術を身につけてほしいからこその厳しい指導ですが、美容師アシスタントにとってはストレスになることもあります。

場合によっては、指導が厳し過ぎる、なかなかスキルが上達しないということもあり、人間関係の煩わしさも相まって転職や退職につながる恐れもあります。

給与面について

美容師の給与体系は、基本給となる固定給に加えて指名料が入る歩合給やインセンティブがプラスされるケースが多いものです。美容師は指名が増えるにつれて、サロンで定められた割合が指名料として還元されます。一方、美容師アシスタントはまだお客様を一人で担当できないため、当然ながら指名料は発生せず、給与は固定給のみとなります。

業務の前後に練習を行う場合はサロンにいる時間が長くなりますが、勤務と練習時間で拘束時間が長いにもかかわらず固定給のみのため、どうしても給与が安いと感じるのが美容師アシスタントの本音です。

美容師アシスタントのあるある

美容師アシスタントには、仕事中や仕事に関連して多くの人の共通項である「あるある」が存在します。すべての美容師アシスタントに当てはまるわけではありませんが、これから美容師としてのキャリアをアシスタントからスタートする方にとっては、今後のサロン勤務での実情がある程度把握できる情報となるので、ぜひ参考にしてみてください。

食べるスピードが速い

美容師アシスタントは、仕事やプライベートにかかわらず食べるスピードが速くなりがちです。その理由は、休憩時間の短さです。

美容院にお客様が多い日は、仕事量が多い一人前の美容師は休憩時間を取る十分な余裕がありません。予約の合間やカラー、パーマの放置時間の合間を縫って昼食を取ることが多くなります。まだできる仕事が少ないアシスタントだからといって休憩を取る余裕があるわけではなく、先輩美容師ができるだけ休憩を取れるよう、サポートが必要です。そのため、美容師アシスタントも十分な休憩時間は取れません。

昼の休憩時間が短いと、限られた時間内で昼食を済まさなければならず、おのずと美容師アシスタントの食事スピードは速くなります。そのクセが、普段の食事の速さにもつながるわけです。

足腰が強い

美容師は座ってカットを行うことがありますが、美容師アシスタントは基本的に座ることがほとんどない立ち仕事です。1日を通して立ちっぱなしも珍しくはないため、足腰が強くなることも、美容師アシスタントのあるあるです。

立ち仕事で足腰が強いと思われる一方で、美容師は作業時の姿勢により体への負担も大きくなります。美容師アシスタントが担当することが多いシャンプーやカラー、パーマの補助は中腰の状態が続くため腰痛を起こしやすく、腰痛を抱える人も多いのも美容師アシスタントのあるあるで、かつ仕事上の悩みでもあります。

寝坊

業務時間外で練習をすることが多い美容師アシスタントは、早朝に出勤して夜遅くに帰宅する生活が続きがちです。日々練習に励んでいると、自宅で過ごす時間が少なくなるばかりか睡眠時間も削られてしまいがちになることから、十分に睡眠が取れずに寝坊することも美容師アシスタントのあるあるの1つです。

お金を大事にする

前述のように、美容師アシスタントの給与には歩合給やインセンティブが加えられないため、基本的に給与は固定給のみです。一般的に美容師の固定給は低く、さらに美容師アシスタントは業務時間外で練習をこなすので、早い時間の出勤や遅い時間の帰宅がしやすいように勤務先のサロンの近くに住む人が多いものです。

勤務先が交通の便が良い場所にある場合、家賃だけで給与のほとんどが消えてしまい、固定給のみでの一人暮らしは厳しいケースが多いでしょう。固定給だけでは生活できず、中には仕送りをもらって生活をする美容師アシスタントもいるほどです。

このように、拘束時間が長い割に固定給が低い美容師アシスタントは切り詰めた生活を送ることになることから、お金を大事にしがちなのです。

出会いが多いと言われる

美容業界にいない一般の人にとって美容師は、出会いが多いイメージを持たれることがあります。その理由は、男女問わずお客様が多いことです。仕事中にお客様とコミュニケーションを取ることもあり、出会いが多そうな仕事と言われることがあることも、美容師アシスタントあるあるです。

実際にサロンに出入りする人の大半は、お客様です。お客様として会った人が後に恋人やパートナーになった経験を持つ美容師アシスタントがいることも事実ですが、あくまでも美容師とお客様という立場なので、出入りする人の多さが恋愛的な出会いにつながりやすいとはいえません。美容師アシスタントは毎日多忙な人が多く、休日もセミナーなどに参加していると、むしろ出会いのチャンスは少なくなってしまいます。

まとめ

美容師として働くためには、美容師アシスタントとしての勤務は避けられないルートです。あらかじめ美容師になるまでの仕事内容や実際に働く人の本音を知っておけば、アシスタントからスタートする勤務への心構えがしやすくなります。

サロンdeジョブ」でも、美容業界での働き方や美容師の勤務事情など豊富な情報を掲載しています。これから美容師を目指して働く方は、今回ご紹介した情報と併せて参考にしてみましょう。

関連記事