サロンdeジョブ

どんな美容師になりたいですか?面接でよく聞かれる質問とは?

転職をする上で、応募先企業との面接は避けられません。履歴書や職務経歴書などの応募書類を元に、面接官は応募者へ質問をしますが、その質問内容は応募する職種や業種によって異なり、職種ごとに必ずといっていいほど聞かれる定番の質問も存在します。

面接で定番の質問が聞かれることを想定し、面接前に時間をかけて答えを用意しておくことも、面接対策の1つです。美容師の面接にも、志望動機やどのような美容師になりたいかなど美容師ならではの質問があるので、面接前の対策として回答を用意しておくことに越したことはありません。

そこで今回は、美容師の面接における定番・頻出する質問とその内容、面接での回答の仕方について、回答例と併せて解説します。

美容師が面接でよく聞かれる質問とは?

どのような職種であっても、採用面接では面接官がさまざまな質問を投げかけててくるものです。面接での質問は志望する職種によって内容が変わり、美容師の採用面接では美容師に関する内容が盛り込まれます。面接を受ける美容院によって質問数や質問内容が変わることもありますが、面接で必ずといっていいほどよく聞かれる質問には以下で紹介する2つがあります。

あらかじめ面接対策をするのであれば、定番の質問に対する回答を事前にしっかり準備しておくと面接本番でもスムーズに答えられるでしょう。

どんな美容師になりたいですか?

どんな美容師になりたいのか、という質問は、美容師の面接では定番といえる質問です。この質問では、将来のビジョンがはっきりしているか、明確な目的や目標を持って美容師の仕事を志望しているかどうかを面接官が判断します。この質問は志望者の方向性やこのお店を選んだ理由を見極めるためにも行われ、採用となった場合の教育方針にも関わってきます。

注意したい点は、ぼんやりとした曖昧な回答にしないことです。目標となる美容師がいる場合は実名を答えるなど、できるだけ具体的に回答しましょう。

どんな美容師になりたいか 回答例

  • 長年通っている美容院でコミュニケーションを取りながら信頼関係を持ち、要望通りのスタイルに仕上げてくれる担当の美容師○○さんのように、お客様とのコミュニケーションを大切にしながら理想通りのスタイルを実現できる美容師として働きたい、という目標を持っています。

  • 常に向上心を持って最先端の技術を取り入れ、高いスキルでお客様がイメージしたスタイルを実現しながらヘアアレンジやメイクもこなせる、オールマイティな美容師を目指しています。

  • コンテスト入賞を目標にするなど、常に向上心を持って技術習得に励みたいと思います。身につけたスキルを活かして活躍し、売上にも貢献できる美容師になりたいです。
  • 美容師の志望動機は?

    志望動機は、美容師の面接ではなぜ美容師を志したのかの理由を含め、面接官が応募者の仕事に対する熱意を判断する要素となります。志望動機はまず質問されないことはないほど頻出する質問なので、前もって回答を準備しやすい質問でもあります。

    美容師の志望動機では面接を受ける美容院に対する志望動機に加えて、美容師を目指したきっかけや美容師として自分自身にどのようなメリットがあるのかも盛り込んで回答しましょう。

    美容師の志望動機 回答例

  • 子供の頃から自分や友達の髪を結ぶのが好きで、よく美容師の真似をしてヘアアレンジをしていました。見様見真似でのスタイリングでも、自分の手で印象や雰囲気が変わることに楽しさや達成感を抱いたこと、お客様の髪を切ったりヘアアレンジをしたりする美容師という仕事に興味を持ったのが、美容師を志望した理由です。

  • 扱いにくく、クセもある自分の髪が好きではありませんでした。しかし中学生の頃に出会った美容師さんに髪を切ってもらったところ、まるで別人のように扱いやすいスタイルに整えてもらえて感動したことが、忘れられませんでした。それがきっかけで、自分の手による技術で人に感動を与えられる仕事がしたいと思い、美容師を目指しました。
  • 美容師含め、一般的な面接でよく聞かれる質問とは?

    ここまでご紹介した質問は美容師での面接においてよく聞かれる質問なので、美容師特有の内容です。加えて、美容師の面接でも一般的な面接で聞かれる質問を投げかけられることは少なくありません。
    美容師の面接では、美容師に関連した質問のみに限られるわけではないため、一般的な面接での質問に対する回答も準備しておくことをおすすめします。

    転職希望者を対象とした一般的な面接で聞かれる質問としてよく挙げられる質問は、以下でご紹介する転職理由についてです。

    転職理由は何ですか?

    一般的な新卒や第二新卒以外の応募者は、前職で何かしらの仕事を経験しているはずです。前職の企業の倒産などの特殊な事情を除き、応募者は前職を退職して転職活動を行っていることから、応募者がなぜ別の職場で働きたいと考えた理由を企業側は知りたがっています。

    採用する企業側が転職理由を聞くのは、採用後にすぐ退職してしまわないか、入社後に自社で活躍できるかどうかなどを判断するためです。たとえ前職の職場環境や待遇などに不満を持って退職したとしても、そのようなネガティブな理由を正直に答えてしまうと面接官の印象を悪くしてしまい、採用したとしても前職と似たような状況が起こってしまった場合にすぐに不満を持たれて退職してしまうのでは、とマイナス評価を付けられてしまいます。
    どんな理由で退職していたとしても、前の職場の悪口や不満などのネガティブな内容を転職理由にすることは極力避けるべきです。

    ただし、ネガティブな回答を避けるために事実とは異なる転職理由を伝えることは絶対にやめましょう。面接官は転職理由に何かしらのネガティブな要素があったことは理解しているので、あくまでも事実のみを述べるべきです。
    転職理由を述べる上でどうしてもネガティブな内容が避けられない場合は、具体的に数値などを挙げてわかりやすく説明をしましょう。転職理由に加えて、面接を受ける美容院で働きたい熱意や意欲も併せて伝えることもポイントです。

    転職理由について 回答例

  • 前職で美容師として働いていた美容院は、自分自身が目指すスタイルと美容院のカラーに相違がありました。勤務状況も厳しく、○日連続勤務が常態化していたこともあり、新しいスキルを身につける余裕がなかったのも実情です。そのような中、もっと自分が目指すスタイルを追求できる理想的な環境のサロンで働きたいと考え、転職を決めました。

  • 前職では、日々の練習でスキルを伸ばして成果を上げても十分な評価が得られませんでした。身につけたスキルを評価してもらえ、今後も積極的にスキルアップするための意欲を感じられる場で働き、お店に貢献したいという思いから転職を決意いたしました。
  • 自己PR(活かせる経験・実績・スキル)

    自己PRは、すべての職種の面接で求められる要素の1つで、自分自身をアピールするためのものです。履歴書にも自己PRの記入欄が設けられていますが、面接でも自己PRが求められることがあります。

    履歴書に自己PRを書くときは、過去の職歴や実績、スキルや転職先で活かせる経験のほか、自己分析をした上で長所や短所なども書きます。面接で聞かれたときも、ほぼ同様の内容を答えるものですが、履歴書に書く文章のように長々と自己PRを語るよりも、簡潔に伝えることも大事です。

    注意したい点は、自己PRと自己紹介を混同しないことです。面接では冒頭に自己紹介を求められることがありますが、その際は自己紹介として過去の経歴などを簡潔に述べるにとどめましょう。

    今までのご経験を交えながら、自己PRをしてください。

    面接で自己PRを求められる際は、面接官から上記見出しのように伝えられることがあります。転職者の場合は前職までの経験業務や実績、美容業界未経験者で美容院での勤務を志望する方でも前職の経験に加えて、その経験がどのように美容院で活かせるかをアピールします。多少の経歴は冒頭の自己紹介で触れている可能性がありますが、自己PRでは自分をアピールするために、さらに詳細で具体的な内容を答えましょう。

    学生時代の実績や経験も、自己PRに加えられる要素です。美容院での業務につながる協調性やコミュニケーション能力にまつわるエピソードなどを交えます。自己PRでは自分の良さをアピールしたいものですが、事実以上のことを過剰にアピールすることは禁物です。
    あくまでも等身大の自分について、最もアピールしたいことを強調するよう心がけましょう。また、自己PRでマイナスなことを答えるとマイナス評価につながるのでは、と思われがちですが、マイナス面を認識してできること、できないことを事実そのままに正しく伝えることは、自己分析をきちんと行えていることがアピールでき信頼性にもつながる自己PRでのポイントの1つです。

    今までのご経験を交えながら、自己PR 回答例

  • 美容師として働きはじめた頃はなかなか技術が上達しなかったため、人より多く練習をこなしてきました。その経験で身につけた技術で○○コンテストで○○賞を受賞したことも、自分自身のスタイリング技術に対する自信につながっています。

  • コミュニケーションを取ることを得意としています。前職では、お客様としっかりとコミュニケーションを取ることを意識し、笑顔でお客様の名前をお呼びすることを心がけるようになってからはお客様にも名前を覚えてもらいやすく、指名量もそれまでの2倍近くまで増やした実績があります。

  • カットやカラーと比較すると、パーマに苦手意識があります。仕事上で苦手なことがあるため、前職でも苦手を克服しようと経験を積んできました。現在ではパーマも苦手意識なくこなせるようになりましたが、さらなるステップアップを目標に、御社でさらにスキルアップしたいと考えています。
  • まとめ

    美容師の面接での定番の質問には、一般的な職種も含めた定番の質問から、美容師特有の内容の質問があります。ある程度決まった質問も多いため、面接が決まった時点から質問を想定した受け答えを準備しておくと安心でしょう。

    美容師の面接対策をしている転職希望者の方には、美容業界に特化した求人を専門とする転職サイト「サロンdeジョブ」がおすすめです。面接対策も行ってくれるプロのキャリアコンサルタントによる手厚いサポートで、スムーズな転職活動ができます。

    1人きりでの転職活動や面接対策に不安を感じているのであれば、サロンdeジョブに登録をして、求人探しから面接対策までトータルでおまかせしてみてはいかがでしょうか。

    関連記事