サロンdeジョブ

メイクアップアーティストをやめたい理由とは?

メイクアップアーティストとして働いている方の中には、大変で辛いことが多く、仕事をやめたいと考えている方もいるのではないでしょうか?

現実として、メイクアップアーティストになったものの続かずにやめてしまう方はいます。その理由にはメイクアップアーティストの独特の労働環境や意外な身体的負担、ストレスなどが挙げられるでしょう。

本記事は、メイクアップアーティストをやめたいと考えている方のために、やめる理由や、どのような点が大変で辛いと感じるのかを紹介します。実際の現場の様子などを交えながら、やめる原因になる理由を詳しく解説するので参考にしてください。

まずはメイクアップアーティストの仕事内容を振り返ります。働く場所によって労働環境が異なるため、メイクアップアーティストをやめてしまう前に自分が活躍するフィールドを変えてみるのもいいかもしれません。

メイクアップアーティストとは?

メイクアップアーティストは、メイクによって美しさを引き出したり、イメージどおりのスタイルに仕上げたりする仕事です。多くの場合、メイクだけでなくヘアセットも同時に行います。

ファッション雑誌や美容雑誌、テレビや映画などの映像、コレクションを筆頭としたファッションショー、結婚式場、化粧品メーカーなど、メイクアップアーティストが活躍する場所はいくつかあります。

メイクアップアーティストの目的と役割

メイクアップアーティストの仕事には「芸術的に美しく見せる」「メイクアイテムの良さを伝える」「モデルやお客様を美しくする」などの目的と役割があります。

ショーやブランディング


メイクアップアーティストの仕事の中で花形ともいえるファッションショーは、デザイナーの意を崩さない芸術的なセンスでのメイクやヘアセットが望まれます。これは美容雑誌の表紙や、化粧品メーカーのブランディング目的の広告などでも求められる技術と言えるでしょう。

商品の紹介


同じ雑誌でも、新商品などの販売促進が目的であれば、モデルを美しくメイクするだけでなく、商品の良さが伝わるようなメイクにする必要があります。撮影現場のカメラマンや編集者、メーカー担当者とも相談して方向性を決めていくことになるでしょう。

モデルの美しさを引き出す


テレビ番組や映画、また結婚式などでは出演者がより美しく見えるようなメイクやヘアセットが必要です。テレビや映画の撮影では、撮影中もメイクやヘアセットの乱れがないか見守り、必要に応じて手直しを行います。結婚式や披露宴では、挙式用のメイクだけでなく、お色直しに合わせてメイクも素早くチェンジさせなければならないため、手早さも必要になります。

販売促進


化粧品メーカーのメイクアップアーティストとなれば、百貨店などでショーを行うこともありますが、基本的にお客様をより美しくメイクし、販売促進を狙う役割の一端を担います。そのためメイクの技術力だけでなく、商品知識やセールストーク術も必要です。

メイクアップアーティストがやめる理由とは?

このように一口にメイクアップアーティストといっても、働く場所によって求められるスキルが異なります。メイク技術だけでなく、コミュニケーション能力や販売力、そして体力が必要な過酷な職業でもあるのです。

メイクアップアーティストとして一歩を踏み出したものの、続かずにやめてしまう方もいます。ではなぜメイクアップアーティストがやめたいと考えてしまうのか、詳しく解説します。

拘束時間

化粧品メーカーの社員としてメイクアップアーティストの仕事をするのであれば、おおむね決められた勤務時間で働くことができるでしょう。しかし、メイクプロダクションに所属したり、フリーランスで働いたりすることが多いメイクアップアーティストは、基本的には現場の時間に左右される仕事です。必要なときに現場に呼ばれ仕事をするため、毎日働く時間が異なるのも通常です。

例えばテレビや雑誌の撮影なら、撮影が始まるよりも早く現場に向かい、モデルにメイクをして準備しておく必要があります。さらに撮影中も状況に応じて手直しや、別のメイクを施し直すなど、つきっきりのサポートが必要になるでしょう。しかも撮影はいつ終わるかわかりません。カメラや照明などの都合で待機を余儀なくされる可能性もあれば、良いものが撮れず夜中まで撮影が続く可能性もあります。

さらに翌日は朝から仕事となれば、体力的にとてもきついものとなるでしょう。こうした「スケジュールが読みにくい」「長くなりがちな拘束時間」のハードさがやめる理由になっているようです。

給料が低い

給与の低さもメイクアップアーティストをやめる理由として挙げられます。特別な技術を持った職業なため、収入もそれなりに高くなるのではと考えがちですが、実際はそうとは言えないのです。

例えば化粧品メーカーのメイクアップアーティストとして入社した場合、メイクアップアーティストとしての手当が付くこともあります。しかし、基本的な給与は一般的な金額にとどまります。

フリーランスで人気者となれば報酬が増えることも予想されますが、そうなるまでには通常何年もかかり、いわゆる下積みの時期を安い収入で過ごさなければならない可能性もあるのです。拘束時間が長く報酬は少ないとなれば、モチベーションの維持が難しくなるのは無理もありません。

勉強の時間が取れない

メイクアップアーティストとして第一線で活躍するために、技術の向上は欠かせません。メイクの練習や、最新のトレンドリサーチ、新しいメイクアイテムやメイク技術など、常に知識を得るよう努力しなければならないでしょう。

しかしこれまでに説明してきたように、メイクアップアーティストの労働環境は時間の融通が利きにくく、拘束時間も長くなる傾向にあります。ゆっくり勉強する時間が取れなければ、技術もなかなか向上せず、給与料も上がらないといった負の連鎖に陥ることも考えられます。かといって忙しい時間の合間や、睡眠時間を削って勉強するなどといった生活を続ければ、体調を崩してしまいかねません。こうした下積み時代を乗り切れずやめてしまう人もいるのです。

対人関係によるストレス

メイクアップアーティストは人と接する仕事です。販売に関わる職種はもちろんのこと、モデルやタレントにメイクを行う場合でも、気分を盛り上げたり、リラックスさせてあげたりするなど、場面に応じたコミュニケーションは欠かせません。それだけでなく、撮影などをスムーズに進めていくために、さまざまな人と関わりコミュニケーションを取っていく必要があるのです。

必ずしも気の合う人ばかりと仕事ができるわけではないため、対人関係がストレスになれば、やめたいと考えてしまうこともあるでしょう。

メイクアップアーティストの辛いこと・大変なことは?

メイクアップアーティストの仕事は、これまでに述べてきたことだけではなく、他にも身体的、精神的に辛く大変な面があります。

立ち仕事

メイクアップアーティストは、基本的に立ちっぱなしで仕事することがほとんどです。さらにメイクをするときの独特の姿勢が、足腰に負担をかけることもあります。メイクを施すとき、自分がリラックスできるような体勢で行えることはほとんどありません。

メイクをする相手には鏡を正面に見られるように座ってもらうため、メイクは横から回り込むような形でします。鏡がない場合でも、真正面からメイクを施すことはあまりありません。撮影などでも、他のスタッフが衣装などさまざまなチェックをしている横から手直しをしたりするため、無理な体勢になりやすく足腰に負担がかかりやすいのです。

長時間の立ち仕事というだけでも辛さがありますが、こうした独特の体勢で仕事をしなければならないことに辛さを感じる人もいるでしょう。

メイク道具の持ち運び

メイクアップアーティストは現場でどのような事態にも対応できるよう、複数のアイテムを持って行きます。ファンデーションだけでも数種類、ポイントメイクアイテムも相当な種類を用意します。ヘアメイクも同時に行うため、アイロンやドライヤーなどヘアセットのためのアイテムも欠かせません。これら全てをまとめると10kg程度にもなることがあります。

現場のたびにこれを持ち運ばなくてはならないのは大変です。最近ではキャリーバッグに入れて持ち運ぶメイクアップアーティストも多くなりましたが、そもそも多様なメイクアイテムを準備し、現場で取り出し、また片付けるだけでも大変な作業と言えます。

トレンドを常に追う必要がある

常にトレンドにアンテナを張っていなければならない点は、楽しくもあり、プレッシャーになることもあります。ファッションにトレンドがあるように、メイクにもトレンドがあります。流行のカラー、質感、どのブランドが注目されているかなど、常にアンテナを張っていなければ仕事に活かせません。

メイクアップアーティストはメイクのプロですから、一般のお客様をはじめモデルやタレントも、何か新しい情報やプロならではのテクニックを教えてもらいたいと考えるものです。常にトレンド最先端の情報やテクニックを伝えられるようにするためにも、情報収集は欠かせないでしょう。

いくら好きなことでも「知っておかなければならない」となればプレッシャーです。好きだからこそ、仕事として向き合ったときに大変さを感じたり辛く感じたりすることもあるのです。

メイクアップアーティストをやめた後の転職先は?

メイクアップアーティストをやめようと決めたとしても、その後どのような仕事に就けばいいのかはとても不安に感じる点です。ここでは、メイクアップアーティストをやめた後の転職先について解説します。

他の美容関係の仕事に就く

メイクアップアーティストの経験を活かして、ほかの美容関係の仕事を目指すのも一つの手段です。就業時間が決められている美容部員やエステティシャン、ネイリスト、美容師免許を持っているなら美容師へ転職するのもよいでしょう。ブライダル関係もおすすめです。

同様な業界や職種への転職は比較的しやすいため、転職活動のハードルを下げられます。

異業種への転職

異業種への転職は、いわばリセットです。メイクアップアーティストは美容業界でもメイクとヘアメイクに特化した職業ですから、一般的な企業の仕事内容とは大きく異なります。

転職活動をするなら、未経験歓迎など別業種からの転職を受け入れてくれる求人を探すことになります。そのためこれからの自分がどのような仕事をしたいのか、一からしっかりと考える必要があるでしょう。

まとめ

メイクアップアーティストをやめたいと考える理由には、仕事のハードさや、金銭面での不安、また対人面でのストレスなどさまざまな要因があります。覚悟を持って望む必要のある職業ですが、仕事をすれば「ありがとう」と言ってもらえる可能性の高い、やりがいのある仕事でもあります。

もし、どうしても続けられずメイクアップアーティストをやめて他の仕事に転職したいと考えるなら「サロンdeジョブ」を活用してみましょう。サロンdeジョブは美容業界の転職、就職活動をサポートする転職サービスを提供しています。

あなたの希望する条件に見合った美容系の転職先を紹介し、求人票だけではわからない転職先の詳細も伝えてくれるため、転職後のミスマッチを少なくできます。メイクアップアーティストとしての経歴を活かした転職をサポートしてもらえる可能性があるため、転職を考えたときは利用してみることをおすすめします。

関連記事