サロンdeジョブ

パラジェルのメリット・デメリットは?持ちを良くする方法やサロンの選び方も解説!

ネイリストへの転職を考えている方の中には、近年注目されているパラジェルが気になっている方もいるのではないでしょうか。パラジェルは従来のジェルネイルと比べてメリットが多く、「ジェルネイルは続けたいが爪の痛みが気になる」「ジェルネイルの硬化熱が気になる」などの悩みを、パラジェルで解決できる可能性があります。

また、パラジェルの施術には専門的な知識や技術が欠かせないため、パラジェルアカデミーでセミナーを受けたり、ディプロマを獲得したりすることも視野に入れておきましょう。

本記事では、ネイリストへの転職を考えている方に向けて、パラジェルの概要やメリット・デメリット、パラジェルを長持ちさせるポイントを解説します。

パラジェルの技術を身に付けておけば、転職活動でも有利に働く可能性があります。新しい一歩を踏み出す準備を始めているなら、ぜひ本記事で紹介する内容を参考にしてください。

パラジェルとは?

パラジェルは爪を削らずに施術できる、近年日本で開発されたジェルネイルです。

従来のジェルネイルは、サンディングによって爪の表面に傷をつけてジェルを浸透させ、剥がれにくくする仕組みになっています。一方パラジェルは、爪を構成するタンパク質「ケラチン」に働きかけて密着力を高め、硬化時に爪とジェルの間に真空状態を作り、いわば吸盤のようになって強度に密着します。爪を傷つけることなく、ジェルネイルと同様に3週間~1カ月程度、美しい状態を保てるのがパラジェルの特徴です。

サンディングは不要ですが、丁寧に下準備(プレパレーション)を行います。爪の状態に合わせて塗り方を変えるなど、知識がなければ対応できない面もありますが、基本的に従来のジェルネイルと同様、ベースジェル、カラージェル、トップジェルを硬化しながら重ねて仕上げます。

オフはアセトン・フィルインどちらでも可能です。アセトンを使用する場合、真空状態の隙間にアセトンが入り込むことで簡単に浮きやすく、スムーズにオフしやすいのが特徴です。フィルインならオフ時も爪に負担をかけずに済みますが、ネイリストの高度な技術が必要になります。

パラジェルは爪を削らずに施術できる、近年日本で開発されたジェルネイルです。

従来のジェルネイルは、サンディングによって爪の表面に傷をつけてジェルを浸透させ、剥がれにくくする仕組みになっています。一方パラジェルは、爪を構成するタンパク質「ケラチン」に働きかけて密着力を高め、硬化時に爪とジェルの間に真空状態を作り、いわば吸盤のようになって強度に密着します。爪を傷つけることなく、ジェルネイルと同様に3週間~1カ月程度、美しい状態を保てるのがパラジェルの特徴です。

サンディングは不要ですが、丁寧に下準備(プレパレーション)を行います。爪の状態に合わせて塗り方を変えるなど、知識がなければ対応できない面もありますが、基本的に従来のジェルネイルと同様、ベースジェル、カラージェル、トップジェルを硬化しながら重ねて仕上げます。

オフはアセトン・フィルインどちらでも可能です。アセトンを使用する場合、真空状態の隙間にアセトンが入り込むことで簡単に浮きやすく、スムーズにオフしやすいのが特徴です。フィルインならオフ時も爪に負担をかけずに済みますが、ネイリストの高度な技術が必要になります。

パラジェルは爪を削らずに施術できる、近年日本で開発されたジェルネイルです。

従来のジェルネイルは、サンディングによって爪の表面に傷をつけてジェルを浸透させ、剥がれにくくする仕組みになっています。一方パラジェルは、爪を構成するタンパク質「ケラチン」に働きかけて密着力を高め、硬化時に爪とジェルの間に真空状態を作り、いわば吸盤のようになって強度に密着します。爪を傷つけることなく、ジェルネイルと同様に3週間~1カ月程度、美しい状態を保てるのがパラジェルの特徴です。

サンディングは不要ですが、丁寧に下準備(プレパレーション)を行います。爪の状態に合わせて塗り方を変えるなど、知識がなければ対応できない面もありますが、基本的に従来のジェルネイルと同様、ベースジェル、カラージェル、トップジェルを硬化しながら重ねて仕上げます。

オフはアセトン・フィルインどちらでも可能です。アセトンを使用する場合、真空状態の隙間にアセトンが入り込むことで簡単に浮きやすく、スムーズにオフしやすいのが特徴です。フィルインならオフ時も爪に負担をかけずに済みますが、ネイリストの高度な技術が必要になります。

パラジェルのメリット

パラジェルのメリットは多く、従来のジェルネイルでネックになっていた部分をカバーする優れた特徴があります。まずはパラジェルのメリットを4つ紹介します。

自爪を削らない

パラジェルでは爪の表面を削るサンディングを行いません。従来のジェルネイルにサンディングは欠かせないため、繰り返しつけているうちに爪が薄くなり、痛みを感じて施術を休まなければならなくなることはよくあります。しかし、爪を削らないパラジェルにはそうした心配がありません。

全体的に痛んだ爪を健康な状態に戻すには3カ月~4カ月必要ですが、その間にもパラジェルは使用でき、美しいネイルを楽しみながら爪を健康的な状態に戻すことが可能です。

発色が良い

パラジェルには微細な高級顔料が使用されています。発色が良く、変色や退色もあまりないため、長く施術したての美しさを保てるメリットがあります。きれいに発色するため思いどおりのアートを施しやすく、見栄え良く仕上がるのも特徴です。ネイリストとしてのデザイン力や技術力を存分に反映できる点も、大きなメリットでしょう。

硬化熱を感じにくい

従来のジェルネイルは硬化する際に「硬化熱」を発するため、不快な熱さを感じる方も少なくありませんでした。爪は三層構造になっており、一番表面の層が固く爪を守る役割をしています。サンディングによってこの一層目の爪を傷つけると、爪はとても敏感な状態になります。そこに硬化熱が伝われば、熱さや痛みを感じやすくなるのは当然でしょう。パラジェルは短時間で硬化する上、爪に傷もつけないため不快な硬化熱を感じにくいメリットがあります。

施術時間が短い

従来のジェルネイルはUVライトで硬化させるのに1~2分程度必要です。デザインによっては3分程度の照射が必要な場合もあります。これをベースジェル、カラージェル、トップジェルと繰り返していくため、ジェルネイルは時間がかかるのが当たり前と考えられてきました。しかし、パラジェルはLEDライトでの硬化が可能なため10秒~30秒程度で済みます。また、しっかり発色するパラジェルは薄塗りで済むため、硬化不足になることもなく短時間できれいに仕上げられます。

パラジェルのデメリット

パラジェルはメリットばかりに見えますが、施術するなら覚えておきたいデメリットもあります。続いてはパラジェルのデメリットを紹介します。

硬化前はにおいが強め

パラジェルには特有のにおいがあります。開封直後はさほどではありませんが、劣化するにつれて強いにおいを放ちます。特にベースジェルは銀杏のようなにおいと感じる方もいるなど、お世辞にも良いにおいとは言えません。硬化すると不思議なほどにおいは消えますが、施術中に嫌なにおいを嗅ぎ続けなければならない点はデメリットでしょう。なお、においがあっても使用期限内であれば品質に問題はありません。

ネイリストの知識と経験が必要

パラジェルはサンディングを行いませんが、密着力を良くするための丁寧なプレパレーションが欠かせません。甘皮処理や角質ケアなど、ジェルを塗布する前のプレパレーションは簡単なようで高い技術力が必要です。また、パラジェルは爪の状態によって塗り方を変えなければならず、さらっとした独特の質感が不慣れだと扱いにくいなど、美しく仕上げるためには正確な知識と技術力、そして経験が欠かせません。

使用期限が短め

パラジェルの使用期限は従来のジェルネイルより短い点がデメリットです。ジェルネイルは、未開封なら3年程度、開封後は1年程度が使用期限の目安です。一方、パラジェルは開封後6カ月程度で、商品によっては3カ月程度を使用期限にしているものもあるため、従来のジェルネイルと比べるとかなり使用期限が短いことがわかります。小規模のサロンなどでは、使い切る前に廃棄しなければならなくなる可能性もあり、コストパフォーマンスもあまりいいとは言えません。

料金が少し高い

プロ専用ジェルネイルとも言われるパラジェルの施術は、従来のジェルネイルと比べて施術料が少し高い点がデメリットです。例えばジェルネイルが4,000円程度に対し、パラジェルは6,000円程度が相場です。ネイリストの高い技術力に加え、パラジェルそのものが高価である点、上述したような理由によるコストパフォーマンスの面が、パラジェルの施術料を高くする要因になっています。

パラジェルの持ちはどのくらい?

パラジェルは一般的に、3週間から1カ月程度持つと言われています。これは従来のジェルネイルと大差ありません。手の爪は大体1日に0.1mm程度伸び、1カ月経てばおおよそ3mm伸びます。1カ月も経つとパラジェルが取れやすくなると同時に、爪の生え際に隙間ができるため見た目も良くありません。ちょうどその頃オフをして、新しいパラジェルにつけかえればいつもきれいなネイルを楽しめるでしょう。

パラジェルの持ちを良くするには?

せっかくのパラジェルを、少しでも長く持たせたいと考える方は少なくないはずです。ここでは、パラジェルを長持ちさせるためのポイントを紹介します。

こまめに保湿する

パラジェルに限らずすべてのネイルに共通して、爪や爪の周りをこまめな保湿が長持ちさせることに役立ちます。爪が乾燥すると、パラジェルは剥がれやすくなります。爪の痛みも加速しやすくなるため、爪全体を保湿するようにしましょう。

爪の保湿にはネイルオイルがおすすめです。オイルはべたつきが少なく、かさついた爪の周りや甘皮に浸透し、保湿してくれます。爪の周囲にネイルオイルを落とし、指先全体にマッサージしながら馴染ませましょう。

ハンドクリームでも代用できますが、クリームは皮膚を保護する目的が強いため、しっかり浸透させて爪や爪周りを保湿し、やわらかく保つにはネイルオイルの方が向いています。乾燥がひどい場合は、オイルのあとにハンドクリームを重ねてみましょう。クリームがパックのように皮膚を覆い、保湿成分が逃げるのを防いでくれます。

お風呂上がりや寝る前だけでなく、手を洗うたびにこまめに保湿することがパラジェルを長持ちさせるポイントです。

水に濡れる機会を減らす

長時間水に触れた状態になると、爪がふやけパラジェルが浮きやすくなります。「お風呂では長めに湯船に浸かる」「水仕事が多い」など、手元が水に濡れる機会が長い方は、リペアまでの期間が短くなるかもしれません。

ただ、パラジェルには水仕事が多い方向けのベースも販売されているため、お客様のライフスタイルにあわせて選ぶとよいでしょう。

また、水仕事をする際はゴム手袋をするのも1つの方法です。

ネイルに負担をかけないようにする

パラジェルに負荷がかかることも、取れやすくなる原因です。特に、シャンプーは水と爪先への刺激でパラジェルに負担をかけやすいため、指先で洗うのではなくシャンプーブラシなどを利用して洗うようにしましょう。また、パソコン作業の多い方は、長めのパラジェルだと爪先に負荷がかかりやすく、持ちが悪くなる場合があります。普段からパソコン作業が多い方は短めにするなど、爪先への負担を減らす工夫が必要です。

パラジェルは認定サロン・登録サロンで

これまで紹介してきたように、パラジェルのメリットを活かすためにはネイリストの専門的な技術が欠かせません。パラジェルには認定サロンや登録サロンがあり、パラジェルの正しい技術や知識を身に付けたスタッフやインストラクターが在籍しています。

お客様に自信を持ってパラジェルを提供できる証でもあるため、ネイリストとしてパラジェルを施術したいと考えているなら、認定サロンや登録サロンへの転職を視野にいれてみましょう。もちろん施術してもらう場合も、認定サロンや登録サロンの利用をおすすめします。

講習やディプロマの取得は、以下のパラジェル公式サイトから確認できます。

▼paragel(パラジェル)|公式サイト:https://paragel.jp/salon

まとめ

パラジェルは日本で生まれた、爪に負担をかけにくいジェルネイルです。

パラジェルを施術するには、パラジェルに関する講習を受けたりディプロマを獲得したりするなど、専門知識をつける必要があります。パラジェルのディプロマを獲得していれば、ネイリストとしての仕事や転職先の幅も広がるでしょう。

パラジェルを施術できるネイリストになりたいと考えているなら、「サロンdeジョブ」を活用してみましょう。サロンdeジョブは美容系の求人に特化した転職サイトです。ネイリストの求人も多く保有しており、登録すればプロの転職サポートが受けられるだけでなく、条件の良い非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。

サロンによっては資格がなくてもまず転職して、働きながら資格取得を目指せるところもあります。ネイリストとしてあらたな一歩を踏み出してみたいなら、まずはサロンdeジョブに登録してみてはいかがでしょうか。

関連記事