サロンdeジョブ

夢を叶えよう!高卒から憧れのエステティシャンを目指す方法

専用のマシンを使った施術や手技により、お客様を美しくするエステティシャン。年齢や性別を問わず美容への関心が高まる昨今、エステティシャンの需要は増加傾向にあります。
本記事では高卒からでもエステティシャンになれるのか、エステティシャンの仕事に向いている人はどのような人なのかを解説していきます。

自分にマッチするサロンは?美容求人のプロに無料相談

高卒からプロのエステティシャンへ

昔ほど学歴社会という風潮ではなくなってきているものの、やはり「大卒」や「短大・専門卒」以上と応募条件を掲げている企業は多く存在します。
ではエステ業界はどのような人材を求めているのでしょうか?

【あわせて読みたい】
未経験からエステティシャンになるには?仕事内容や働けるサロンを紹介

学歴・資格不問

エステティシャンになるために特別な学歴や資格は必要ありません。
もちろん、専門学校やスクールに通って学び、技術や資格を取得してから就職する人もいますが、知識や技術がないところから入社後にスキルアップしていくことも可能です。
しっかりと学ぶ気持ちさえあれば、学歴は重視しないと考えているサロンが多いようです。

未経験者歓迎のエステティシャン求人はこちら

研修制度が充実しているエステ業界

どのようなサロンにも研修制度が設けられており、基礎的な技術から接客マナーまでレクチャーされます。
特に大手エステサロンの場合は研修体制が整っており、しっかりとした研修が行われることが多いため、意欲を持って勉強すれば未経験の方でも安心してスタートできます。実際に中途採用や転職でエステティシャンになる人も多いようです。

研修・練習会有のエステティシャン求人はこちら

エステティシャンは実力社会

エステティシャンとして活躍するためには高い技術と美容に関する豊富な知識が必要不可欠。学歴や資格が必要ないからこそ、エステ業界は実力社会です。
働きながら常にスキルアップを心掛け、しっかりと腕を磨いていく努力が欠かせません。

高卒スタートでもキャリアアップは夢じゃない!

高卒スタートでも日頃の勤務態度や実力を評価されれば、キャリアアップは可能です。では実際にどのようなポジションを目指せるのかを解説していきます。

店長・マネージャー

経験を積んで最初に目指せるのは店長やマネージャー。
店長はサロンの責任者になるため、エステティシャンとしての業務以外に売上管理やスタッフの育成などにも携わることができます。マネージャーやエリアマネージャーという立場になると、担当するエリアにあるサロンの売上管理やスタッフ指導など、更に業務が増えて活躍の場が広がります。

店長・役職候補のエステティシャン求人はこちら

講師

新人エステティシャンを指導する講師の道に進むことも可能です。人に教えるためには美容や接客に関する豊富な知識と、エステティシャンとしての高い技術が必要になります。
自分が経験してきたことを活かして活躍ができることに、やりがいや楽しさを感じることでしょう。

独立・開業

しっかりと知識や技術力が向上した際には、自分のサロンを立ち上げることも可能です。独立して自分のサロンを立ち上げることで、自分が本当にやりたいサービスをお客様に提供できます。
但し、サロン経営を成功させるためにはエステティシャンのスキルだけではなく、経営や財務など様々な知識が必要になります。開業するための費用も掛かるため、独立・開業は簡単なことではありません。
サロンによっては独立支援をしているところもあるので、将来を見据えてサロン選びをすることもポイントです。

【あわせて読みたい】
エステサロンを経営するには何を勉強すればいい?おすすめの勉強法も紹介

エステティシャンに向いている人

エステティシャンになるために学歴や資格は必要ないことはわかりましたが、実際にどのような人が現場で活躍しているのでしょう?エステティシャンに向いている人を紹介します。

何事も真面目に取り組む人

エステティシャンになるためには学ぶことが沢山あります。肌の仕組みやスキンケア方法はもちろん、施術の方法や効果、化粧品についての知識など、美容に関することをしっかりと勉強しなくてはなりません。そのため、真面目にコツコツと頑張れる人がエステティシャンに向いていると言えます。
時には指導者や先輩に間違いを指摘されたり、厳しいことを言われたりすることもあるかもしれませんが、そんな時でも素直に相手の意見を聞いて努力できるとエステティシャンとして大きく成長することができます。

体力に自信がある人

華やかなイメージのエステティシャンの仕事ですが、実は体力勝負の業界です。
重たいマシンを扱う施術や、手を使った施術にはかなりの力を使い、忙しいときは1日中立ちっぱなしということも。また、一通りの技術が身につくまでは練習も繰り返し行う必要があります。
学生時代に運動部に所属していたり、アルバイトで立ち仕事の経験があったりすると面接時にアピールすることができます。

トレンドに敏感な人

新しい美容法や化粧品など、トレンドの移り変わりが激しい美容業界。それらはエステ業界にも大きく影響します。トレンドを押さえていることでお客様との会話も弾み、サロンが新しく導入する美容法にもすぐに順応できる可能性があります。

人と関わることが好きな人

エステティシャンの仕事は、お客様へのカウンセリングや顔や身体に直接触れる施術のため、コミュニケーション力も大切です。明るく社交的で人と関わることが好きな人に、エステティシャンは向いていると言えるでしょう。
また仕事を円滑に進めるにはエステティシャン同士のチームワークも非常に重要になります。

美容への関心が高い人

好きなことや興味のあることであれば、新しい技術を身につけることや、マシンや化粧品の勉強も苦になりません。普段から自分で最新の美容方法を試したり、美容に関する情報を集めたりすることが好きな人はエステティシャンの仕事に向いています。

まとめ

高卒でもスタートできるエステティシャンの仕事。未経験で学歴も知識もなくても“エステティシャンとして活躍したい”という強い気持ちを持ち、技術や知識を身につけて着実に経験を積むことで、キャリアアップも叶います。
エステティシャンを目指して、ぜひ前向きに挑戦してみてください。

アイコン
エステティシャンとして就職・転職を考えているのなら、美容求人に特化した「サロンdeジョブ」がおすすめ♪ 「自分に合う就職先・転職先がなかなか見つからない」「転職したいけど何から始めればいいか分からない」そんなお悩みを抱えている方もまずは登録! 専任のコンサルタントがついてあなたの就職・転職活動をサポートします。

関連記事