サロンdeジョブ

ネイルのダストは危険!?体への影響とダストの対策方法とは

ネイル オフ

ジェルネイルをオフする際にジェルを削っていくと、細かい削りカスが出てきます。
この削りカスのことを「ダスト」と呼びます。実際ダストはどの程度体に影響があるのでしょうか?今回はネイルの施術中に出る「ダスト」について詳しくご説明し、施術を行う際の対策方法もお伝えしてきます。

ネイルダストとは

ネイル ダスト

ネイルダストとは、ジェルネイルをオフする際に出る粉状の削りカスを指します。ちり、ほこり、ゴミの意味があります。特に近年主流であるマシンを使ったオフは、手削りでオフするのとは比較にならないほど大量のダストが出ます。
ダストは粉のように細かく、黒い洋服に付けば服が真っ白になってしまうほど。ネイリストもお客様も吸うことになってしまいますので、施術の際は注意・対策が必要になってきます。

ダストが体に悪いといわれる原因

ネイル ダスト

ダストが体に悪いといわれるいくつかの原因をお伝えします。

ダストを吸ってしまい肺に溜まってしまう

ジェルネイルはアクリル樹脂という原料からできています。
ネイルのダストはこれが粉状になったものなので、吸い込めば体内で解けることも吸収されることもなく肺に蓄積されていきます。

ダストが目に入る

ネイルの施術中は手元と顔が近くなります。そうして気が付かないうちにダストが目に入っているのです。特にコンタクトレンズをしている人は要注意で、粉状のダストが眼とレンズの間に入り込み、眼球を傷つけてしまいます。また、目の中に入ってしまい炎症を起こしてしまう危険もあります。

皮膚につき肌荒れのリスクが高まる

オフの作業中は、ダストを手や顔に浴びている状態です。
人によっては、顔や首にニキビのような発疹ができて痒くて仕方がなくなってしまったり、ニキビができてしまうなど、肌荒れに悩む方もいます。すぐにダストを洗い流すことができれば問題ないですが、毎日何時間もダストが皮膚に付いた状態が続きます。そのため皮膚疾患で悩んでいる人は少なくありません。

アレルギーを発症する危険もある

ネイル アレルギー ダスト

毎日何人ものお客様を接客する為、たくさんのダストに触れていることになります。きちんと対策をしていないとアレルギーを発症する可能性も高くなってしまいます。ひどくなると、のどや全身にアレルギー症状が出てしまう事があるので、注意が必要です。全身にじんましんや、のどに炎症が起きて腫れあがる、とういう事例も報告があります。

ネイルダスト対策

ネイル ダスト

施術を行う上でダストに「触れない・出さない」は物理的に不可能です。
それでは、どんな対策が有効なのでしょうか。具体的な対策方法を以下で説明していきます。

サロンで出来るおすすめ対策方法

できるだけダストを減らし、吸い込まないようにするための対策法をご紹介します。

  • マスクをする
  • 集塵機を使う
  • メガネを掛ける
  • 作業が終わったらすぐに手や顔を洗う
  • こまめに掃除をする

これだけでも、だいぶダストをブロックすることができます。
「集塵機」は、施術中に発生するネイルダストを吸い込んでくれる機械なので、サロンに1台置いておくと良いでしょう。また、オフ後はお部屋全体的に掃除機をかけることもおすすめします。マスクは必須で、特にマシンを使用する際はマスクと集塵機を使用して
安全にネイルをすることが大切です。

お客様への配慮も大切

ネイル オフ ダスト

施術を行うネイリストだけではなく、お客様への配慮も大切です。ネイルのダストは思っているより広範囲に舞います。蓋がついていない籠などを使用していると、お客様の荷物にダストが舞ってしまうことがありますので注意しましょう。お客様の施術が終わる度に必ずダストは払い落とし、一人一人施術後しっかり拭き取ることがとても大切です。

まとめ

ネイル ダスト

サロンワークでは、1日に何人もの施術を行います。その度に、ダストが漂い、触れる事になります。ダストによる体への大きなリスクは医学的には報告されていませんが、肺や目、肌に悪影響なのは想像できます。将来的に重大な病気を引き起こさない為にも、しっかりと環境を整えましょう。店内の掃除を徹底し、環境を清潔に保つ事でネイリストを守り、お客様をも守れます。

アイコン
キャリアを年収に反映させよう! プロのキャリアコンサルタントがあなたのスキルを ≪査定&交渉≫致します。 まずは、会員登録からお願いします★ 担当よりご連絡いたします! https://salon-de-job.com/entry

関連記事