サロンdeジョブ

ブランクありOK!エステティシャンに復帰するために必要なこととは?

ブランクありOK!エステティシャンに復帰するために必要なこととは?

出産や子育てなどを機に、エステティシャンの現場からしばらく離れていた方もいるしょう。子育ても一段落して、「またエステティシャンとして働きたい」と思っても、ブランクがあるからと一歩踏みとどまってしまう場合もあるはずです。エステティシャンの仕事は、自分の勘と経験を頼りにお客さまをきれいにすることです。だからこそ、ブランクが復職を邪魔することがあります。

本記事では、子育てなどを理由にエステティシャンの現場から離れ、ブランクがある方が復帰するための方法などについて解説します。これからエステ業界での復帰を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

エステティシャンはブランクがあっても復職可能?

エステティシャンは、日々移り変わる美容の情報を取り入れながら、お客さまのニーズをくみ取り、きれいにする仕事です。エステ業界は資格や経験の力が大きく、即戦力を求める現場の状況を知っているからこそ、ブランクがあると「復職しても昔のように働けないのでは」と心配になってしまう方もいるでしょう。まずはブランクがある状態で、エステティシャンとして復帰するメリットとデメリットをご紹介します。

復帰のメリット

エステティシャンとして復帰するメリットは、以下のとおりです。

  • 経験者は採用で有利になる
  • 新たな生きがいになる
  • 独立を目指せる

それぞれ、詳しくご紹介します。

経験者は採用で有利になる



エステティシャンとして働いていた経験がある方は、ブランクがあったとしてもスキルと知識がすでに身についているため、採用で有利になります。採用後に研修などを通して学び直しを行えば、徐々に思い出してくるので問題ないと考える現場も多いです。ただしある程度のブランクがあると、「未経験者と変わらないのでは」とエステティシャンとしての自信をなくしてしまう方もいるでしょう。

エステ業界では情報の入れ替わりが激しく、自分でアンテナを張って知識を学んでいかなければ、お客さまとの会話についていけないこともあります。しかし施術に必要なスキルや機器の使い方、コミュニケーションのとり方などが、時代とともに大きく変わることはありません。

新たな生きがいになる



再就職先にもよりますが、ブランクがありながらも復帰し、家事や子育てと仕事を両立する方が職場にいるケースもあります。家庭との両立に理解があり、働きやすい環境がすでに整っている職場もあるので、働きやすさを重視したい方は職場環境に重点を置いて求人を探してみるとよいでしょう。

今募集中の「ブランクOK」のエステ求人はこちら

エステティシャンとして働くことは、家事や子育てで感じる生きがいとはまた違う新たな生きがいにつながります。好きなことを仕事にすれば、仕事のやりがいや自分らしさを感じやすいでしょう。ブランクがある中での再就職は勇気が必要ですが、思い切って行動すれば「復帰してよかった」と思える日が来るでしょう。

独立を目指せる



エステティシャンとして復帰すれば、スキル向上や新たな知識を習得する良い機会になります。初めは研修を通してスキルや知識の確認を行いスキルアップしていくことで、ブランクによって鈍くなっていた勘も徐々に戻ってくるでしょう。

リピーターのお客さまが増え、職場からの評価も満足できるものになってきたら、独立してサロンを運営することも視野に入れられるようになります。経営の知識も学びながら、自分の理想とするサロンを形にすることで、ライフスタイルの変化に合わせた自分らしい働き方も実現しやすいでしょうライフスタイルの変化に合わせた自分らしい働き方も実現しやすいでしょう。

復帰のデメリット

エステティシャンとして復帰するデメリットは、以下のとおりです。

  • 自己流が裏目に出ることもある
  • ワークライフバランスの調整が難しい

自己流が裏目に出ることもある



エステティシャンとして働いていた頃は、自己流で業務をしても何とかなっていた部分もあるでしょう。

しかしブランク後の復帰では、基本に立ち返って細かい部分まで学び直しが必要です。現役時代は自己流でやっていたことを、サロンのやり方に合わせて修正しなければならない場合も出てきます。いつまでも自分のやり方にこだわるのではなく、ある程度割り切ることも大切です。

ワークライフバランスの調整が難しい



エステティシャンの仕事と子育ての両立を考えて復帰する場合、ワークライフバランスがうまく調整できずに悩むこともあるでしょう。お客さまありきのエステティシャンの仕事は予約制にしているサロンが多く、働き方によっては夜遅くまで残業が発生する場合があります。

ワークライフバランスを調整するためには、職場と家族双方から理解を得ながら、協力してもらいましょう。

エステティシャンがブランクから復帰するために必要なこと

エステティシャンがブランクから復帰するために必要なこと

ブランクがあるエステティシャンが職場復帰するためには、基本から学び直す必要があります。

接客の学び直し

接客は、サロンの印象に大きく影響するとも言われるくらい大きな要素です。お客さまはどのようなエステティシャンに施術してもらいたいと思っているのかを考えながら、清潔感のある身だしなみや誠実な態度での接客を心がけましょう。接客を学び直すことで、現役時代を上回るスキルが身に付くかもしれません。

理論学習の学び直し

エステティシャンとしてお客さまを施術する上で、理論学習は外せないものです。美容関係の知識を増やすとともに、栄養学や皮膚科学といった専門的な知識を学び直すことで、より丁寧な施術やお客さまへの的確なアドバイスができるようになるでしょう。

技術・施術研修の受講

エステティシャンとしてお客さまに満足してもらうためには、美容機器の使い方や手技、施術のポイントなどをおさらいしなければなりません。技術研修では、お客さまの肌に直接触れる化粧品や美容機器、トリートメントに関連した手技を学びます。施術研修では、実際にお客さまを施術する際のコツやノウハウを学びます。

再就職する上での注意点

ステティシャンがブランクを抱えながら再就職する際は、不安がつきまとうものです。どうすれば復帰後も子育てや家事を両立しながら働けるのか、再就職する上での注意点を紹介します。

復帰後の働き方を考えておく

エステティシャンとして職場復帰するとなれば、これまでこなしていた家事や育児に上乗せする形で、仕事もこなしていかなければなりません。

全て自分でこなそうとすると負担が大きくなり、せっかく復帰しても仕事を続けられなくなってしまう可能性もあります。家事や子育てなどをしながら、エステティシャンとして働けるように、復帰する前に家族に相談して協力を得ておくとよいでしょう。

自身のスキルを整理しておく

エステティシャンとして再就職するためには、自分の経験やスキルを整理しましょう。働いたことがあるサロンやそこで収めた実績、職場やお客さまからの評判など、自分はどのようなエステティシャンなのかをまとめておくと、就職活動の際に相手に分かりやすく伝えられます。勉強会や研修に参加したことがある方は、その経験についても履歴書に記載しておくのがおすすめです。

ランク中の過ごし方について整理しておく

採用面接において、面接官がブランクのあるエステティシャンに対して、ブランク中はどのように過ごしていたか聞くことがあります。ブランク期間にエステ業界に関わっていない場合は、自身のスキンケアや美容に関する学びについてのエピソードを話すとよいでしょう。ブランク期間の過ごし方を整理しておけば、面接の際に効果的であるだけでなく、復帰後にお客さまへアドバイスする際のヒントになる場合もあります。

ブランクOKなサロンとは?

ブランクOKなサロンとは?

ブランクがあっても再就職したいと思ったら、学び直しがスムーズにできる研修制度が充実したサロンを選ぶのが近道です。即戦力になれるかどうか不安な場合は、未経験者を募集しているサロンも選択肢に入れるといいでしょう。ここからは、ブランクがあってもエステティシャンとして再就職しやすいサロンを3つご紹介します。

エステティックサロン

エステティックサロンには、時短勤務やシフト制を取り入れたサロンが多くあります。そのため子育てや介護と両立しながら、エステティシャンとして働きたい方にもおすすめです。

サロンによっては、産休育休やライフスタイルに合った働き方に柔軟に対応できる場合もあります。また、独立開業支援制度があるサロンもあり、独立を視野に入れて復帰したい方にもおすすめです。


「サロンdeジョブ」では、ブランクOKのエステティックサロン求人も多数掲載しています。ぜひチェックしてみてください。
今募集中の「ブランクOK」のエステ求人はこちら

ブライダルサロン

ブライダルサロンは、結婚式に向けてきれいになりたいお客さまを施術することに特化したサロンです。ブランクがあっても就職できる場合もあります。またサロンによっては、講師資格を取得したエステティシャンが行う研修もあり、スキルや施術面でも充実した学び直しが可能です。形態にもよりますが、公休が充実しており、ワークライフバランスが気になる方にも働きやすいサロンもあります。

今募集中の「ブライダルサロン」のエステ求人はこちら

ホテルなどの宿泊施設

宿泊施設内のサロンでも、ブランクOKのエステティシャンを募集しているケースがあります。店舗にもよりますが、宿泊施設内ということもあって早番・遅番のシフト制を取り入れながら、遅くまで営業することもあるようです。「午前中は子育てに専念し、夜に働きたい」などの希望が通る場合もあるでしょう。研修制度が整っている場合もあります。

まとめ

エステティシャンとして一度は働いた経験があるものの、出産や子育てなどを機にしばらく現場を離れていた場合、復帰後うまく働ける自信がない方も多くいるでしょう。エステティシャンとしてブランクを克服して復帰するためには、家族と職場の理解と協力が必要です。特に子育てや介護との両立を考える場合は、しっかりと準備をしておきましょう。

「サロンdeジョブ」なら、ブランクOKのエステティシャンの求人を探せます。子育てや家事と両立しやすいサロンを探している方は、ぜひ一度ご利用ください。

今募集中の「ブランクOK」のエステ求人はこちら
非公開求人を知りたい方はこちらから

関連記事