サロンdeジョブ

美容師の初任給は低いってホント?実際の給与と収入UPのためにできること

美容師は美容室に訪れたお客様の髪の毛をカットしたり、セットやカラーリング、パーマをかけたりなど、髪のお手入れを幅広く担当します。
最初はアシスタントとしてスタートし、練習を積んで経験を積み重ねスタイリストへとステップアップしていくことになります。美容師の仕事は華やかに見えますが、実際には下積みが必要な大変な業界です。そんな美容師の初任給の相場はどのくらいなのでしょうか。
今回は実際の給与相場や収入UPのための方法について詳しく解説していきます。

アシスタントの初任給

アシスタントの初任給の全国平均は17万円~20万円程となっています。そこから税金や社会保険料等が引かれた金額が手取り額となります。初任給の相場はエリアにより異なり、首都圏の方が高めに設定されています。
一般企業の大学卒の初任給を調べてみると20万円~22万円程。その為、美容業界の初任給は平均よりも低いことになります。

アシスタントの仕事内容

アシスタントとしての下積み期間は、一般的に2年~5年程です。
主な業務には受付やお客様の案内、会計、清掃、タオルの洗濯、片付けなどの業務が含まれます。また、薬剤の準備やシャンプー、ブローなどの先輩スタイリストのサポートも行います。
これらの業務を通じて美容室の仕事内容や流れを理解し、先輩スタイリストの手伝いをしながら施術や接客のテクニックを学んでいきます。
スキルと経験を身につけてスタイリストへの昇格を目指しましょう。

スタイリストの給与事情

では実際にスタイリストになると、どのくらい給与が上がるのでしょうか?
ランク別の給与相場や給与形態を見ていきましょう。

ジュニアスタイリスト

ジュニアスタイリストとは、アシスタントとスタイリストの中間に位置するランクになります。髪の毛のカット等も任せてもらえるようになり、月給は20万円~22万円程度になります。
アシスタント時代よりも給与は上がりますが、まだまだ高いとは言えませんね。

スタイリスト

店舗により異なりますが、練習や経験を積んでサロンが提供する全てのメニューに対応できるようになればスタイリストとして活躍できます。月収は20万円~25万円が目安となりますが、指名料や各種手当により収入UPが見込めます。
指名のお客様が多いスタイリストであれば高収入も実現可能です。

トップスタイリスト

高い技術を提供し続け、お客様からの人気も高い美容師がトップスタイリストとして活躍できます。店舗によって大きく異なりますが、月収50万円を超える人も。
長い下積み時代を乗り越え、努力した結果が実るので仕事へのモチベーションも上がりますね。

店長・ディレクター

店長・ディレクターは、美容師業務の他に店舗の責任者として店舗管理や人材教育等を担当する立場です。役職手当などもプラスされることで、平均給与は30~40万円程になります。

収入UPのためにできることは?

美容師は経験年数やスキルにより、収入UPのチャンスが増えていきます。忙しい中で大変ではありますが、コツコツと自分のスキルを磨いていくことが大切です。また、経験を積んでお客様を増やしていくことでフリーランスとして活動したり、独立して自分のお店を持ったりすることも可能です。
そんな新たな一歩を踏み出す為に、資格を取得することが近道になることも。
主な資格として以下のようなものがあげられます。

管理美容師

管理美容師とは、通常の美容師業務に加え、衛生管理や公衆衛生に関する正しい知識を持っていることを証明する資格になります。美容師が2人以上在籍している美容室では、必ず管理美容師が必要です。
独立を視野にいれているのであれば、取得しておくとよいでしょう。

ヘアカラリスト検定

ヘアカラリスト検定とは、ヘアカラーの専門知識や技術向上が目指せるNPO法人日本ヘアカラー協会が認定する検定です。
検定を取得しておくことでお客様へのヘアカラーの提案に役立ちます。また、カラーリストとして活躍する道も選択ができます。

ヘアケアマイスター

ヘアケアマイスター認定資格とは、ヘアケア知識が豊富でお客様の毛髪診断が正しくでき、それに対する処置・アドバイスが的確にできる方へ与えられる称号です。
一人ひとりのお客様の髪質に合わせた施術やアドバイスができるので、お客様からの信頼される美容師を目指せます。

パーソナルカラリスト検定

パーソナルカラリスト検定は、「人」と「色」に着目した、色彩知識と配色調和を身につける資格試験です。
それぞれのお客様に合わせたヘアカラーやメイク等、提案の幅が広がる可能性があります。

まとめ

美容師の初任給は月収17万円~20万円程が平均です。一般企業の初任給と比較すると、美容師の初任給やアシスタント期間の給料は高くはありません。しかし、コツコツと練習と経験を積み重ね、スキルを磨いていくことで昇給を目指すことが可能です。
美容師の給料システムは、努力をすればするほど給与UPが見込めるのが最大の特徴です。
初任給が低くても諦めず、前向きに仕事に取り組みましょう。

関連記事