サロンdeジョブ

ヘッドスパに美容師免許は必要?施術の種類や資格についてご紹介!

美容室やリラクゼーションサロン等のメニューにあるヘッドスパ。近年では人気が高まり、ヘッドスパのみ扱う“ヘッドスパ専門サロン”も増えてきました。
サロンが増えてヘッドスパの知名度が上がったことで、施術を行う“ヘッドスパニスト”を目指す方も増加傾向にあります。

頭や髪の毛に触れるヘッドスパニスト。
施術を行うために特別な資格や美容師免許は必要なのでしょうか?
今回はヘッドスパニストを目指す方に向けて、必要な資格や施術の種類について解説します。

今注目されている「ヘッドスパ」ってどんな施術?

ヘッドスパとは頭皮の洗浄やマッサージで、頭皮の毛穴にたまった汚れを落としたり、血行をよくして頭皮の活性化を促したりする施術です。
血行が良くなることで健康な地肌・美しい毛髪に繋がることが期待できます。また、リラックス効果も高く、メディア等でも取り上げられたことから注目度が上がり、人気の施術になったと考えられます。

面接対策や履歴書添削もサロンdeジョブにお任せ!
ヘッドスパニストの求人を見てみる

ヘッドスパの種類と効果

ヘッドスパは大きく分けて2つの種類があります。そのうちの1つが髪の毛を濡らさずに施術を行う“ドライヘッドスパ”。もう1つが髪の毛を濡らして行う“ウェットヘッドスパ”になります。
この2種類のヘッドスパについて解説していきます。

ドライヘッドスパ

ドライヘッドスパとは水やオイル、トリートメント等を使用せずに行う頭皮のマッサージです。毛穴の汚れを落とす効果はなく、癒しを目的とした施術で、髪の毛を濡らさずに受けられる手軽さが魅力です。
頭部をもみほぐすことで血流が循環し、肩こりや頭痛に効果があるとされています。そして普段使わない頭皮の筋肉が動かされることで脳の疲れも取れ、睡眠の質が向上するとも言われています。

ドライヘッドスパの施術には美容師免許等の特別な資格は必要ありません。正しい知識と技術を身につけることで誰でも施術が可能です。

ウェットヘッドスパ

ウェットヘッドスパは頭皮のマッサージだけでなく、普段のシャンプーで落としきれない頭皮の毛穴汚れの洗浄や、髪の毛のトリートメント等を含む施術です。毛穴の洗浄に特化したオイルヘッドスパや、血行を促進する炭酸ヘッドスパ等、バリエーションが豊富なことが特徴です。
毛穴の汚れが落ちることで頭皮環境が改善され、髪のべたつきや匂い等のトラブルが改善されると言われています。毛穴が引き締まることで、髪の根元がしっかり立ち上がり、髪の毛にボリュームを生む効果もあります。
また、頭皮をしっかりもみほぐすので、血行が良くなり、これから生えてくる髪に好影響が出ることも。

髪の毛を濡らして行うウェットヘッドスパには様々な工程がある為、美容師免許が必要になります。

就職に有利になるドライヘッドスパの資格

美容師免許や特別な資格は必要ないドライヘッドスパ。無資格でも働くことができるからこそ、施術者を目指す方も増えてきました。サロンに入社する時はもちろんのこと、お客様からの信頼にも繋がる為、スクールで専門的な知識や技術を習得する方も増加傾向にあります。
ここでは美容師免許不要のヘッドスパの資格を紹介します。

ヘッドセラピスト認定試験

未経験からドライヘッドスパのスペシャリストを目指せる認定講座です。短時間で科学的根拠のある、高い技術が習得できることから国内外から受講者が集まります。
受験級は、未経験でも取得可能な3級を始め、2級取得後に専門店レベルの知識と技術を学ぶ1級まであります。事前に学習動画で予習をした上で、座学と実技を1日かけて学びます。
一般社団法人 日本ヘッドセラピスト認定協会

ヘッドマイスター認定講座

メディアでも話題のドライヘッドスパ専門店が考案したスクールです。技術と理論を連続7日間、短期間で集中して学びます。少ない人数でしっかり教えてもらえる仕組みになっているので、未経験でも安心して受講できます。スクールは本校と東京にあり、無料宿泊施設も完備されているので、全国から通学可能です。
一般社団法人ドライヘッドスパ協会

美容師+専門性の高い知識が身につく資格

美容師の資格があればヘッドスパの施術は可能ですが、より専門的な知識・技術を習得することでお客様から信頼度が高まり、顧客の獲得にも繋がることが考えられます。
スキルアップのために取得しおくと良い資格を紹介します。

ヘッドスパニスト養成講座

お客様により心地よく感じていただくシャンプー技術や首やデコルテのほぐし等、美容師や理容師向けに4日間講習を実施します。倫理に基づいたマッサージを学べるので、多店のヘッドスパとの差別化を図ることができます。資格取得後には動画を見て復習をすることも可能です。仕事が忙しい美容師・理容師にぴったりです。
一般社団法人 日本ヘッドセラピスト認定協会

ヘッドスパ検定

ヘッドスパ検定は、専門学生を対象とした資格です。マッサージの基礎の3級を始め、皮膚科学や生理学などの理論とシャンプー技術を習得できる2級、営業でも活用できる高度な技術と知識が身につく1級まであり、それぞれ試験に合格することでディプロマが発行されます。

一般社団法人日本ヘッドスパ協会

おすすめのヘッドスパサロン求人

美容業界の求人に特化したサロンdeジョブでは、ヘッドスパサロンの求人も多数掲載しています。今回は首都圏エリアで人気の資格不要なサロン・美容師免許が必須のサロン、それぞれのおすすめ求人をご紹介します。

美容師免許不要!ドライヘッドスパサロン

ドライヘッドスパ専門店 雲上のゆりかご店 登戸店
経験問わず月給24万円スタート!デビューまでの研修は一対一で行うので未経験者も安心◎

QUIRON(キロン)
プラネタリウム×ドライヘッドスパ★新しいスタイルのヘッドスパ専門店。

ドライヘッドスパ専門店 癒し〜ぷ 池袋店
自社スクール完備!未経験スタートの先輩も活躍中。

美容師免許必須!ウェットヘッドスパサロン

ヘッドスパ LAVENDIA(ラベンディア)-Azabu-
最高級の最新機器を取り揃えたヘッドスパ専門店。やる気さえあれば未経験者も大歓迎!

ヘッドスパ専門店 BLOOMA(ブルマ)
トリートメント専門店から生まれた髪質改善ヘッドスパ専門店。オリジナルの技術を学ぶことができます。

head CONCIERGE(ヘッドコンシェルジュ)銀座店
全国に店舗展開中!独自メソッドを学べるのでヘッドスパ未経験でもOK♪

まとめ

髪の毛を濡らすヘッドスパは美容師免許が必要ですが、髪を濡らさないドライヘッドスパは、特別な資格がなくてもできることがわかりました。
サロンでの研修だけでも十分ですが、民間の資格を取得することで、さらに専門知識や技術が身につき、お客様に選ばれるセラピストへの近道となるでしょう。

サロンdeジョブではヘッドスパ専門店の求人も多数掲載しています。
就職・転職活動についての相談や、「気になる求人があるから話しだけでも聞いてみたい!」という方も大歓迎です。お気軽にご登録ください!

関連記事