サロンdeジョブ

セラピストになるには資格やスキルは必要なし?向いている人の特徴もご紹介

アロマトリートメントやヘッドスパ、もみほぐし等、手技で人に癒しを与えるセラピスト。施術の種類が豊富なセラピスト業界ですが、働く上で必要な資格やスキルはあるのでしょうか?
今回はセラピストという職業についての解説や向いている人の特徴を紹介していきます。

そもそもセラピストってどんな仕事?

セラピストとは、様々な方法で人の心や身体を癒す人のことです。リラクゼーションサロン等でマッサージをして心身を癒す仕事というイメージが強いですが、実際は健康やメンタルケア等、心身のトータルケアを提供することがセラピストの役目です。ここでは3種類のセラピストについて紹介していきます。

医療系セラピスト

医療系セラピストとは理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といったの国家資格を取得して医療行為を行う人
を指します。上記の資格を持っているとクリニックや介護施設等で働くことが可能です。
また、肩こりや腰痛等を緩和させる鍼灸師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師も医療系セラピストの分類になります。こちらの資格を持っている方も活躍できる場所は多く、病院や治療院、介護施設で働くことが可能で、独立して治療院を経営する方も多く見られます。病気や障がい等により、心身に不調がある患者さんを対象に、マッサージや機能訓練といった治療を行います。

メンタル系セラピスト

メンタル系セラピストとは心の問題や悩みに対して、会話や心理療法を用いてサポートをするセラピストです。公認心理師や臨床心理士、一般企業や学校に在籍する心理カウンセラーなどが当てはまります。
悩みやストレスを抱える人の話を聞きながら気持ちに寄り添い、解決へ導く支援をするのがメンタル系セラピストの特徴です。

リラクゼーション系セラピスト

リラクゼーション系セラピストとは、身体に触れて手技で心身ともに癒しを提供するセラピストです。アロマオイルを用いてリンパの流れを促すアロマセラピストや頭をもみほぐすヘッドスパニスト等、サロンによって様々なセラピストがいます。

セラピストの資格は必要?

医療行為を提供するセラピストにおいては国家資格が必須となります。しかし、リラクゼーション系セラピストには資格は必要ありません。正しい知識と手技を獲得することで、誰でもセラピストとしてサロンで活躍できます。

アイコン
実際に美容求人サイトサロンdeジョブ でセラピスト求人を検索すると未経験OKのサロンがたくさん♪
1から丁寧に研修をしてくれるサロンが多く、入社してから技術も知識も身につけることができます!
誰でも安心してスタートできるから、美容業界で働いてみたい方にオススメです!

リラクゼーション系セラピストは知識0でも安心してスタートできる業界ではありますが、資格は多数存在します。資格取得のメリットとしては、勉強をすることで知識が自分のものになること、就職・転職活動に有利に働くことが挙げられます。

オススメの資格

では、リラクゼーション系セラピストを目指す人にオススメの民間資格を見ていきましょう。

アロマセラピスト

アロマセラピストとは、プロとしてアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できる能力を認定する資格です。
資格を取得するためにはアロマテラピー検定の1級に合格してからAEAJに入会し、アロマテラピーアドバイザーという資格の取得が必須となります。そして、認定スクールで必須となる履修科目を修了して実技試験に合格し、カルテ演習を修了する必要があります。

参考:公益社団法人 AEAJ 日本アロマ環境協会

リフレクソロジスト

リフレクソロジストとは、トリートメント技術に加え、身体の仕組みと栄養素の働きについての正しい知識を持ち、健康的な生活の維持のための的確なアドバイスまで行える人を認定する資格です。
JREC加盟スクールで所定のカリキュラムを修了し、JRECが主催するライセンス認定試験に合格したうえで会員登録をした方にライセンスが与えられます。

参考:JREC日本リフレクソロジスト認定機構

ロミロミセラピスト

ロミロミセラピストとは、ハワイの伝統の癒し技術であるロミロミの技術を学んで取得ができる資格です。ハワイはもちろん、世界中のスパやマッサージサロンで人気の施術なので、技術を学ぶことで活躍の場も広がります。
1日4時間の講義を週2日で3ヶ月、または週1日で6ヶ月受講することで資格を取得することができます。

参考:リラクゼーションサロン クイーンズウェイ

ヘッドマイスター資格

ドライヘッドスパニストとして活躍する際に取得していると有利な資格です。
メディアでも話題のドライヘッドスパ専門店が考案したスクールで、技術と理論を学ぶことができます。技術講習、練習、倫理講習を受講した後、試験を受けて合格することで資格が取得できます。

参考:一般社団法人ドライヘッドスパ協会

アロマコーディネーター

アロマコーディネーターとは、アロマセラピーに関する基礎知識を備えアロマを安全に生活に取り入れることができる方であることを示す資格です。
アロマコーディネーターの資格を取得するためには、JAAが指定するスクールで所定のカリキュラムを修了した後、JAAが実施するアロマコーディネーター認定試験を受験し、合格後にJAAの正会員として登録する必要があります。

参考:JAA日本アロマコーディネーター協会

セラピストに向いている人の特徴

セラピストに向いている人の特徴は大きくわけて5つあります。
順番に詳しく解説いたします。

人と接することが好きな人

セラピストは、心身の不調から癒しを求めて施術を受けに来るお客様を癒す仕事です。しかし、ただ施術を行えば良いというわけではありません。お客様の話しに耳を傾けて、しっかりと向き合うことが大切です。
そのため、人と接することが好きで、コミュニケーション能力が備わっている人が向いているといえます。

体力に自信がある人

セラピストとして働くには、最低限の体力も必要になります。セラピストは、立ちながらオールハンドで30~120分の施術を行います。お客様の多い店舗であれば1日に何名ものお客様の施術をしなければなりません。
セラピストは普段から身体を動かしている人や運動が好きな人、体力に自信がある人に向いています。

向上心がある人

リラクゼーションの技術は日々進化しています。知識や技術を得ても現状に満足せず、お客様を癒すためにスキルアップしようとする人や勉強熱心な人はセラピストに適しています。
新しい情報・技術をいち早くキャッチして吸収する為に常にアンテナを張ることも重要です。

自分も施術を受けることが好きな人

自分がリラクゼーション施術を受けることが好きな人の場合、どのような施術をすれば気持ち良いのか、どのような接客が心地よいのかということがわかります。お客様の目線になって技術を追求できるので、お客様から高い評価を得るセラピストを目指すことができます。

臨機応変に対応できる人

施術中にお客様から「もっとこうしてほしい」「やっぱり○○がいい」等、施術に対してのリクエストや変更をお願いされることがあります。お客様と一対一で関わる仕事だからこそ、お客様の要望には臨機応変に対応できなければなりません。お客様に合わせて対応ができる方は、セラピストに向いているといえるでしょう。

まとめ

セラピストとして活躍する人々は、医療系、メンタル系、そしてリラクゼーション系といった異なる分野に分かれています。特にリラクゼーション系セラピストは「人を喜ばせる仕事をしたい」という思いを持ち、知識と技術を身につけることで、誰もが活躍できる仕事です。
無資格でも働くことはできますが、資格を取得することで収入アップや技術力の向上、転職活動が有利になる等、様々なメリットがあります。

どのようなセラピストになりたいのか、将来のビジョンを考えながら自分に合った道を探してみてくださいね。

関連記事